「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 社会

タグ検索結果 ~ 社会 89件中 41件~

ノースダコタ銀行について:政治の作用 -対反乱作戦の始まり / プレーリー・パブリック・プロダクション

政治の作用 -対反乱作戦の始まり 1920年代初期、同盟の計画の成功を確実にする債券の売り上げを覆すため、IVAとその同盟者たちは法廷、議会、世論、そしてプレスにおける組織的な攻撃、組織的な運動に乗り出した。 その上、1920年は超党派同盟にとって悲惨な年であった。1919年の議会における党首脳間の摩擦は絶頂に達し、州検事総長のビル・ランガー、州務長官のトム・ホール、そして州会計監査官のカール・コシツキーは公的に同盟を離脱した。ホールは一連の銀行債権に署名することを拒み、それらは違法に発行されたものだと申し立てた。(申し立ては州検事総長に…

更新日:2011-02-14 16:09:51 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ノースダコタ銀行について:BND草創期 -農民の行列 / プレーリー・パブリック・プロダクション

BND草創期 -農民の行列 銀行が開店したその日、200以上もの農場ローンの申込書が理事の机の上に置かれた。1919年には、州内の多くの農家はツイン・シティ*のセント・ポール銀行および保険会社と結んだ不動産抵当貸付の支払い遅延分を高利率で支払っており、農家経済は苦しみ始めていた。ノースダコタ銀行の使命は、農村への融資を原価で供給することにあったが、しかしそのマネーはどこからかやってこなければならなかった。 営業開始から最初の5ヶ月で銀行は、1000万ドル分の一連の銀行債券の売り上げによって資金調達しなければならない、800万ドル…

更新日:2011-02-13 11:41:26 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ノースダコタ銀行について:BND草創期 -州債とボイコット / プレーリー・パブリック・プロダクション

BND草創期 -州債とボイコット 1919年の議会で銀行は設立されたものの、融資計画の資金を調達するために州債を売却する必要があった。 まず始めに州債は、ノースダコタ銀行を現実のものにするという同盟に対する選挙民の忠誠心に訴え、ノースダコタ州の買手に対して売りに出された。委員会は、もし銀行の一連の債券が州内の客に50万ドル分売却できれば、投資家たちに選挙民が本当に銀行を支えているということと、州債が成長可能性のある投資であることを見せることができると信じていた。ノースダコタ人はそれに応えた。州外の投資家は応えなかった。 1920年の…

更新日:2011-02-12 07:34:52 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ノースダコタ銀行について:BND草創期 -最初の一斉射撃 / プレーリー・パブリック・プロダクション

BND草創期 -最初の一斉射撃 1919年の議会が延期されて間もなく、IVAは同盟の産業計画に最初の一撃を与える策を練り始めた。最初の一手は、下院法18を含めた7つの産業法案に対する住民投票の嘆願書を広めることであった。彼らは知事に特別選挙を7月8日(銀行の開店予定日の2〜3日前)に予定するよう求めた。しかし知事はIVAの望む日程よりも一ヶ月早い6月26日に選挙を設定した。 同盟は素早く行動に出た。A・C・タウンリーと彼の組織は州全域に跨がって投票者に「産業民主主義に投票し、7度“可”に投票せよ」と力説してまわった。同盟の奔走が制し、7法案…

更新日:2011-02-11 09:42:36 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ノースダコタ銀行について:BND草創期 -産業計画 / プレーリー・パブリック・プロダクションズ

BND草創期 -産業計画 1919年の議会では同盟の重要法案に取り組むために、わずか一ヶ月が費やされた。感情の燃え上がり、口汚い非難、買収計画にも関わらず、上院と下院で産業委員会を創設するための下院法案17は通過した。州知事、司法長官、農業行政長官で構成される産業委員会は、ノースダコタ州のための商業を指導する権限を与えられた。次に、ノースダコタ銀行を設立するHB18が通過した。歴史的な1919年の議会は、同盟の産業計画実施に必要な法的枠組みとなる、5つすべての法律を通過させることを次回に持ち越した。 HB18が施行されてから6週間経つこと無く…

更新日:2011-02-09 07:09:42 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ノースダコタ銀行について:超党派同盟 -NPLの乱 / プレーリー・パブリック・プロダクション

超党派同盟 -NPLの乱 1916年、同盟は快勝を得た。いまや同盟のメンバーは知事、司法長官、州務長官、農務長官になっていたが、州財務官は別だった。(民主党から出馬した唯一の候補者)。同盟公認候補者は下院議席の113議席中81議席を確保し、空いている上院議席の25議席中18議席を確保した。しかし、州最高裁の同盟公認候補者こそが鍵であった。同盟の産業要綱を導入する前に州憲法の改正が必要であった。 同盟の綱領は州経済のコントロールを奪還する志を抱いたものだった。その要求は州立製粉所、穀物倉庫、そして食品加工・包装工場のシステム作り…

更新日:2011-02-08 06:52:09 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ノースダコタ銀行について:州外からの支配 -経済的搾取 / プレーリー・パブリック・プロダクション

州外からの支配 -経済的搾取 進歩党が促進した社会、政治改革の成功にも関わらず、州は依然として州外権益による経済支配の元に置かれていた。政治的リーダーによる鉱業、製造業を興す試みをもってしても、ノースダコタの経済は依然として危険なまでに小麦に依存していた。不幸にも、仲介業者がノースダコタの小麦の格付けと相場を決定しており、彼らと協同する鉄道会社が運送コストと輸送計画を取り仕切っていた。ツイン・シティ*、シカゴ、そして東海岸の投資家たちは資本へのアクセスをコントロールしていた。(米国Minnesota州のSt. Paul市とMinneapolis市) 第一…

更新日:2011-01-31 19:51:49 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ノースダコタ銀行について:州外支配 -マシンを打ち破る / プレーリー・パブリック・プロダクション

州外からの支配 -マシンを打ち破る 州になるまでの准州に対する保護期間は通常は短い。(およそ数年間だけ)。ダコタ準州の州への昇格は、主に州外権益による反対によって28年間延期された。こうして州への昇格を求める戦いはノースダコタ州の特徴に、経済的植民地主義への反抗という原型と、地元の事柄に対する州外からの干渉への深い不信感を据えた。 1880年代には地元の政治家、アレクサンダー・マッケンジーがノースダコタ政界のボス・トウィード*であった。マッケンジーはノーザン・パシフィック鉄道の政治におけるエージェントであり、州資本の配置から…

更新日:2011-01-28 11:15:33 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare