「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

hanako

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ イラク

タグ検索結果 ~ イラク 106件中 1件~

123456

イラクより:悲劇の教訓 / ジョン・ピルジャー

イラクの砂漠から伸びる様々な道を通って埃が運ばれてくる。埃は目に、鼻に、そして喉に入り込む。市場や学校の校庭に吹き込み、ボールを蹴る子どもたちを包み込む。この埃は「私たちに死の種を運んでくるのです」とジャワド・アル=アリ博士は言う。バスラにあるサドル大学病院の癌専門医として国際的な評価の高いアリ博士が私にこう語ったのは1999年のことだった。今日、彼の警告は否定しようのないかたちで現れている。「湾岸戦争の前は、癌患者は一月に2、3人でした。現在では、毎月、30人から35人が癌で死んでいきます。私たちの研究では、この地域の40%から48%…

更新日:2013-07-11 11:28:51 kmasuoka   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イラクにおける先天性欠損に関するWHO報告書の公開を求める

2013年5月18日 世界保健機関(WHO)とイラク保健省: 「イラク保健省が行ったあらゆる調査は、先天性欠損症と癌がイラクで増えていることをはっきりした証拠とともに示している。」 これは、イラク保健省の高官の言葉をそのまま引用したものである。この高官は、「好ましくない兆候のもとに生まれる」という、2013年3月22日に放送されたBBCのドキュメンタリーの中で、カメラに向かって話していた。同じインタビューの中で、イラク保健省の研究員2人も、「次世代」を担うイラクの子どもたちにとって、癌と先天的障がいの状況は「大きな危機」であると断言していた。 …

更新日:2013-06-11 21:07:30 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イラク戦争が残した癌(2) / ダール・ジャマイル

毒物環境 ハダッド博士は、癌の増加と米軍による特定地域への爆撃量との間には、直接の相関があると確信している。 「私も同僚も、皆、ファルージャで、先天性異常、不妊症、生殖不能が増えていることに気づきました」。彼はこう語る。「ファルージャでは、米軍の爆撃、そして米軍が使ったDUのような兵器による毒性物質の問題を抱えているのです。」 2004年、米軍は、二度にわたりファルージャに対する大規模な包囲攻撃を加え、大量のDU弾や白燐兵器を用いた。 ハダッド博士はさらに続けて、「米軍が私たちの暮らす環境に残した放射能をはじめとする毒性物質に暴露…

更新日:2013-04-06 23:49:22 kmasuoka   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イラク戦争が残した癌(1) / ダール・ジャマイル

イラク・ファルージャ。イラク全土で先天性欠損症や癌をはじめとする様々な病気が増えているのは、劣化ウラン(DU)兵器をはじめとする戦争関連の汚染によるものではないかとの疑いがもたれている。 腎臓や肺、肝臓の病気や免疫系の全面的な不全といった、これまでイラクでは見られなかった病気が最近になって現れていることも、DUによる汚染が関係しているのではないかと考える著名な医師や科学者も多い。DU汚染は、さらに、イラクの多くの州で報じられている、とりわけ子どもの白血病や腎臓病、貧血にも関連しているかもしれない。 さらに、イラク人女性の流産や早…

更新日:2013-04-02 09:07:46 kmasuoka   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イラク:占領の10年 / イファト・サスキンド&ヤナル・モハンメド

米国のイラク侵略開始から10年、侵略に用いられた藁人形論法のうち辛うじて残っているのはたた一つ、「侵略は民主主義と女性の権利を広めるため」というものである。 ところが、イラク各地で我々が運営しているシェルターに暮らす女性から繰り返し聞こえてくるのは、次のような声だ:「どうしてこんな暴力的な時代を生きているのだろう?」女性たちは、サダムの失脚を悲しんではいないが、この10年、イラク社会を席巻した虐待に苦しんできた。「名誉の殺人」の急増、ヴェールの強制、暴力的に女性を服従させることを許容する雰囲気の増大。 どこでもいいから戦争が…

更新日:2013-03-20 11:53:22 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

瀬戸際のイラク:米軍による侵略から10年 / ラムジー・バルード

1998年12月、英米による爆撃作戦「砂漠の狐作戦」がイラクの一部を破壊した直後のこと、私はバグダードにあるパレスチナホテルでy鵜鵜人にこぼし話をしていた。 私は、イラクでの日程が詰まっていて----ほとんどが、負傷者や劣化ウランの犠牲者ですし詰めになった各所の病院を訪ねるものだった----合衆国で待つ娘にアラビア語の本を何冊か買い求める時間が取れないことを残念に思っていた。ヨルダンに戻るために長距離バスに乗ろうとしたとき、濃い口髭とよく手入れされた頬髭のイラク人男性が近づいてきた。彼は微笑んで、「娘さんに」と言い、ビニール袋を手渡し…

更新日:2013-03-20 11:12:04 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

バスラの新生児に見られる問題は米軍の兵器がもたらしたものか? (全文) / アレクサンダー・シュモルツィック

2012年12月25日(火) ここ数年、イラクで大きな戦闘は起きていないが、バスラとファルージャでは先天性欠損症や癌が増えている。これら地域の住民は、米軍が使ったウラン弾のせいだと考えており、その考えを正しいとする研究者たちもいる。 年老いたアスカル・ビン・サイードが話し始めたとき、酔っ払っているかのように聞こえた。あるいはまるでギリシャ神話の物語を読み上げているかのようだった。けれども、彼は何かの本を読み上げていたわけでもなく、また、バスラにアルコールはなかった。実際、こうした被造物をこの目で見たのです、と彼は言う。「額に一つ…

更新日:2013-02-05 09:25:25 kmasuoka   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

バスラの新生児に見られる問題は米軍の兵器がもたらしたものか? / アレクサンダー・シュモルツィック

2012年12月25日(火) ここ数年、イラクで大きな戦闘は起きていないが、バスラとファルージャでは先天性欠損症や癌が増えている。これら地域の住民は、米軍が使ったウラン弾のせいだと考えており、その考えを正しいとする研究者たちもいる。 年老いたアスカル・ビン・サイードが話し始めたとき、酔っ払っているかのように聞こえた。あるいはまるでギリシャ神話の物語を読み上げているかのようだった。けれども、彼は何かの本を読み上げていたわけでもなく、また、バスラにアルコールはなかった。実際、こうした被造物をこの目で見たのです、と彼は言う。「額に一つ…

更新日:2013-01-25 10:34:37 kmasuoka   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
123456