「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

Configuring GitLab Runnersより抜粋『特定のランナーのトークンを取得する』『タグを使う』『タグが付いていないjobのみを実行する』

  特定のランナーのトークンを取得する

 GitLabのインスタンスから、権限の認証を通過せずに、特定ランナーのトークンを作成するには、

  1. プロジェクトの「Settings ➔ CI/CD」に移動
  2. ランナーを登録する

 

  タグを使う

  実際、プロジェクトでランナーをまともに使っていこうと考えると、ランナーは様々なタイプのjobに対応できなくてはなりません。

 同時に、jobが増えれば増えるほど、作業が非効率化していくことは免れません。そこで活用するのが、tagです。

   ランナーにタグをつけることで、実行するjobに分類を設けることができます。
 これにより、jobを必要なだけものだけに絞って実施することが可能になります。中でも大量のjobを設定している、共有ランナーなどの場合は、より大幅な削減が期待できるでしょう。
 

  たとえば、GitLabランナーでRailsのテストが実施できるようなコードをそろえてあった状態なら、ランナーに"rails"タグを設けるだけで適切なテストが行われるようになります。

 

  タグが付いていないjobのみを実行する

  先ほど、「タグがついているjobだけを実施できる」と述べましたが、その逆はできないのかと気になったと思います。これからその設定方法をお教えしますね。

 この設定は、ランナーを登録する際にも受け付けられますし、あとから各ランナーの設定画面からも変更できます。

  タグ付き/タグなし jobを抜き出して実行させる方法:

  1.  プロジェクトの「Settings ➔ CI/CD」に移動
  2.  設定を加えたいランナーを選択して、稼働を許可する
  3.  鉛筆マークをクリックする
  4.  「Run untagged jobs」という選択肢にチェックを入れる
  5.  「Save changes」をクリックして変更を適用
PDF
更新日:2018-01-23 22:50:30 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
公開ノート

『特定のランナーのトークンを取得する』については、同じページの「https://docs.gitlab.com/ce/ci/runners/#registering-a-specific-runner-with-a-project-registration-token」が出典です。

[ 原文 ] https://docs.gitlab.com/ce/ci/runners/#using-tags 原文ページプロジェクト並びにドキュメントファイルは、MIT Licenseのもと公開されています。(URL:https://gitlab.com/gitlab-com/gitlab-docs/blob/master/LICENSE) この記事の文章は、訳者の判断によりCreative Commons BY (version 3.0) を適用するものとします。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

【GitLab 公式 を訳してみた】 .gitlab-ci.yml 設定メニュー

 (訳者より: Qiitaにてynott様が公開されたバージョン もありますよ。向こうのほうが先輩です)  目次: > .gitlab-ci.yml とは  > image と services  > before_scr…2018-02-18 23:08:02

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CI/CD の使い方

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI/CD の使い方 注: GitLab バージョン 8.0から、 GitLab 継続的インテグレーション (CI)機能が登…2018-02-18 22:59:06

【GitLab 公式 を訳してみた】job artifacts の概要

GitLab Documentation > User documentation > Projects > job artigacts の概要 注: この機能は、GitLab 8.2 並びに GitLab Runner 0.7.0以降から導入されたものです。G…2018-02-14 23:24:21

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CI で Git submodules を使う

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI で Git submodules を使う 注: この機能は、新しい CI job の権限モデル として、GitLab 8.12に…2018-02-12 23:54:13