「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > 新着翻訳記事一覧

新着翻訳記事一覧

1234567

Non software suite   | ツール解説 from Libre Music Production

 ホームページ: non.tuxfamily.org/  Nonソフトウェアセットは、4つの独立したプログラムを、 モジュラー により、1つにまとめたセットである。セットの中には以下のプログラムがある。  ・Non タイムライン  ・Non ミキサー  ・Non シーケンサー  ・ Non セッションマネージャー  どのプログラムも、モジュラーの設定により、お互いに接続することができる。そのおかげで、1つのソフトウェアのように動作できるのが特徴である。  このソフトは、「速く、軽く、eeePC や Raspberry Pi などの、リソースが少ない機械でも満足な音楽制作ができ…

更新日:2018-01-11 19:17:41 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】Dockerエクゼキュータ

GitLab Runner > エクゼキュータ >Dockerエクゼキュータ  GitLab ランナーでは、ユーザーが用意したイメージにアプリをビルドする際に、Dockerを利用することができます。ただし、それにはDockerエクゼキュータの利用が必須です。  DockerエクゼキュータがGitLab CIで使用された場合、ランナーは Dockerエンジン へ接続して、ユーザー定義済みコンテナ(隔離された環境)でアプリのビルドを開始します。  どの定義済みコンテナを利用するかは、「 .gitlab-ci.yml 」か「 config.toml 」ファイルで設定します。  これにより設定されたCIコンテナは、本来…

更新日:2018-01-05 23:11:09 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

点推定における再パラメータ化の衝撃 / ボブ カーペンター

点推定における再パラメータ化の衝撃 ボブ カーペンター 2016年4月24日 概要 変数を変更する時、変換の変化率を説明するために、ヤコビアンの調整が必要になります。調整をすることによって、事後確率に対する期待値に基づく推論が再パラメータ化のもとで不変であることが保証されます。一方で、事後分布の中央値は再パラメータ化の結果として変化します。 このノートでは、ベイズ事後確率および事後中央値に対するヤコビアン調整の効果を実証するために、Stanを使用して成功確率を母数に持つ反復2値試験モデルをコード化し、対数オッズの再パラメータ化を行いま…

更新日:2018-01-05 20:47:55 ajhjhaf   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】Parallels エクゼキュータ

GitLab Runner > エクゼキュータ > Parallels エクゼキュータ  parallels エクゼキュータの設定方法は、 VirtualBox エクゼキュータ を参考にしてください。

更新日:2017-12-29 14:59:27 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】VirtualBox エクゼキュータ

GitLab Runner > エクゼキュータ >VirtualBox 注: Parallelsエクゼキュータの操作法はVirtualBoxエクゼキュータと同じです。なお、キャッシュ機能には対応していません。  VirtualBoxエクゼキュータを使うと、VirtualBox仮想環境でビルド毎にビルド環境を整理しながらアプリ開発に取り組めます。システムにVirtualBoxさえインストールされていれば、どのマシンでも確実に使えるエクゼキュータです。  この時利用する仮想マシンには、接続可能なSSHサーバーがついていることと、bashスクリプトによるシェルが扱えることとが、条件として求められます。 …

更新日:2017-12-29 14:55:36 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】SSH エクゼキュータ

GitLab Runner > エクゼキュータ >SSH 注: SSHエクゼキュータはBashから作成されたスクリプトにのみ対応しています。なお今のところ、キャッシュ機能には対応していません。  このエクゼキュータは、SSHを介してコマンドを実行することができるため、リモートマシンに存在するプロジェクトをビルドする上では簡潔な対応策になると思われます。  概要  SSHエクゼキュータを使うには、 [runners.ssh] セクションで「 executor = "ssh" 」と指定する必要があります。 ====================== [[runners]]  executor = …

更新日:2017-12-26 23:31:34 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】Shellエクゼキュータ

GitLab Runner > エクゼキュータ >Shell  シェルは、ランナーがインストールされたマシン(ローカル環境)でビルドする時に使うものの中では、簡潔な部類に入ります。  ランナーがどのようなマシンにインストールされていようと、確実に使えるエクゼキュータです。  このエクゼキュータを選択すると、Bash、Windows PowerShell、並びにWindows Batchで作成されたスクリプトをビルドに利用することが可能になります。  概要  スクリプト自体は、特権を持たないユーザーでも「 --user 」パラメータを追加することで gitlab-runner runコマンド を扱え…

更新日:2017-12-26 23:06:35 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】ランナーを登録する

GitLab Runner > ランナーを登録する  「ランナーの登録」とは、GitLabで実際に使っていくランナーをまとめあげる工程を指します。   前提条件   ランナーを登録する前に、次の工程が必要となります。 ランナーをGitLabが入っているサーバーとは別の サーバーにインストールする GitLabのインターフェイスから、これからプロジェクトで使用する共有ランナーか、特定のランナーの トークンを取得しておく   GNU/Linux  1.次のコマンドを入力します。 ====================== sudo gitl…

更新日:2017-12-25 23:05:15 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
1234567