「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

【GitLab Pages 公式 を訳してみた】GitLab Pages のこと全部教えます!① / Marcia Ramos

 GitLab DocumentationUser documentationProjectsGitLab Pages 説明書>GitLab Pages のこと全部教えます!①


 

 記事の 種類: 取扱説明書 || 対象: 初心者 || 作者: Marcia Ramos || 投稿日: 2017/02/22

 目次
 

  GitLab Pagesでウェブサイトをアップしてみたい!でも、やり方がよくわからない…という人のために、初心者向けガイドをつくりました。

  全4回のシリーズです。
 一番最初のこの記事は、この先の回に書かれている内容について理解を深められるよう、
 「静的ウェブサイトとは何か」「デフォルトのドメイン設定」をテーマに、簡単な用語解説を行います。

  2回目は「GitLab Pagesの作り方(既存のプロジェクトからフォークすることで作成する方法/自分で1から作成する方法)」

  3回目は「カスタムドメインの設定」「サブドメインの設定」

  4回目は「GitLab CI を作成し、工夫すること」をテーマに解説していきます。

  GitLab CE (Community Edition)、GitLab EE (Enterprise Edition)をご利用の方は、管理者ドキュメントを読んでください。同じ内容のビデオチュートリアルも用意されています。

  なお、このガイダンスは、皆さんがすでに GitLab Pagesをサーバーにアップロードしていることを前提に進めてまいります。


 

  まず始める前に


 

  静的ウェブサイト

  GitLab Pages が唯一対応しているウェブサイトです。
 定義としては、HTML、CSS、JavaScriptのみで構成されているウェブサイトとします。
 

  HTML、CSS、JavaScript、この3つの言語だけで制作される分には、作成の手順はこれといって問いません。
 これらの言語の全てを手打ちで記述しても構いませんし、静的サイト・ジェネレータ(SSG)を用いて、コード記述をある程度自動化しても構いません。
 我々としては、手打ちよりも静的サイト・ジェネレータを利用する手段の方が効率的で、間違いが少ないことから推奨しています。
 

  関連記事


 GitLab Pagesのドメイン

  GitLab Pages プロジェクトをGitLab.comに立ち上げると、自動的に「namespace.pages.io」というサブドメインが与えられます。この「namespace」の部分にはあなたの「GitLab.comユーザ名」、あるいはプロジェクトにグループ名を持たせてからサイトを立ち上げたときには「プロジェクトのグループ名」が入れられることを覚えておいてください。

  注:独自ドメインを使用する時にも、「sysadmin」からページのワイルドカード・ドメインを確認してください。どのようなドメインを使用していたとしても、ワイルドカード・ドメインは「*.gitlab.io」として登録することができます。

 

  例で見る「デフォルトのドメイン設定」

  プロジェクト・ウェブサイト

  • ユーザ名が「john」が、「blog」という名前のサイトを開設するとします。すると、そのプロジェクトのURLは「https://gitlab.com/john/blog/」です。しかし、いざウェブサイトとして公開したときのURLは「https://john.gitlab.io/blog/」になります。
  • あなたが所有するサイト・プロジェクト全般を「websites」というグループ名でくくることになったとします。その中で「blog」というサイトを1つ作るとするなら、プロジェクトのURLは「https://gitlab.com/websites/blog/」です。公開したときのURLは「https://websites.gitlab.io/blog/」になります。


 ユーザー、あるいはグループのウェブサイト

  • ユーザ名「john」が、「john.gitlab.io」というプロジェクトを立ち上げたとします。このときプロジェクトのURLは「https://gitlab.com/john/john.gitlab.io」、公開したときのURLは「https://john.gitlab.io」になります。
  • websites」というグループで、「websites.gitlab.io」というサイトを作るとします。プロジェクトのURLは「https://gitlab.com/websites/websites.gitlab.io」、公開したときのURLは「https://websites.gitlab.io」になります。


 注:GitLab Pages は、サブグループの作成に対応しておりません。ウェブサイトに関しては、単一レベルのプロジェクト・グループを作成するのみとなります。
 

  一般例:

 

  • 「GitLab.com」のプロジェクトのURLは「https://namespace.gitlab.io/project-name
  • 「GitLab.com」のユーザー、あるいはグループサイトは「https://namespace.gitlab.io/
  • GitLab Pagesプロジェクトを立ち上げた当初には、「gitlab.io」がページのサーバードメインとして与えられるが、これは変更できる。詳しくはプロジェクトのsysadminを参照すること。

  →GitLab Pages のこと全部教えます!② 「GitLab Pagesの作り方」

 

 
PDF
更新日:2017-09-23 11:17:34 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] https://docs.gitlab.com/ee/user/project/pages/getting_started_part_one.html 原文ページプロジェクト並びにドキュメントファイルは、MIT Licenseのもと公開されています。(URL:https://gitlab.com/gitlab-com/gitlab-docs/blob/master/LICENSE) この記事の文章は、訳者の判断によりCreative Commons BY (version 3.0) を適用するものとします。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

【GitLab Pages 公式 を訳してみた】GitLab Pages 説明書 

GitLab Documentation > User documentation > Projects >GitLab Pages 説明書  GitLabには「GitLab Pages」という機能があります。  GitLab…2017-09-23 12:10:55

SSGを知る②:最近の静的サイト・ジェネレータ事情 | from about GitLab.com

 引き続き、静的サイト・ジェネレータ特集です。  前回は、「静的サイトとは何か」というような内容で終わってしまいましたが、いよいよ本題です。  静的サイト・ジェネレータって…2017-09-23 11:58:35

SSGを知る①:静的 vs 動的 ウェブサイト | about GitLab.com

 ウェブサイトは静的なものと、動的なもの2つに分かれますが、それらにはどのような違いがあって、どのような長所があるのでしょう。  GitLab Pagesで扱えるのはどっちだろう?  静…2017-09-23 11:23:00

【GitLab Pages 公式 を訳してみた】GitLab Pages のこと全部教えます!①

GitLab Documentation > User documentation > Projects > GitLab Pages 説明書 >GitLab Pages のこと全部教えます!① 記事の 種類 : 取扱説明書 || 対象 : 初心者 || …2017-09-23 11:17:34