「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

kyo2018

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ホーム > 注目翻訳記事一覧

注目翻訳記事一覧

123

チェルノブイリ放射線と鳥類の種多様性および個体数(抄録) / A. P. Møller and T. A. Mousseau 注目記事

低線量の放射線が動物の個体数に与える影響についてはあまりわかっていない。また、生態系とその機能に対する影響もあまりわかっていない。チェルノブイリ事故による放射線が動物に与える影響をめぐって、最近、国連チェルノブイリ・フォーラムが出した結論も、マスメディアの報道も、チェルノブイリ事故後の立入禁止区域では、生態系は繁栄し、多くの珍種が見られるようになっているとの印象を与える。ところが、驚くべきことに、普通の動物について放射線の影響を検討できるような標準的な調査はなされていない。このため、放射線が生態系にどのような影響を与えてい…

更新日:2011-07-27 12:35:07 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

フクシマのメルトダウンはどんな影響を及ぼすのか? チェルノブイリとフクシマの比較 / マーク・セルダン&マシュー・ペニー 注目記事

2011年6月6日 2011年4月12日、日本政府は福島第一原発の事故の国際評価尺度を最も高いレベル7に引き上げると発表した。フクシマ以前のレベル7は4月26日で25周年を迎える1986年のチェルノブイリ原発事故のみである。複数の原子炉が損傷するという史上初の大災害が発生した3月11日から2カ月半が経過した現在も、東京電力と政府は福島第一原発の制御に苦戦を強いられている。現状をみると途方もなく楽観的としか思えないのだが、東電は半年から9カ月で問題を解決できるとの予測を打ちだしており、また、浜岡原発など危険性の非常に高い原発を閉鎖する計画も発表された。 …

更新日:2011-07-07 12:23:48 ozawa   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
123