「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

hanako

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab RunnerをFreeBSDにインストールする

  GitLab Runner>GitLab Runnerをインストールする>FreeBSDにインストールする

 注:FreeBSDでは、現在”開発最先端”とされているリリースを利用することも可能です。
 GitLab Runnerについて、皆さんからよくお寄せいただいている質問は、こちらのFAQに掲載されています。

 重要: GitLab Runner 10未満のバージョンを「使っている」、あるいは「アップグレードしたい」方の場合は、この先の章の『新しいバージョンにアップグレードする方法』をご覧ください。
 どうしてもバージョン10未満のGitLab Runnerをお使いになりたい場合は、こちらの旧バージョンをインストールする方法を記した説明書を参考に、インストール作業を進めてください。

 

  

  FreeBSDでのGitLab Runnerをインストールと、適切な設定方法について順番に説明します。

  1.以下のコマンドで「gitlab-runner」グループを作成します。

======================
sudo pw group add -n gitlab-runner
sudo pw user add -n gitlab-runner -g gitlab-runner -s /usr/local/bin/bash
sudo mkdir /home/gitlab-runner
sudo chown gitlab-runner:gitlab-runner /home/gitlab-runner

======================

  2.システムにバイナリをダウンロードします。

============================================
# amd64の場合
sudo fetch -o /usr/local/bin/gitlab-runner https://gitlab-runner-downloads.s3.amazonaws.com/latest/binaries/gitlab-runner-freebsd-amd64

# i386の場合
sudo fetch -o /usr/local/bin/gitlab-runner https://gitlab-runner-downloads.s3.amazonaws.com/latest/binaries/gitlab-runner-freebsd-386

============================================

   バイナリをダウンロードすると、現在”開発最先端”とされている「タグリリース」というバージョンを取得することができます。

  3.ダウンロードしたファイルに実行権を持たせます。

======================
sudo chmod +x /usr/local/bin/gitlab-runner
======================

  4.空のログファイルを作成して、実行権を正しく与えます。

============================================
sudo touch /var/log/gitlab_runner.log && sudo chown gitlab-runner:gitlab-runner /var/log/gitlab_runner.log
============================================

  5.「rc.d」ディレクトリを作成します。(FreeBSDの場合、このファイルは最初から付属してるわけではありません。)

======================
mkdir -p /usr/local/etc/rc.d
======================

  6.「rc.d」スクリプトを作成します。

============================================
sudo bash -c 'cat > /usr/local/etc/rc.d/gitlab_runner' << "EOF"
#!/bin/sh
# PROVIDE: gitlab_runner
# REQUIRE: DAEMON NETWORKING
# BEFORE:
# KEYWORD:


. /etc/rc.subr

name="gitlab_runner"
rcvar="gitlab_runner_enable"

load_rc_config $name

user="gitlab-runner"
user_home="/home/gitlab-runner"
command="/usr/local/bin/gitlab-runner run"
pidfile="/var/run/${name}.pid"

start_cmd="gitlab_runner_start"
stop_cmd="gitlab_runner_stop"
status_cmd="gitlab_runner_status"

gitlab_runner_start()
{
  export USER=${user}
  export HOME=${user_home}
  if checkyesno ${rcvar}; then
    cd ${user_home}
    /usr/sbin/daemon -u ${user} -p ${pidfile} ${command} > /var/log/gitlab_runner.log 2>&1

  fi
}

gitlab_runner_stop()
{
  if
[ -f ${pidfile} ]; then
   kill `cat ${pidfile}`

  fi
}


gitlab_runner_status()
{
  if [
!-f ${pidfile} ] || kill -0 `cat ${pidfile}`; then
   echo "Service ${name} is not running."
  else
   echo "${name} appears to be running."
  fi
}

run_rc_command $1
EOF
============================================

  7.このファイルに実行権を与えます。

======================
sudo chmod +x /usr/local/etc/rc.d/gitlab_runner
======================

