「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

hanako

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

ホーム > Wikipedia翻訳一覧

Wikipedia翻訳一覧

Wikipedia 本日の写真 / 2017年1月2日 / モルワイデ図法

正積擬円筒図法の一種で、一般に世界地図や星図を作成する際に使用されるモルワイデ図法。1805年にライプツィヒの数学者・天文学者のカール・モルワイデが発案した図法だが、その後1857年にジャック・バビネによって再考案され普及した。角度や形の正確さよりも面積比の正確さを優先した図法であるため、そうした特性が必要とされる場合、例えば世界分布を示す地図などに使用される。

更新日:2017-12-14 13:54:49 hanako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Wikipedia 本日の写真 / 2017年1月1日 / セルフォス(Selfoss)

アイスランド北部にあるヨークルスアゥ・アゥ・フィヨットルム(Jökulsá á Fjöllum)川の滝、セルフォス(Selfoss)。この川は30キロ(19マイル)以上にわたり多数の滝を流れ落ち、北極海の湾の一つであるエクサールフィヨルズル(Öxarfjörður)へと流れ込んでいる。ヴァトナヨークトル(Vatnajökull)氷河から溶け出した水が水源であることから、川の流れは季節や天候、火山活動によって異なる。

更新日:2017-12-14 13:53:34 hanako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Wikipedia 本日の写真 / 2016年12月31日 / 『サタンを倒す大天使ミカエル』(St. Michael Vanquishing Satan)

盛期ルネサンスを代表するイタリアの画家ラファエロによる油彩画『サタンを倒す大天使ミカエル』(St. Michael Vanquishing Satan)。サタンを殺害している大天使ミカエルが描かれている。当初はローマ教皇レオ10世の命を受けて制作された板絵であったが、後にキャンバスに移され、現在はルーヴル美術館に展示されている。

更新日:2017-12-14 13:52:05 hanako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Wikipedia 本日の写真 / 2016年12月30日 / ダクティロリザ・フクシイ(Dactylorhiza fuchsii)

ヨーロッパの多くで見られる蘭の普通種、ダクティロリザ・フクシイ(Dactylorhiza fuchsii)。東はシベリア、モンゴル、新疆あたりまで分布域が広がっている。色は多岐にわたり、高さは15〜60cm。写真はオーストリアのマリアツェル近くで撮影されたもの。

更新日:2017-12-14 13:51:08 hanako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Wikipedia 本日の写真 / 2016年11月21日 / ビクスビー夫人への手紙

1864年にアブラハム・リンカーン大統領がマサチューセッツ州ボストンに住んでいた未亡人、リディア・パーカー・ビクスビーに書いたとされている短い哀悼のメッセージ、「ビクスビー夫人への手紙」の複写。彼女はアメリカ南北戦争中に北軍に従軍していた5人の息子を失くしたと考えられている。ゲティスバーグ演説、第二次大統領就任演説とともに、この手紙はリンカーンによる最高の執筆物のひとつとして称賛されており、記念碑やメディア、印刷物によく転載されている。 受取人や彼女の息子の運命、手紙を書いた人物をめぐっては議論が続いている。(うわさされてい…

更新日:2017-12-14 13:24:35 hanako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

エアギャップ・マルウェア

エアギャップ・マルウェア エアギャップ・マルウェアとは、様々なエアギャップの隠されたチャネルを使い、安全なコンピュータ・システムのエアギャップの分離を破るように設計されたマルウェアのことである[1][2]。2013年11月、一つの技術の実証がフラウンホーファー協会の科学者たちによって成功した[3]。 目次 1 動き 2 関連項目 3 参考文献 4 関連文献 動き 現代のコンピュータのほとんど、特にラップトップは、作り付けのマイクロフォンとスピーカーを備えているため、エアギャップ・マルウェアは、人間の聴力の限界を超えたあるいはそれに近い周波数の…

更新日:2017-12-03 17:02:41 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

エアギャップ(ネットワーク関係)

エアギャップ(ネットワーク関係) エアギャップ(air gap:空隙)またはair wall(空気壁)、エア・ギャッピング[1]とは、ネットワーク・セキュリティ対策であり、一つあるいは複数のコンピュータにおいて用いられ、公衆インターネットや安全でないローカル・エリア・ネットワークなどのような、安全でないネットワークから物理的に隔離された安全なコンピュータ・ネットワークを確保しようとするものである[2]。その名称は、他の全てのネットワークから(概念上の空隙で)物理的に隔てられたネットワークを作り出す技術から生まれた。パケットレートとパケット…

更新日:2017-11-04 15:04:51 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

HTTP公開鍵ピニング

HTTP公開鍵ピニング HTTP公開鍵ピニング(HPKP: HTTP Public Key Pinning)[1]とは、HTTPヘッダによって実現されるセキュリティの仕組みであり、HTTPSのウェブサイトが、間違って発行された証明書や不正な証明書を使用した攻撃者によるなりすましを阻むことを可能にする。それを行うために、一つあるいは一揃いの公開鍵をクライアント(ブラウザ)に交付し、そのクライアントはこのドメインへの接続を信頼された唯一のものでなければならない。 例えば、攻撃者は認証局を危殆化させ、本来のウェブに対する証明書を誤発行させるかもしれない。この危険性に抗するた…

更新日:2017-10-01 12:05:50 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare