「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホームみんなの本棚一覧 > みんなの本棚

みんなの本棚

おすすめ度:

Brunch | HTML5超速ビルドツール

リファレンス>コマンド

 まとめページで見る

 brunch new / brunch n

 新しくBrunchプロジェクトを始めるコマンドです。使い方: brunch new [path] [-s skeleton]

  •  path(変更可能。デフォルトでは「.」):プロジェクトのディレクトリ名 
  • -s, --skeleton (変更可能。デフォルトでは「simple」):スケルトン名か、スケルトン一覧などを参考にURLを入力してください

 使用例 

  • brunch new : この状態だとスケルトンやライブラリは追加されていません
  • brunch new -s es6 : こう入力すれば、Babelを使用してECMAScript 6をコンパイルする機能が追加されます 
  • brunch new -s react と brunch new -s redux : Reactを使いたい人はこのように指令しましょう

 環境変数を指定することもできます。たとえば、「BRUNCH_INIT_SKELETON」を変数とする場合、

  • BRUNCH_INIT_SKELETON=es6 brunch new : これで、brunch new -s es6と同じことができます

 まず、Brunchはコマンドオプションとしてスケルトンを探し出します。ここでの環境変数はBRUNCH_INIT_SKELETONとなっていますが、仮にスケルトンが発見されなかった場合、デフォルトののスケルトンが適用されます。
 

 brunch build / brunch b

 プロジェクトをビルドし、publicディレクトリにアウトプットするコマンドです。

  •  -e, --env SETTING : config.overrides[SETTING]の設定を作動させます
  • -p, --production : プロジェクトを最適化してビルドします。「-e production」と入力しても同じ機能が作動します 
  • -j, --jobs WORKERS : 実験的ではあるものの、マルチ・プロセスに対応します。これにより、大きなプロジェクトのコンパイルのスピードが向上する可能性があります。システムによってはこれがおすすめです。 
  • -d, --debug : 冗長デバッグのアウトプットを許可します 


 brunch watch / brunch w

 プロジェクトに変更があるたびにリビルドを行うコマンドです。

  • brunch build と同じオプションを使えます
  • -s, --server : publicディレクトリにHTTP + pushstateサーバーを作成します
    • -P PORT, --port PORT: サーバーのポートを指定します

 

 デフォルトスケルトン

  • プロジェクト開始時点はこれが最も使い勝手の良いオプションと思われます
  • 「brunch new」でまず適用されるオプションです 
  • 整理されたフォルダ構造と、最小限のBrunchコンフィグとデフォルトプラグインでプロジェクトを開始できます
  • 具体的な使い方とスケルトンの内容はこちらのページを参照 
  • 設定の方法と動作のしかたはBrunchガイドの「 Conventions and defaults 」のページに詳しく記載されています

Brunchにあらかじめインストールされているスケルトンを目的に応じて配置しましょう。
 

 ヒント

 システムのお知らせや、ビルドのエラー報告を得るために terminal-notifier をインストールしてください。(Macの場合、install terminal-notifier )

 シェル環境にショートカットを作成すると、打ち込む文字数が少なくなって便利です。次の内容を bashrc か zshrc に追加してください。

 alias bb='brunch build'
 alias bbp='brunch build --production'
 alias bw='brunch watch'
 alias bws='brunch watch --server'

Brunchが動作している環境を確認する必要がある場合は、変数「process.env.NODE_ENV」をご覧ください。この変数の内容は 'production' あるいは 'development' のビルド時間によって変動します。

 コンフィグ

 GitHubでこのページを編集する

 

PDF
更新日:2017-06-08 16:09:05 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文URL ] http://brunch.io/docs/commands Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

僕がHugo静的サイト・ジェネレータをGitLabで使うときにしたCI設定 | from Leow Kah Man - Tech Bl…

 週末にかけて、GitHubに構えていた私のブログをGitLabに移転しました。GitLabだとCIビルドが自…2017-11-18 13:00:02

【GitLab 公式 を訳してみた】Dockerイメージを使う

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) > Docker integration >Dock…2017-11-18 00:10:16

【GitLab 公式 を訳してみた】 .gitlab-ci.yml 設定メニュー

 (訳者より:翻訳がもうだいぶ進んだところで、GitLab CIについてネットで検索をかけてみたと…2017-11-17 23:50:27

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CI/CDで使える変数

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI/CDで使えるAP…2017-11-17 23:50:02