  8.ランナーを登録する

  9.「gitlab-runner」サービスの実行を許可し、サービスを開始します。


======================
sudo sysrc -f /etc/rc.conf "gitlab_runner_enable=YES"
sudo service gitlab_runner start
======================

  一度閉じた「gitlab-runner」を、次回使用する時にいちいち実行許可を出したくない場合は、次のコマンドを使ってください。

======================
sudo service gitlab_runner onestart ======================


 

  GitLab Runner 10にアップグレードする

  GitLab Runnerを10.0以上のバージョンにアップグレードする手順です。

  1.ランナーを停止します。

======================
sudo service gitlab_runner stop
======================

  2.いざという時に備えて、以前のバージョンのランナーを保存しておくこともできますが、この操作は必ずしも行わなくてはならないものではありません。

============================================
sudo mv /usr/local/bin/gitlab-ci-multi-runner{,.$(/usr/local/bin/gitlab-ci-multi-runner --version| grep Version | cut -d ':' -f 2 | sed 's/ //g')}
============================================

  3.新しいランナーをダウンロードして、実行権を与えます。

============================================
# amd64の場合
sudo fetch -o /usr/local/bin/gitlab-runner https://gitlab-runner-downloads.s3.amazonaws.com/latest/binaries/gitlab-runner-freebsd-amd64

# i386の場合
sudo fetch -o /usr/local/bin/gitlab-runner https://gitlab-runner-downloads.s3.amazonaws.com/latest/binaries/gitlab-runner-freebsd-386

sudo chmod +x /usr/local/bin/gitlab-runner
============================================

  4.「/usr/local/etc/rc.d/gitlab_runner」に変更をかけます。

======================
command="/usr/local/bin/gitlab-ci-multi-runner run"
======================

 を、以下の通りに変更します。

======================
command="/usr/local/bin/gitlab-runner run"
======================

  5.ランナーを開始。

======================
sudo service gitlab_runner start
======================

  6. 新しく導入したランナーが正しく動作するようでしたら、前のバージョンのバイナリは削除しても問題ありません。

======================
sudo rm /usr/local/bin/gitlab-ci-multi-runner.*
======================

 

 Edit this page

 最終更新日 2017-10-09

 

 
PDF
更新日:2017-12-13 17:21:41 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] https://docs.gitlab.com/runner/install/freebsd.html 原文ページプロジェクト並びにドキュメントファイルは、MIT Licenseのもと公開されています。(URL:https://gitlab.com/gitlab-com/gitlab-docs/blob/master/LICENSE) この記事の文章は、訳者の判断によりCreative Commons BY (version 3.0) を適用するものとします。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab RunnerをFreeBSDにインストールする

GitLab Runner > GitLab Runnerをインストールする >FreeBSDにインストールする 注: FreeBSDでは、現在 ”開発最先端”とされているリリース を利用することも可能です。  GitLab …2017-12-13 17:21:41

GitLab CI にプッシュしたものを GitHubに出力する | from: Leow Kah Man - Tech Blog

 今僕は、GitLabでウェブサイトを公開するためにGitLab CIランナーを使っています。でも、今度はそれをGitHub pagesでも公開できるようにしてみたい。  もしも、ネットのコンテンツを…2017-12-11 23:59:39

僕がHugo静的サイト・ジェネレータをGitLabで使うときにしたCI設定 | from Leow Kah Man - Tech Blog

 週末にかけて、GitHubに構えていた私のブログをGitLabに移転しました。GitLabだとCIビルドが自動的にできるところが便利です。  僕はGitLabのレポジトリにNodeJS Dockerイメージを構…2017-12-11 23:58:18

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab Runnerをインストールする

GitLab Runner > GitLab Runnerをインストールする  GitLab Runnerは、GNU/Linux、 macOS、 FreeBSD、 Windowsでインストールと使用することが可能です。  インストールには3つ…2017-12-06 17:57:33