「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

夫はイスラエルが作った分離壁に抗議して投獄された / マジュダ・アブ・ラフマ

2010年1月6日

2008年の世界人権デーに、私の夫アブダッラ・アブ・ラフマはベルリンで世界人権協会からメダルを授与されました。昨年の同じ12月10日、アブダッラは、午前2時に、西岸にある私たちの自宅に侵入してきたイスラエル軍兵士に拉致されました。アブダッラが逮捕されたのは、人権協会からメダルを授与されたのとまさに同じ理由、すなわち、イスラエル/パレスチナの正義と平等、平和を求める非暴力の闘いのためでした。

夫はパレスチナのビリン村出身で、学校の先生と農業を兼業しています。イスラエルがビリン村にアパルトヘイト・ウォールを建設したとき、ビリン村は半分以上が壁によって隔離されました。不法な入植地マッティチャフ・イーストの拡大を促すためです。それに対して、アブダッラは他の村人たちとともに、非暴力のレジスタンス運動を始めました。この5年間、金曜日ごとに私たちはイスラエル人および世界各地から来た支援者とともに行進し、私たちの土地と暮らしを盗んだことに抗議しました。

2007年9月、イスラエル最高裁は、ビリン村の壁のルートは不法であり、変更すべきであるとの裁定を下しました。それから2年以上経った現在も、壁はそのまま移動さえされていません。多くの人が意気消沈する中、アブダッラは人々に、この運動と国際的な支援により壁を撤去させることができると説得しました。

草の根の運動が育つにつれて、私たちの行動をやめさせようという圧力も強まりました。イスラエル軍は、抗議に参加する人々に向かって武器を使い、参加者を逮捕するよう命令を受けました。親愛なる友人バッセム・アブ・ラフマは、デモに参加しているとき、イスラエル軍兵士に話しかけようとして、兵士たちに殺されました。暴力的な夜襲で、77人が逮捕されました。

アブダッラの従兄弟、アディーブ・アブ・ラフマも逮捕された一人でした。アブダッラと同様、アディーブも欠かさずデモに参加し、非暴力を貫きました。9人の子を持つアディーブは現在まで5カ月にわたり投獄されており、いつ解放されるかわかりません。私たちの自宅を最初にイスラエル兵が襲撃して以来、7歳になる娘のルマは夜中に叫び声をあげて目を覚まし、5歳の娘ラヤンは夜、失禁するようになりました。9カ月の息子ライスは笑顔でけらけら笑いますが、父を呼ぶとき、私が涙にくれます。

元米国大統領ジミー・カーターや南アの反アパルトヘイト闘争を指導した一人デズモンド・ツツ大司教といった世界の主導的人物たちがビリン村を訪れました。昨年8月、彼らはバッセムの墓をアブダッラとともに訪問しました。ツツ氏は私たちに次のように語っています。「インドではガンジーという名の取るに足らない一人物が非暴力の闘いを成功させ、米国ではローザ・パークスやマーティン・ルーサー・キングのような普通の人々が市民権運動を率いたように、非暴力運動を率いているビリンの普通の村人が、人々に自由をもたらすでしょう」。

逮捕される前日の午後、アブダッラは世界人権協会で代読される予定の原稿を準備していました。ドイツの式典にアブダッラが参加することをイスラエルが禁じたためです。アブダッラは次のように書いています。

「今年の受賞者と喜びを分かち合い、皆さんとともにベルリンの壁崩壊20周年記念を祝うことができればと思います。けれども、イスラエルによる占領のために、私たちは国家の樹立や土地、そして人々の命が頻繁に奪われているだけでなく、多くの美しい瞬間に立ち会う機会も略奪されているのです」。

「私の母は8月、パレスチナの歴史的首都でありながら占領下に置かれた東エルサレムの病院で息を引き取りましたが、イスラエルの占領当局は私が母に会うことを認めませんでした。イスラエル人の友人が母の耳元に携帯電話を添えてくれたので、私は電話でさよならを言い、そしてこれまで私に注いでくれた愛情に感謝することができました。占領が私たちに科す数々の困難と闇の中で、世界中で正義を求める皆さんのような人々に力づけられます」。

「私たちはイスラエルのように核兵器を持ってもいませんし、武器もありません。けれども、それらを欲しいとも思わなければ必要でもありません。皆さんの支援と私たちの大義により、イスラエルのアパルトヘイト・ウォールを崩壊させましょう」。

アブダッラが家から軍事刑務所に連れていかれてから12時間後に、私は、オバマ米国大統領がノーベル平和賞を受賞し、「正義を求める中で投獄され殴打された世界中の男女」について話すのを聞きました。私はバッセムとアディーブ、そして夫のことを思い、自由を求める私たちの闘いを支援する行動をオバマ大統領が起こすだろうかと考えたのです。

[訳注:boycottilに関連する情報があります。占領のもとで暮らすことがどのようなことかについては『占領ノート 一ユダヤ人が見たパレスチナの生活』(現代企画室)をお読みください。]

 
PDF
更新日:2010-01-17 12:11:57 kmasuoka 2  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.zcommunications.org/znet/viewArticle/23565 サイトが翻訳推奨
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

kmasuoka さんの翻訳記事

コロンビア北部で人道的避難所が設立される

コロンビア北部のエル・バグレ市で、小作農民たちが、引き続く準軍組織の暴力に対応するため、人道的避難所を作った。コロンビア市区のおよそ4分の1に及ぶ地域で活動している準軍組織グ…2016-07-06 15:53:31

停戦合意によりコロンビア内戦が終わりを告げる

本日、2016年6月23日木曜日、サントス大統領はハバナを訪れ、コロンビア政府とFARC-EPとの間の双方向の決定的な停戦を確実なものとする合意に署名する見通しである。1964年以…2016-07-06 15:50:49

メデジンで、人権活動家が殺された。

メデジンで、人権活動家が殺された。ラモン・エデュアルド・アセベド・ロハスは、6月6日、市の中心部で、暗殺者に射殺された。暗殺者は警察に逮捕された。 ラモンは、メデジン市の「平…2016-07-06 15:47:52

著名な野党指導者に対するさらなる暗殺未遂

2016年5月9日(月) コロンビア発ニュース 5月6日金曜日、左派政党「愛国同盟」の指導者の一人イメルダ・ダサの命が狙われた。カルタヘナで開催された会合で、イメルダ、およびセサル州…2016-05-17 13:28:44