「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CE版をインストールする『Opensuse 42.2, 42.3, SUSE Linux Enterprise Server』

  1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す

  OpenSUSE 42.2 あるいは 42.3で、次のコマンドを発令してください。
 このコマンドでHTTPが開き、システムのファイアウォール内でSSHアクセスが実行されます。

======================
sudo zypper install curl openssh

sudo systemctl enable sshd

sudo systemctl start sshd

sudo yast2 firewall services add tcpport=80,443,22,25,465,587 udpport=80,443,22,25,465,587 zone=EXT

sudo rcSuSEfirewall2 restart
======================

  次に、GitLabからの通知メールを届けるために、Postfixをインストールします。
 ※通知メールに、他のツールを使いたい場合は、この段階を省略して、外部SMTPサーバーの設定に移行してください。

======================
sudo zypper install postfix
======================

  Postfixをインストールしている間に、設定画面が表示されるはずです。そこで 'Internet Site' を選択して、enterを押してください。
 「mail name」には、お使いのサーバーの外部DNSを入力します。
 ここでまた別の画面が表示されることがありますが、そのままenterを押してしまって構いません。

 

  2. GitLab パッケージ・レポジトリ を追加してから、パッケージをインストールする

  GitLab パッケージ・レポジトリ を導入します。

============================================
curl -sS https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ce/script.rpm.sh | sudo bash
============================================

  次に、GitLab パッケージをインストールします。
 最初は「http://gitlab.example.com」というURLが、GitLabインスタンスにアクセスできるように設定されています。このアドレスは皆さんがアクセスしやすいものに変更してください。
 このURLをインストール時点で変更しておくと、あとは機械側が自動的に適用し、すぐさまGitLabのアクセス用URLとして使うことができるようになります。
 HTTPSについては、インストールが終わった後に、追加で設定が必要です。

============================================
sudo EXTERNAL_URL="http://gitlab.example.com" zypper install gitlab-ce
============================================

 

  3. ホスト名を確認し、ログインする

 初回アクセス時に、パスワードをリセットする画面へリダイレクトが発生するはずです。
 ここで最初の管理者アカウント用のパスワードを作成します。設定が完了すると、今度はログイン画面にリダイレクトされます。
 デフォルトの管理者アカウント名は、「root」となっております。

 インストールとそれに伴う設定の方法については、こちらの説明書に詳しく記載されています。

 

 4. GitLab運営と連絡をとりあうための設定

 GitLab開発チームとemailで連絡をとりたい方は、こちらのemail購読受付センターにて、必要事項を記入のうえ、送信してください。
 「Subscriptions」という項目では、開発チームから送られてくる連絡の種類をお選びいただけます。
 

 ご登録いただくと、月に2回、GitLabからニュースレターが送られてくるようになります。
 新しい機能、機能の変更・統合の情報、説明書、開発チームの裏話など、選択に応じて様々なコンテンツを受信いただけます。

 システムのパフォーマンスに関わる情報や、バグ関連の情報、重大なセキュリティアップデートについての情報も配信されますので、ぜひご登録下さい。
 登録の際には最低限、「Security Alerts:」へのチェックをお忘れなく。
 

 重要事項:「Security Alerts:」へのチェックがなかった場合、セキュリティ関連の情報は一切受け取れません。

  Troubleshooting Manual installationCE or EE

PDF
更新日:2018-01-27 00:06:08 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] https://about.gitlab.com/installation/#opensuse-42-2-and-42-3 Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

【GitLab 公式 を訳してみた】 .gitlab-ci.yml 設定メニュー

 (訳者より: Qiitaにてynott様が公開されたバージョン もありますよ。向こうのほうが先輩です)  目次: > .gitlab-ci.yml とは  > image と services  > before_scr…2018-02-18 23:08:02

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CI/CD の使い方

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI/CD の使い方 注: GitLab バージョン 8.0から、 GitLab 継続的インテグレーション (CI)機能が登…2018-02-18 22:59:06

【GitLab 公式 を訳してみた】job artifacts の概要

GitLab Documentation > User documentation > Projects > job artigacts の概要 注: この機能は、GitLab 8.2 並びに GitLab Runner 0.7.0以降から導入されたものです。G…2018-02-14 23:24:21

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CI で Git submodules を使う

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI で Git submodules を使う 注: この機能は、新しい CI job の権限モデル として、GitLab 8.12に…2018-02-12 23:54:13