「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

ホーム新着翻訳記事一覧 > 新着翻訳記事

新着翻訳記事

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLabをインストールする『AWS AMI』

  • AMIでは各バージョンのGitLabを導入することができます。AMIのコミュニティから、「GitLab EE X.Y」「GitLab CE X.Y」( X.Y は、バージョン番号)と検索してください。
  • c4.largeインスタンス と largerインスタンスの立ち上げの際には、開放ポート:SSH (TCP 22), HTTP (TCP 80), HTTPS (TCP 443)が使用可能です。 
  • Elastic IPアドレスの割り当てに対応。ネットワークに公開してアクセスすることができます。
  • 設置したGitLabは、IPアドレスかDNSを使用したHTTP接続で閲覧できます。閲覧の際には、rootユーザーパスワードの入力を求められます。
  • ログインにはrootユーザーであることが求められます。無ければアカウントを作りましょう。AWSで GitLabを利用するには必要です。

 

  • 設定を変更する際に押さえておきたい項目:
    • インスタンスには、ubuntuユーザーとしてSSH接続する
    • GitLabの設定編集は、「/etc/gitlab/gitlab.rb」ファイルにすること。
    • また、コマンド「sudo gitlab-ctl reconfigure」で、設定を変更することができる。
 

 

 
PDF
更新日:2018-02-03 18:07:19 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] https://about.gitlab.com/aws/ Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

【GitLab 公式 を訳してみた】 .gitlab-ci.yml 設定メニュー

 (訳者より: Qiitaにてynott様が公開されたバージョン もありますよ。向こうのほうが先輩です)  目次: > .gitlab-ci.yml とは  > image と services  > before_scr…2018-02-18 23:08:02

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CI/CD の使い方

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI/CD の使い方 注: GitLab バージョン 8.0から、 GitLab 継続的インテグレーション (CI)機能が登…2018-02-18 22:59:06

【GitLab 公式 を訳してみた】job artifacts の概要

GitLab Documentation > User documentation > Projects > job artigacts の概要 注: この機能は、GitLab 8.2 並びに GitLab Runner 0.7.0以降から導入されたものです。G…2018-02-14 23:24:21

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CI で Git submodules を使う

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI で Git submodules を使う 注: この機能は、新しい CI job の権限モデル として、GitLab 8.12に…2018-02-12 23:54:13