「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

hanako

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

ホーム > 注目翻訳記事一覧

注目翻訳記事一覧

123

チェルノブイリでツバメの形態異常が増加 / Møller, Mousseau, de Lope, and Saino 注目記事

チェルノブイリでツバメの形態異常が増加 A. P Møller, [1]* T. A Mousseau, [2] F de Lope, [3] and N Saino [4] [1] Laboratoire de Parasitologie Evolutive, CNRS UMR 7103, Université Pierre et Marie Curie, Bât. A, 7ème étage, 7 quai Street Bernard, Case 237, 75252 Paris Cedex 05, France [2] Department of Biological Sciences, University of South Carolina, Columbia, SC 29208, USA [3] Departamento de Biología Animal, Facultad de Ciencias, Universidad de Extremadura, Avda. Elvas s/n, 06071 Badajoz, Spain [4] Dipartimento di Bio…

更新日:2012-02-06 08:09:04 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

子供にどのように電子書籍で学ばせるかを、親は「訓練」されなければならないかもしれない / クリス・メドウズ 注目記事

Telereadの創始者であるDavid Rothmanは、子どもに読書を促す教育方法の一部としての電子書籍の使い方について、面白い記事を書いている。彼は、親たちは電子媒体と紙媒体を組み合わせて使用するべきであり、紙媒体は子どもたちに興味を持たせるための「取っ掛かり」として、また電子書籍は紙媒体が手に入らない時や不適切なときに用いるよう提案している。彼はまた、電子書籍の開発者は、より効果的に学習できる電子書籍の使い方を研究すべきだと述べている。 子どもたちにとっての紙媒体の有効性というのは論点のほんの一部だ。子どもたちは就学前教育の一部として…

更新日:2012-03-24 10:22:44 takuma   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

日本の震災により日本の公衆衛生も失墜 / CMAJ NEWS(バーバラ・シバルドからのファイルとローレン・フォーゲル) 注目記事

"隠蔽工作の文化"と不十分なクリーンアップ活動が組み合わさって、昨年の福島第一原子力発電所の原子炉のメルトダウンの後9ヶ月たっても、日本人は"不当"な健康上のリスクにさらされていると、健康の専門家は述べている。 日本政府は、原発プラントが実質的に安定状態であると宣言しているが、一部の専門家は、政府が放射性降下物で汚染されていると認めているより、より広い地域から人々が避難することを呼びかけている。 彼らはまた、一般の人々のための国際的に承認された放射能暴露限度に戻すよう日本政府に呼びかけており、透明でタイムリーかつ包括的なコミュ…

更新日:2012-01-16 09:26:25 kyo   11   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

メキシコ最大の大学、出版物と教材のほとんどをオンライン公開へ / ポール・バイバ 注目記事

2011年11月14日 クロニクル・オブ・ハイアー・エデュケーション より。 メヒコ国立自由大学----UNAMと言った方がよく知られているが----は、実質上すべての出版物とデータベース、教材を、今後数年間で無料インターネット公開すると発表した。研究者の中には、中南米地域の他の大学も後に続くのではと考える人々もいる。 メキシコ最大の大学UNAMの当局は、「全UNAMオンライン化」と称するこのプログラムにより、UNAMのウェブページ350万は2倍から3倍になり、ラテンアメリカ最大になると述べている。 UNAMはまた、公共機関としての大学の社会的使命を果たすために…

更新日:2011-11-15 21:39:20 mabako   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ放射線と鳥類の種多様性および個体数(抄録) / A. P. Møller and T. A. Mousseau 注目記事

低線量の放射線が動物の個体数に与える影響についてはあまりわかっていない。また、生態系とその機能に対する影響もあまりわかっていない。チェルノブイリ事故による放射線が動物に与える影響をめぐって、最近、国連チェルノブイリ・フォーラムが出した結論も、マスメディアの報道も、チェルノブイリ事故後の立入禁止区域では、生態系は繁栄し、多くの珍種が見られるようになっているとの印象を与える。ところが、驚くべきことに、普通の動物について放射線の影響を検討できるような標準的な調査はなされていない。このため、放射線が生態系にどのような影響を与えてい…

更新日:2011-07-27 12:35:07 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

フクシマのメルトダウンはどんな影響を及ぼすのか? チェルノブイリとフクシマの比較 / マーク・セルダン&マシュー・ペニー 注目記事

2011年6月6日 2011年4月12日、日本政府は福島第一原発の事故の国際評価尺度を最も高いレベル7に引き上げると発表した。フクシマ以前のレベル7は4月26日で25周年を迎える1986年のチェルノブイリ原発事故のみである。複数の原子炉が損傷するという史上初の大災害が発生した3月11日から2カ月半が経過した現在も、東京電力と政府は福島第一原発の制御に苦戦を強いられている。現状をみると途方もなく楽観的としか思えないのだが、東電は半年から9カ月で問題を解決できるとの予測を打ちだしており、また、浜岡原発など危険性の非常に高い原発を閉鎖する計画も発表された。 …

更新日:2011-07-07 12:23:48 ozawa   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
123