「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ イラク

タグ検索結果 ~ イラク 106件中 9件~

1234567

人々は変わった:米国によるイラク戦争の傷跡

2012年11月7日(水) バグダード----昨日のバグダードは美しい秋の一日だった。離れた地区に住む2家族を訪れたため、街のかなりを横切った。9年ぶりにバグダードを訪れた目で街を眺めた。今日、バグダードは激しい対照を示す街となっている。ピカピカした新車が至る所にある。検問所が引き起こす渋滞で延々と待っている間、そうした車を間近に見た。ガウンを羽織り、頭を被っているので目立ちはしないが、渋滞に巻き込まれている間、まわりをじろじろ、あるいはぼんやりと見回さないよう気はつけた。 渋滞している道路の頭上には、電線が蜘蛛の巣のように張…

更新日:2012-12-06 13:31:48 kmasuoka   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

別様に生きる / キャシー・ブリーン

2012年11月2日(金) イラク・ナジャフ。この3日間、マンハッタンのローワーイーストサイドにある私たちのハウスの状況についてニュースを手に入れようとしてきた。ハリケーン・サンディによる洪水がとりわけひどかったところである。最悪の状況を頭に置いていた。メリーハウスのかなりの部分----食堂とキッチンも----は地下にある。貯蔵庫と1階は水に浸かったと思った。高齢で体の弱い人たちもいるし、英語をまったく話さない年老いた女性もいる。暗闇で怯えているのではないかと思った。インターネットニュースでは、「煮沸したからといって飲んでよいと思っては行…

更新日:2012-11-24 07:47:03 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

戦争による環境破壊に晒されたイラク人膀胱移行上皮癌患者におけるP53遺伝子の特異的変異パターン / Thekra A Al-Kashwan他

抄録 背景 戦争による環境破壊に晒されたことで起きるTP53遺伝子の特異的変異パターンを明らかにし、TP53遺伝子の変異が膀胱癌の深度との相関を検出すること。 方法 膀胱癌29例を分析しTP53遺伝子変異を調べた。PCR一本鎖高次構造多型分析法、DNAシークエンシング、モノクローナルマウス抗ヒトP53抗体(Clone DO-7)を用いた免疫組織化学解析を使った。 結果 TP53遺伝子変異は37.9%のケースで起きており、TP53過剰発現は58.6%のケースで起きていた。いずれも、深在性浸潤性腫瘍に関連していた。単一突然変異は63.6%に見られたが、二重変異が見られたのは27.…

更新日:2012-10-15 09:27:48 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ファルージャの子供たち - 酷い状況の病院 / ロバート・フィスク

元記事:インディペンデント紙 2012年4月27日金曜日 ファルージャ総合病院の上階、スクリーンに写真が映し出された。突然、Nadhem Shokr al-Hadidiのオフィスは恐ろしい部屋へと姿を変えた。口の形が大きく歪んだ乳児。脊髄がなく、背骨の組織が体外に出た子ども。すさまじい、巨大な目が一つだけの赤ん坊。頭が半分しかない赤ん坊----2009年6月17日に死産。もう一つ映し出された写真は2009年7月6日生まれ、右手は半分だけで左足はなく、性殖器もない小さな子ども。 「こうした事態をのべつ目にしています」とAl-Hadidiは言う。部屋に入ってきた女医がスクリーンに…

更新日:2012-06-09 16:25:13 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ファルージャの子どもたち - サイェフの物語 / ロバート・フィスク

元記事:インデペンデント 2012年4月26日(木) 小さなサイェフに、アラブの春は訪れないだろう。わずか14カ月のサイェフは、床に置かれた安物のマットレスをクッションにした小さな赤い毛布の上に寝て、ときおり泣き声をあげている。頭は本来の2倍あり、目が見えず、体も動かない。フルネームはサイェフェディン・アブドゥルアジズ・モハメドという。大きすぎる頭にやさしい表情で、他の子どもたちがやってきたり、家族や近所の人が部屋に入ってくると、微笑むという。 けれども、彼が周囲の世界の歴史を知ることはないだろうし、中東の新たな自由を楽しむこともな…

更新日:2012-04-27 21:49:50 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

戦争のコスト / ビル・モイヤース

2012年4月6日 「戦争のコスト」に関する議論のほとんどは、二つの数値を扱っている。費やされた費用と、米軍兵士の犠牲者数である。「対テロ戦争」に突入してから10年、これらの公式コストは3兆ドル+6000人以上の死者となっている。これ自体、圧倒的な数字であるが、戦争コストの全容を示すものではない。 これまでなされたもっとも包括的な調査の一つとして、ブラウン大学ワトソン国際問題研究所のアイゼンハワー研究グループの研究者が、アフガニスタンとイラク、そしてパキスタンでの米軍の軍事行為に関する人的・経済的・社会的・政治的なコストを調べている。…

更新日:2012-04-09 08:59:27 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ハディーサ虐殺 / マージョリー・コーン

2012年1月31日(火)  小さな赤ん坊から成人男女まで。  もう、決して頭から離れないだろう。今でも血の匂いがする。  頭と心に染み付いて、離れない。   ローエル・ライアン・ブライオンズ伍長 先週、「ハディーサ虐殺」として知られる暴力事件を率いたフランク・ウートリッチ二等軍曹が降格ただし禁固はなしとの判決を受けた。故殺罪7件で告発するたウートリッチは、職務怠慢の罪を認めた。他の6人の海兵隊員は告発が却下され、もう一人は虐殺に関与した件について無罪となった。 ここでハディーサ虐殺を思い起こしておこう。2005年11月19日、…

更新日:2012-03-20 08:33:18 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イラク:死者、100万人 / ダニー・ルシア

2012年2月1日 アメリカの戦争で死亡したイラク人は100万人以上。 この一文は、アメリカ人の心性をめぐるリトマス試験紙である。「ありえない」と答える人もいる。アメリカ合衆国がそんなことをするわけがない、というのだ。そんな規模の犯罪はまだ起きていないとか、そんな規模の犯罪は起きたが、それはアメリカ合衆国がまだ救済に向かっていないからだ、とか。 100万人。「おじいちゃん、それを阻止するために何をしたの?」と問われる数字だ。アメリカ合衆国という国を否定しがたく歴史上の悪党に認定する規模である。この数字を認めたがらない、あるいは認められ…

更新日:2012-02-04 09:39:20 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
1234567