「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

K0hei22

English⇒Japanese

mayuko

English⇒Japanese

ホーム > 注目翻訳記事一覧

注目翻訳記事一覧

123

チェルノブイリ・フォールアウトの影響を受けた住民の甲状腺と唾液腺に対する環境硝酸塩の影響 / V. Drozd et al. 注目記事

序: チェルノブイリ事故後、主として放射性ヨウ素により甲状腺疾患が増加したことは科学的に認められてきた。また、硝酸塩がヨウ素の代謝に影響することも知られている。硝酸塩は、ナトリウム・ヨウ素共輸送体に対する競争的阻害物質であり、甲状腺のヨウ化物摂取を阻害し甲状腺ホルモン合成を弱める。 本研究の目的は、超音波(US)スクリーニングによる甲状腺異常及び唾液腺異常を飲料水の硝酸塩濃度から調査することにある。 方法: 甲状腺と唾液腺の容積推定を伴うUSを、チェルノブイリ事故後放射性核種で汚染されたブレスト地区に暮らす264人のベラルーシ…

更新日:2014-01-08 14:43:13 eengine   11   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

1980年から2006年英国における自然放射線と小児白血病・その他の癌の発症に関する、記録を用いた症例対照研究 / Kendall, G. M. et al. 注目記事

小児癌と自然放射線の関連を検証するために、記録を用いた大規模な症例対照研究を行った。1980年から2006年に英国で生まれ癌を診断されたケース(27,447ケース)及び対応する癌でない対照群(36,793ケース)を国立小児腫瘍レジストリから抽出した。英国の全国データベースから子どもが生まれたときの母親の住所における放射線被曝量を、γ線の州平均及びラドンの地質学的境界によりグループ化した国内測定に基づく予測地図を用いて推定した。γ線骨髄累積被曝線量1ミリシーベルトあたり小児白血病過剰相対リスク(ERR)は12%であった(95%信頼区間 3, 22; 両側P=0.01)…

更新日:2013-02-26 11:46:06 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ハイチのことをもっと知って目を向けよう / ジョー・エマーズバーガー 注目記事

2013年1月6日 私がこれから述べるハイチに関する本を、せめて1冊でも読むために時間を割いてほしい。また、そこから分かったことを、声をあげて伝えてほしい。見事な、しかも膨大な内容の議論が積み重なってきているが、それらは、「国際社会」(米国とその一握りの同盟国)が21世紀初頭以降、ハイチのエリート層と一緒になって、いかに凶悪で巧みな攻撃をハイチの民主主義にしかけたのか解き明かしてくれる。この攻撃は、地震がスキャンダラスなまでに放置され、ハイチを取り仕切る外国および国内エリート層が利権を強めるために地震さえをも利用している中でなお、…

更新日:2013-02-24 12:59:44 ozawa   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

グアテマラの「小型米軍アメリカ学校」 / ドーン・パリー 注目記事

2012年11月27日 コバン(グアテマラ)----2月以降、グアテマラのコバンにある軍事基地で、法人類学の専門家たちが400体の白骨遺体を発掘した。これはすぐさま、この国の秘密の集団埋葬地の発掘における最大規模のものの一つとなった。グアテマラの36年におよんだ内戦ではジェノサイドが行われたが、この間、コバンの軍事基地は軍組織の要であり情報の中枢であった。 しかし、この発掘が他と違うのは、現在なお使用されている軍事基地での発掘ということである。この基地はグアテマラ、エルサルバドル、ニカラグア、ホンジュラス、ドミニカ共和国の兵士を訓練するた…

更新日:2012-12-19 16:10:50 ozawa   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

原発周辺の小児白血病に関するフランスの研究 / イアン・フェアリー博士 注目記事

2012年1月20日 ギオキャップ調査は、ドイツ、英国、スイスの調査結果を追認。 フランスで行われた原子力発電所周辺の小児白血病に関する新たな研究[1](ジオキャップ)は、2002年から2007年、フランスの原発19基の5キロ圏内で15歳未満の子どもに見られる白血病の増加が統計的に有意であることを示した。この研究は、2つの観点から結果を確認している点で説得力がある。第一は、包括的な全国的患者対照研究である(オッズ比OR=1.9)。もう一つは、基本的な発生調査である(標準化発生比SIR=1.9)。 フランスでは多くの新聞がこの研究結果を大々的に報道したが(英国…

更新日:2012-03-20 08:37:50 eengine   8   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

新潟におけるメチル水銀への暴露:成人103人への神経学的検査 / 丸山公男他 注目記事

抄録 背景: 日本(1950年代の水俣及び1960年代の新潟)やイラク(1970年代)では、メチル水銀(MeHg)による大規模な中毒が起きた。WHOが現在定める成人の暴露に関する神経学的リスク基準(毛髪含有量50μg/g)の根拠の一部には新潟で得られたエビデンスも用いられているが、新潟のエビデンスでは、後に診断されたケース及び/あるいは低レベルのMeHg(毛髪含有量50μg/g未満)は考慮されていない。 方法: 新潟で水俣病が流行した初期の1965年6月に、2つの包括的調査が行われた。これら2つの調査から、我々は2つの医療機関で診療を受けた103人の成人の毛髪水銀…

更新日:2012-09-14 11:54:46 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

UNSCEAR報告2010年(9~10ページ) / 原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR) 注目記事

2. 生体機構に関する研究 27. 放射線被曝後の発癌の機序がわかれば、疫学データの解釈にも有益である。とりわけ、低線量及び低線量率におけるリスクを推定するために予測を下方に投影するために有用である。2000年以来、委員会(UNSCEAR)は、この領域の研究の展開を検討することにより大きな力を注いできた。 28. 長年にわたる発癌の研究から、一般に、発癌のプロセスは、体器官における一つの「幹様」細胞のDNAで一つないし複数の遺伝子が変化すること(突然変異)により始まるという証拠が蓄積されてきた。それ以後の癌の進展と悪性腫瘍の始まりは、多段階で…

更新日:2012-03-01 17:59:55 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリでツバメの形態異常が増加 / Møller, Mousseau, de Lope, and Saino 注目記事

チェルノブイリでツバメの形態異常が増加 A. P Møller, [1]* T. A Mousseau, [2] F de Lope, [3] and N Saino [4] [1] Laboratoire de Parasitologie Evolutive, CNRS UMR 7103, Université Pierre et Marie Curie, Bât. A, 7ème étage, 7 quai Street Bernard, Case 237, 75252 Paris Cedex 05, France [2] Department of Biological Sciences, University of South Carolina, Columbia, SC 29208, USA [3] Departamento de Biología Animal, Facultad de Ciencias, Universidad de Extremadura, Avda. Elvas s/n, 06071 Badajoz, Spain [4] Dipartimento di Bio…

更新日:2012-02-06 08:09:04 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
123