「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

コパススに対する米軍の支援や協力に反対する請願に署名を / ETAN

コパススに対する米軍の支援や協力に反対する請願に署名をお願いします[訳注:署名は終わっています]。

http://www.gopetition.com/online/29600.html

米国の諸団体は、悪名高いインドネシア軍コパスス特殊部隊を米国が訓練することに反対している。

連絡先:ジョン・M・ミラー、ETAN

7月23日。米国の団体50以上が、今日、米国政府に対し、「インドネシア軍特殊部隊(コパスス)との協力あるいはそれへの援助を厳密に禁止する」よう求める手紙を、オバマ大統領、ヒラリー・クリントン国務長官および議員に送った。この手紙は東ティモール・インドネシア行動ネットワーク(ETAN)が取りまとめたものである。

「インドネシアの民主化と人権を支援するために、インドネシアに対する米国の軍事支援を制限する必要がある。民間人にテロを加えてきた長い歴史を持つコパススを支援することは、インドネシアと東ティモールで正義と責任追求のために活動している人々に最悪のメッセージを送ることになる」とETANの全国コーディネーター、ジョン・M・ミラーは言う。

人権団体や宗教団体、平和団体などの諸団体が署名したこの手紙は、次のように言う。「コパススが行った人権侵害と犯罪、インドネシア法廷での責任逃れの歴史は数十年に及び、また東ティモールやアチェ、西パプアをはじめ様々な地域での人権犯罪をはじめとする諸犯罪に及ぶ」。

最近発表されたヒュマンライツ・ウォッチの報告書は、コパススの兵士達が「パプア人を法の許可なしに逮捕し、軍のバラックに連れ込んで殴り虐待した」ことを裏付けている。

2008年、ブッシュ政権は米国によるコパススへの訓練再会を提案した。伝えられるところによると、国務省の法制局は、人権侵害に関与した過去を持つ軍部隊への訓練提供を禁止する、いわゆるリーヒー法は、コパスス全体に適用されると判断したという。

「前政権は、コパススへの訓練提供は不法かつ不得策な政策だと結論せざるを得なかった。オバマ政権もこの制約を維持するべきである」とミラーは言う。

以下に手紙本文を掲載する。署名団体すべての一覧と手紙は、http://www.etan.org/news/2009/07kopassus.htmにある。

 

手紙本文

私たち、以下に署名した団体は、米国がインドネシア軍特殊部隊(コパスス)と協力したりそれを支援することを厳密に禁ずるよう米国政府に求めます。コパススは、インドネシア軍の中でもとりわけ、最もひどい人権侵害を犯したとしてインドネシアの人々から非難されている部隊です。米国国務省の年次人権報告、東ティモール(ティモール・レステ)真実委員会(CAVR)、国連人権監視団、インドネシアおよび国際的な人権団体のすべてが、詳細に、コパススが犯した多くの犯罪を詳細に報じています。これらの人権侵害を犯した者たちは、民主化が進むインドネシアにおいてさえ、その行為に対して処罰されていません。

コパススが行った人権侵害と犯罪、インドネシア法廷での責任逃れの歴史は数十年に及び、また東ティモールやアチェ、西パプアをはじめ様々な地域での人権犯罪をはじめとする諸犯罪に及ぶものです。1998年には、当時のコパスス司令官プラボウォ・スビアント将軍(最近の副大統領候補でもある)が組織し率いた計画の中で、民主化活動家たちを拉致し、拷問を加え、殺害しました。プラボウォは記者団に対し、「あれは予防的拘禁だったと言える」と述べ、その犯罪については後悔などしていないと語っています。他にも、1998年ジャカルタで反中国人暴動を組織したこと、1984年にジャワのタンジュン・プリオクで虐殺を行ったことなどが、コパススの犯罪として記録に残されています。

インドネシアが東ティモールを残忍な手段で占領していた24年の間、コパススの兵士たちは民間人に拷問を加えて殺害し、東ティモールの人々を脅して恐怖に陥れようとしました。東ティモール不法占領の最後の年となった1999年には、手先の民兵を組織することも含め、東ティモールの暴力と破壊に中心的な役割を果たしたのがコパススでした。

コパススの犯罪は過去のものに限られません。最近発表されたヒューマンライツ・ウォッチの報告書では、西パプアでコパススが人権侵害を続けていることが詳述されています。報告書は、コパススの兵士達が「パプア人を法の許可なしに逮捕し、軍のバラックに連れ込んで殴り虐待した」ことを裏付けています。

コパススへの関与を望む人々は、米国が訓練すればコパススの改革が進むと言い張ります。歴史がこの議論を完全に反駁しています。何十年も、米国は、プラボウォ将軍をはじめとする主だった士官を含め、コパススの兵士たちを訓練し、また他の支援も提供してきました。この関係はコパススを改善するどころか、コパススが弾圧に使うための装備と技術を提供したのです。

米国の法律は、人権侵害に関与した過去を持つ軍部隊への訓練を禁止しています。この規定はこれまでずっと、できる限り狭く解釈されてきました。しかしながら、2008年、国務相は、リーヒー法として知られるこの禁止規定はコパスス全体に適用されると裁定しました。この裁定を適用すべきであり、米国はコパススに対する訓練を拒否し続けるべきだと私たちは考えます。



PDF
更新日:2009-07-24 21:18:50 kmasuoka 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
公開ノート

署名できるのはアメリカの団体のみですので、ご注意を。この翻訳は、署名の要請としてではなく、情報として訳したものです。

[ 原文 ] http://www.etan.org/news/2009/07kopassus.htm 翻訳許諾取得。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

kmasuoka さんの翻訳記事

コロンビア北部で人道的避難所が設立される

コロンビア北部のエル・バグレ市で、小作農民たちが、引き続く準軍組織の暴力に対応するため、人道的避難所を作った。コロンビア市区のおよそ4分の1に及ぶ地域で活動している準軍組織グ…2016-07-06 15:53:31

停戦合意によりコロンビア内戦が終わりを告げる

本日、2016年6月23日木曜日、サントス大統領はハバナを訪れ、コロンビア政府とFARC-EPとの間の双方向の決定的な停戦を確実なものとする合意に署名する見通しである。1964年以…2016-07-06 15:50:49

メデジンで、人権活動家が殺された。

メデジンで、人権活動家が殺された。ラモン・エデュアルド・アセベド・ロハスは、6月6日、市の中心部で、暗殺者に射殺された。暗殺者は警察に逮捕された。 ラモンは、メデジン市の「平…2016-07-06 15:47:52

著名な野党指導者に対するさらなる暗殺未遂

2016年5月9日(月) コロンビア発ニュース 5月6日金曜日、左派政党「愛国同盟」の指導者の一人イメルダ・ダサの命が狙われた。カルタヘナで開催された会合で、イメルダ、およびセサル州…2016-05-17 13:28:44