「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 社会

タグ検索結果 ~ 社会 91件中 33件~

チェルノブイリ周辺の鳥類は脳が小さい / Anders Pape Møller and Timothy A. Mousseau

抄録 背景 チェルノブイリ事故による放射性物質で汚染された地域の動物は、酸化ストレスの増大と抗酸化物質の減少を経験している。そのため、通常の神経系発達が阻害されることがあり、それは、人間における発達上の障害や脳サイズの減少事例の増加、認識能力の損傷などに現われている。心理的影響と放射線の関連については、人間の心的外傷後ストレスの問題として説明がなされることもある。 方法/主な結果 本研究では、心的外傷後ストレスがない場合でも、相対的な脳サイズとバックグラウンド放射線量とに負の相関があるのではないかという予測を検証する…

更新日:2012-01-27 10:30:41 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

沖縄の枯葉剤エージェント・オレンジ:新たな証拠 / ジョン・ミッチェル

はじめに 2011年9月『アジア太平洋ジャーナル誌』に、1960年代から1970年初頭にかけて沖縄にエージェント・オレンジを含む米軍の枯葉剤が存在したことに関する私の調査研究が掲載された。[1] 沖縄がベトナム戦争の前線中継基地だった当時、沖縄で任務に就いていた20名余りの米退役軍人から聞き出した証言をもとに、北部沖縄のヤンバルの森から南部の那覇港にいたる14の米軍基地にダイオキシンに汚染された化学物質が貯蔵、散布、埋め立て処分されたことについての記事である。多数の目撃証言があるにもかかわらず、ペンタゴンは軍の枯葉剤がかつて沖縄に存在したこ…

更新日:2011-12-29 22:28:00 ozawa   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ事故から20年後の昆虫と蜘蛛の減少 / Anders Pape Møller and Timothy A. Mousseau

低線量放射線が動物の個体数に及ぼす影響についての理解は進んでいない。我々は、標準化スポットセンサスとライントランゼクト法を用いて、チェルノブイリ周辺の、バックグランド放射線量が4桁違う森林地域を対象に、マルハナバチ、蝶、バッタ、トンボ、蜘蛛の巣の調査を行った。無脊椎動物の個体数は放射線量が多いと減少することが、土壌、生息地、植生の高さといった要因を統制した上でも、認められた。調査地域間でよりも同一調査地域内において放射線量が違う場合により強い効果が認められたことから、チェルノブイリ事故で放出された放射線の動物に対する環境的…

更新日:2011-10-19 16:21:27 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

メルトダウンは「減速ゾーン」:原子力ギャングの再編成 / カール・グロスマン

2011年6月29日 東京電力福島第一原発災害が収束しない中、核ギャングたち、すなわち原子力産業の親玉連そして米国議会とオバマ政府の核推進メンバーたちが、先週(6月後半)ワシントンDCで新たな原子力発電所建設を推進するための2日にわたる「サミット」を開催した。 原子力発電「ルネッサンス」推進に東電原発事故が与えた影響に関する彼らの結論:東電の事故は単なる「減速ゾーン」にすぎない・・・この「新原子力エネルギー特別サミット」の参加者が述べた言葉である。 原子力発電所向け燃料に使われる六フッ化ウランの生産に携わるConverDyn社のCEO兼会長ガン…

更新日:2011-08-03 09:35:21 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

アイズ・オン・ザ・プライズⅡインタビュー : エレイン・ブラウン・インタビュー

インタビュアー: ルイス・マサイア、テリー・ロックフェラー プロダクションチーム: B インタビュー実施日:1988年10月14日 カメラロール: 3013-3016 サウンドロール: 306-308 編集者注: インタビュー実施者:Blackside, Inc。実施日:1988年10月14日。ワシントン大学図書館、フィルムとメディア・アーカイブ、ヘンリー・ハンプトン・コレクション。書き起こしには最終プログラムに登場しない素材も含まれます。 ルイス・マサイア:  組織の中にいたあなたの目からみて、ブラックパンサーは、どんな人たちだったのですか?以前あなたは、ブラックパンサーは…

更新日:2011-04-27 13:39:47 otake   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ロスポトリブナーズラ:カムチャッカに向かって放射能雲 / VINK EU

日本での地震で起きた原子力発電所の事故によって発生した放射能雲がカムチャッカ半島に向かっている。3月12日、ロスポトリブナーズラ(厚生省のようなものか?)の声明に言及し、リア・ノヴォスティ通信社によって報道された。ロスポトリポナーズラのナタリア・ツーダノーヴァは地方政府に対して、1日以上あとに、放射能雲がロシア領土内に到達するだろうと宣告した。彼女によれば、ロシア東部での現在までの一時間ごとの放射能レベル測定では、許容量を越すレベルの放射能は示されていないとのこと。 初期段階では、福島第一原発の爆発による放射能漏れは、ロシ…

更新日:2011-03-13 03:06:19 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イギリス大使がリビア国営テレビに放送される / テレグラフ紙

イギリスの大使がリビアの国営テレビに放送される 言われるところによれば、イギリスの駐リビア大使リチャード・ノーザンとムスタファ・アブデル・ジャリール氏(元リビア法務大臣で現在はリビア国民会議のスポークスマンとの会話が傍受され、リビア国営テレビで放送された。 先週リビアを後にしたリチャード・ノーザン(駐リビア、英国大使)が「誤解があった」といってベンガジの反乱軍に捕まったSAS特殊部隊の釈放を求めた。 「ジャリール氏にこの誤解を晴らす仲裁をお願いしたい。私たちが派遣したのは、ただこの特殊任務の準備をしようとしていただけであ…

更新日:2011-03-07 21:17:44 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ノースダコタ銀行について:政治の作用 -IVAの支配 / プレーリー・パブリック・プロダクション

政治の作用 -IVAの支配 ノースダコタ銀行はこの反対運動から生き残ることが出来たのだろうが、依然として不安定な地盤の上にあった。州債の売り上げ躍進にも関わらず、否定的な評判、法的に不確定な要素、リコールの呼びかけと投資会社の州債格下げがともに州のイメージを傷つけ、政治的混乱が引き起こされた。リコールの呼びかけの間、ネストス知事は銀行と他の州産業を公平な裁判にかけると有権者に約束したが、ミネアポリスでの演説中にネストスは1923年の議会で銀行解体のステップが取られるだろうと公言した。 今やIVAのメンバーからなる産業委員会は人望の厚…

更新日:2011-02-23 04:07:50 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare