「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

K0hei22

English⇒Japanese

ホーム > 新着翻訳記事一覧

新着翻訳記事一覧

ドキュメント>テスト

➡ まとめページで見る ユニットテスト ユニットテストの通常オプション: node内のpublicからビルドバンドルを使用する  ユニットテストはブラウザで行われる ユニットテストは通常、node上のディレクトリで行われないようになっています。しかし、現在この機能は開発中です。実装をお楽しみに 。 総合テスト 総合テストもブラウザで行われます。難しい指示はいりません。 -test suffix ( user-view-test.coffee など)で指定されたすべてのファイルを読み込み、テストを行います。 require .list()  .filter(name => /-test$/ .t…

更新日:2017-06-08 16:15:10 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ドキュメント>デプロイ

➡ まとめページで見る  Brunchで作成されたアプリケーションは、1まとまりの静的ファイルとして扱われます。それはどう管理しようとみなさんの自由です。ファイルは様々な方面から手を加えられます。 GitHub に公開するなどして誰かと分け合っても構いません。少々の違いはあれど、Brunchを使っている者同士なら、開発の環境は大体同じです。  圧縮JSやCSSが入っているアプリケーションは、「build --production」でビルドできます。デプロイは次のように行ってください 静的サイトの場合:お手持ちのマシンでアプリケーションをビルドして、pu…

更新日:2017-06-08 16:11:48 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

リファレンス>コマンド

➡ まとめページで見る brunch new / brunch n 新しくBrunchプロジェクトを始めるコマンドです。使い方: brunch new [path] [-s skeleton] path(変更可能。デフォルトでは「.」):プロジェクトのディレクトリ名  -s, --skeleton (変更可能。デフォルトでは「simple」):スケルトン名か、 スケルトン一覧 などを参考にURLを入力してください 使用例  brunch new : この状態だとスケルトンやライブラリは追加されていません brunch new -s es6 : こう入力すれば、Babelを使用してECMAScript 6をコンパイルする機能が追加されま…

更新日:2017-06-08 16:09:05 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ドキュメント>JSモジュールとNPMを使う

➡ まとめページで見る まず最初に  モジュールを使ってJSコードを組み立てることが、Brunchの肝というものです。JSコードを必要なところに必要な分だけ配置することが簡単に行えます。  Brunchでは、「ファイル名」がモジュール名を兼ねています。当ソフトはモジュール名(つまりファイル名)を参照してアプリのポーションを切り分ける方式を取っています。   たとえば、「app/config.js」という名前のファイルがあったなら、「config.js」の部分がモジュール名になります。   たいていのJSファイルは「module.exports」で、モジュールに変換で…

更新日:2017-06-08 16:06:42 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

リファレンス>コンフィグ

➡ まとめページで見る  Brunchはコンフィグレーション・ファイルを使用します。brunch-config.js ( あるいは .coffee) などと表現されますが、これがアプリ制作に様々なバリエーションをもたせます。 ヒント   コンフィグファイルはCoffeeScriptでも記述できます。こちらの方が短く簡潔に仕上がるのでおすすめです。 paths —どこからファイルを取るのか、生成したものをどこに置くのかを設定する項目  files —どのファイルをBrunchでどう生成するのかを設定する項目  npm — NPMの設定  plugins —それぞれのプラグインの設定  あまり使…

更新日:2017-06-08 16:04:07 Hnoss   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

リファレンス>プラグインAPI

➡ ま とめページで見る  Brunchプラグインはコンフィグで設定されたプレーンJSクラスです。 解説 プラグインは「ファイル・エンタイトル」という方式で動いています。 {   "data": "var hello = 42;\n" ,   "path": "app/file.js" } このように、ファイルは単純なJSオブジェクトで構成されているのがわかります。オブジェクトには以下の4種類が挙げられます。 path - ファイルへのシステムパス  data -JSストリングをのデータを入れたファイル  map - ソースマップ  その他すぐさまプラグインとして使えるもの全般 パ…

更新日:2017-06-08 16:00:45 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

リファレンス>アーキテクチャ

➡ まとめページで見る  Brunchは内部機能の呼び出しに、次のような構造をとっています。(これにおいては、 原文 をご確認ください。) 図の中にある関数名は、ソースコードでも使われています。検索の利便性を図るためです。  関数は「watch」から始まっていますが、この詳しい内容は「lib/watch.js」に記載されています。  リンクしている項目を同じ色で分類しました。 フレーズはデバッグモードで表示されるものを引用しました。   Brunchをデバッグモードで開始すると、「d」フラグが追加されます。「brunch build -d」などと使いま…

更新日:2017-06-08 15:57:46 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

リファレンス>トラブルシューティング

➡ まとめページで見る Brunchプロジェクトのビルドの際に、「EMFILE error」が出るのですが… 「EMFILE」とは、オープンなファイルが多すぎる状態を意味します。Bruchはプロジェクトに入っているすべてのファイルを監視しています。それらは往々にして相当多い数になりますね。このエラーを直すには、コマンドから「オープンなファイルの許容数」を大きめにセットすることです。 ulimit -n <number> (この<>の中に数字を入力してください。10000もあれば十分でしょう。) プロジェクトを変更すると、モジュールがプロジェクトから抜けていることが…

更新日:2017-06-08 15:57:16 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare