「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

kyo2018

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ イラク

タグ検索結果 ~ イラク 106件中 41件~

武器よさらば / ラムジー・バルード

2010年10月1-3日 ジェニーとイラク、そして次の戦争 彼女を仮にジェニーと呼ぼう。一人ぼっちで、明らかに混乱していた。にきび面で、短く切った金髪の毛先は固まっていた。スカイライン列車が次の駅に向かう中、軍服と軍靴姿で、「気を付け」をして立ちながら、巨大なダラス/フォートワース国際空港の方をあてどなく眺めていた。 イラクから帰還した兵士はジェニー一人ではない。空港は軍服姿の男女でざわめいていた。お祝い気分はほとんどないようだった。空港の光景もまた、この戦争が当初から持っていた混乱と疑いに冒されていた。目的は曖昧でどんどん変わり…

更新日:2010-10-21 08:59:27 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イラクで拷問は続く / エイミー・グッドマン

元:Truthdig 2010年9月25日土曜日 バラク・オバマ大統領のレトリックを信ずるならば、イラクでの戦闘作戦は終わった。けれどもアブグレイブ・スキャンダルで最初に暴かれたような、イラク監獄での拷問は衰えることなく続いており、しかも監視や責任追求の手はますます及ばなくなっている。米国は、何万人というイラク人をしばしば何の罪状もなしに拘束しながら、裁判にもかけず何年にもわたって拘束したのち、イラクの監獄とそこに拘束された1万人の人々をイラク政府に引き渡した。ボスは変わったが、昔のボスとやることは同じ。 先週土曜日の夜にロンドンに到着し…

更新日:2010-09-30 06:50:33 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

撤兵か、永続的駐留か? 米軍イラク基地に数億ドルの投資を継続 / デモクラシーナウ!

2010年9月1日 火曜(8月31日)夜、大統領執務室発表で、オバマ大統領は、米国はイラクにある数百の基地を閉鎖したかイラクに移管したと述べた。けれども多くの米軍基地がイラクに残され、またバグダードにはサッカー場80個の規模を擁する巨大な米国大使館もある。ここでは、Big Noise Filmsの独立ジャーナリスト、ジャッキー・スーヘンによるイラクの米軍基地に関する報告を放送する。[暫定書き起こし付き] 永続的駐留、Big Noise Filmsの独立ジャーナリスト、ジャッキー・スーヘンによる報告。Al Jazeera EnglishのEmpireで放送されたもの。 関連報道 Invisi…

更新日:2010-09-11 10:40:28 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

傭兵の軍隊:オバマは2011年以後の米軍イラク駐留を矮小化して見せようとしている / ガレス・ポーター

2010年8月23日 バラク・オバマ政権が先週、国務省管轄下で即席の傭兵軍を作り上げて2011年末までにすべての米軍戦闘部隊にとってかえるという計画を明らかにしたとき、米軍司令部に関係する批判者たちはその移行計画を攻撃し、米国はイラクに戦闘部隊を無期限に駐留し続けべきでありそうすることができるべきであることを前提にする必要があると主張した。 しかしながら、米国のイラク長期駐留問題をめぐるオバマ政権と野党の対立は実質的なものではなくむしろ見掛け上のものにすぎない。 様々な情報から、オバマ政権は、イラクで新政府が成立し次第、イラク政府と…

更新日:2010-09-08 08:35:56 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

過ぎ去らないこと。米国政府とメディアが忘れさせないこと(1) / ウィリアム・ブルム

2010年9月2日木曜日 イラク 「兵士たちは英雄としてイラクから撤退している。心に誇りを抱いて帰国してほしい」。イラクの米軍旅団長ジョン・ノリス大佐の言葉である [1]。 アメリカ人に涙させるに十分、感動で胸を詰まらせるに十分な出来事。 そして忘れさせるにも十分な演出。 けれども、イラクの人々が、イラクの社会が、破壊され、破滅させられ、破綻国家に追いやられたことを忘れることが許されるアメリカ人は一人もいない。アメリカ人は、1991年以来、次から次へと口実を使いながらイラクを12年間にわたって爆撃し、それから侵略し、占領し、政府を転覆し…

更新日:2010-09-04 08:12:39 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

オバマ米大統領の「イラク戦争終結」演説を前にしたフィリス・ベニスの声明 / フィリス・ベニス

2010年8月30日 米国によるイラク占領は、多少規模を縮小して兵士5万人で続けられる。これらの兵士は戦闘部隊兵士であり、ペンタゴンは新たな任務を与えて「任務再編した」というが、ゲーツ国防長官でさえ、これら兵士は依然として戦闘力を維持し「対テロ」作戦を続けると述べている。駐留部隊のうち4500人からなる特殊部隊は「捕まえるか殺す」侵入捜査攻撃を続け、またイラク軍特殊作戦部隊をエルサルバドル式の「死の部隊」に育てている。 現在進められている移行は、米国からイラクへの権限移行ではなく、ペンタゴンによる展開から国務省による展開への移行である…

更新日:2010-09-01 16:17:35 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イラクの商標変更:数と人命をもてあそぶ / ラムジー・バルード

2010年8月27日(金) 米軍第2師団第4ストライカー装甲旅団の兵士たちはクウェート入りしたとき大きな叫び声をあげた。「我々は勝った」。「終わったんだ」。 ところで、一体全体、兵士たちは何に勝ったというのだろう? そして、戦争は本当に終わったのだろうか? どうやら私たちはまたもや同じ罠に掛かっているらしい。戦争に勝った、使命は達成された、兵士は撤退したという変わらぬ馬鹿げた思い込み、お祭り気分の兵士たちが「リンセー&オースティン・・・パパは帰国する」といった心温まるメッセージをボール紙に書いて示す光景。 ほとんどのメディアが8月19…

更新日:2010-08-31 08:26:46 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

我々はどれだけのイラク人をこの地上の生から「解放」しただろうか? / ロバート・ネイマン

2010年8月8日日曜日 今日、アメリカに、正午に公共の広場に立って、他の国々を爆撃し、侵略し、占領することは人間の解放のためなのだと主張する男や女がいるだろうか? そうした人間に出会ったときは、アメリカによるイラク侵略と占領について、いくつか簡単な質問に答えてもらうとよい。 我々は一体どれだけのイラク人を愛する人と引き離して「解放」しただろう? 我々は一体どれだけのイラク人を、生まれ育った家や町、国に住むことから「解放」しただろう? 我々は一体どれだけのイラク人をこの地上の生から「解放」しただろうか? アフガニスタンで際限なく…

更新日:2010-08-11 21:09:33 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare