「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > Wikipedia翻訳一覧

Wikipedia翻訳一覧

123456

エアギャップ(ネットワーク関係)

エアギャップ(ネットワーク関係) エアギャップ(air gap:空隙)またはair wall(空気壁)、エア・ギャッピング[1]とは、ネットワーク・セキュリティ対策であり、一つあるいは複数のコンピュータにおいて用いられ、公衆インターネットや安全でないローカル・エリア・ネットワークなどのような、安全でないネットワークから物理的に隔離された安全なコンピュータ・ネットワークを確保しようとするものである[2]。その名称は、他の全てのネットワークから(概念上の空隙で)物理的に隔てられたネットワークを作り出す技術から生まれた。パケットレートとパケット…

更新日:2017-11-04 15:04:51 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

HTTP公開鍵ピニング

HTTP公開鍵ピニング HTTP公開鍵ピニング(HPKP: HTTP Public Key Pinning)[1]とは、HTTPヘッダによって実現されるセキュリティの仕組みであり、HTTPSのウェブサイトが、間違って発行された証明書や不正な証明書を使用した攻撃者によるなりすましを阻むことを可能にする。それを行うために、一つあるいは一揃いの公開鍵をクライアント(ブラウザ)に交付し、そのクライアントはこのドメインへの接続を信頼された唯一のものでなければならない。 例えば、攻撃者は認証局を危殆化させ、本来のウェブに対する証明書を誤発行させるかもしれない。この危険性に抗するた…

更新日:2017-10-01 12:05:50 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ダブル・ラチェット・アルゴリズム

ダブル・ラチェット・アルゴリズム 「ダブル・ラチェット」はこの項目へ転送されています。工具については レンチ を参照下さい。 暗号技術において、ダブル・ラチェット・アルゴリズム(かつてはアホロートル・ラチェットと呼ばれていた[1][2])は鍵管理アルゴリズムであり、Trevor PerrinとMoxie Marlinspikeによって2013年に開発された。それはインスタント・メッセージのための終端間暗号化を提供する暗号プロトコルの一部として使用できる。最初の鍵交換のあと、一時的なセッションキーの継続する更新と維持を処理する。ディフィー・ヘルマン鍵交換(DH)…

更新日:2017-09-03 12:17:25 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

aplay - Wikipedia翻訳

 aplayとは ALSA sound card driver 用の コマンドライン オーディオファイルプレーヤーである。復数種類の ファイル形式 、様々なデバイスのサウンドカードに対応し、 サンプルレート 、 ビット深度 などの情報を自動的にサウンドファイル・ヘッダーから決定することができる。   使用例  aplay -c 1 -t raw -r 22050 -f mu_law foobar   これで、「rawファイル『foobar』を22050-Hz、モノラル、8ビット、 mu-law .au ファイルとして再生する」という意味になる。   外部リンク   aplay(1) : Sound recorder/player for ALSA – Linux Use…

更新日:2017-08-09 22:03:55 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

終端間暗号化

終端間暗号化 終端間暗号化(E2EE: End-to-end encryption)は、通信中のユーザのみがメッセージを読むことのできる通信方式である。原理的には、潜在的な盗聴者----電気通信事業者やインターネットプロバイダ、通信サービスの提供者でさえも----が、会話を解読するために必要とされる暗号鍵にアクセスすることを阻む[1]。いずれのサードパーティも、やり取りされるあるいは蓄積されるデータを解読することはできないため、その方式は監視や改竄のどのような試みも無効にするよう設計されている。例えば、終端間暗号化を使用する会社は、彼らの顧客のメッセージの本…

更新日:2017-08-03 22:02:16 shikimi   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Trust on first use

Trust on first use その他の用法については「 Tofu(曖昧さ回避) 」をご覧ください。 Trust On First Use (TOFU)または Trust Upon First Use (TUFU)とは、未知あるいはまだ信頼されていないエンドポイントと信頼関係を築く必要のあるクライアントソフトウェアによって用いられるセキュリティモデルである。TOFUモデルにおいて、クライアントは識別子、たいていはある種の公開鍵を、ローカルの信頼できるデータベース内で検索しようと試みる。そのエンドポイントに対する識別子がまだ存在していなかった場合、クライアントソフトウェアはクライアントが…

更新日:2017-07-09 19:19:20 shikimi   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Cryptocat

Cryptocat -------- 【画像のキャプション】Windows 10でのCryptocat 3.1.24 最初の作成者:Nadim Kobeissi 開発者:Nadim Kobeissiと貢献者たち[1] 最初のリリース:2011年5月19日 リポジトリ: github.com/cryptocat/cryptocat.git 作成:JavaScript オペレーティング・システム:クロスプラットフォーム 利用可能:3言語  言語一覧:英語、カタロニア語、フランス語 種類:安全な通信 ライセンス:GNU General Public License ウェブサイト: crypto.cat -------- Cryptocatは、暗号化されたオンラインのチャットを可能にするオープンソースのデ…

更新日:2017-06-17 11:11:14 shikimi   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

立体音響ソフトウェアのリスト | wikipedia翻訳

主な出典:Ambisonics ここでは、アンビソニックソフトウェアを紹介する。開発中のものも、終了のものも記載されている。  目次 1 現在も開発中のソフトウェア 1.1 フリー/オープンソース 1.2 独自開発/クロースドソース 2 開発終了のアンビソニックソフトウェア 2.1 フリー/オープンソース 2.2 独自開発/クローズドソース 1 現在も開発中のソフトウェア このリストは未完成です。加筆してくれる方を募集しています。 1.1 フリー/オープンソース ・ ambdec  近距離コンプレッション付き2バンドデコーダ。多数スピ…

更新日:2017-06-09 23:32:11 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
123456