「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

オープンソースとは | from Opensource.com

  「オープンソース」とは一般に、何かの設計や作り方などが公式に開示されており、誰でも修正と共有が可能になっている状態のことを言う。

  この言い回しは、もともとコンピュータープログラムを創作していく上で発生した、特定のソフトウェア開発形態・手法のことを指していた。
 今日では「オープンソース」にも様々な価値観が生まれており、主に「オープンソースな姿勢」(" the open source way")という意味で、この言葉が使われるようになってきている。
 オープンソースなプロジェクト、プロダクツ、イニシアチブなどの組織は、組織内部を極力まで開示する姿勢を貫き、共同参加、高速試作を行うこと、透過性の確保、実力の評価、開発志向のコミュニティになることなどを目標に活動する。

 

  オープンソースソフトウェアとは

  オープンソース・ソフトウェアとは、ソースコードが誰にでも閲覧可能な状態になっており、誰もがその内容を確認、修正、改良することを許可されているソフトウェアのことである。

  「ソースコード」とは、ソフトウェアの中でも、ほとんどのユーザーが目にしない部分の1つだ。通常なら、その部分に触れられるのは、一部のコンピュータープログラマだけで、彼らによって「プログラム」や「アプリケーション」が作り出されていく。
 この際のプログラマというのは、ソースコードにアクセスすることができて、機能を追加したり、修正を入れるなど、プログラムに何かしらの変更を加えられる人物のことを指している。

  それでは、オープンソースソフトウェアとそうでないソフトウェアの違いとは何なのか。
 

  たとえば、ソフトウェアのソースコードが、たった1人の人物、あるいはチーム、企業などによってのみアクセス可能で、維持管理や変更改良などを排他的に行っていく場合がある。このような状態のソフトウェアのことを「プロプライエタリ」や「クローズドソース」という。

  プロプライエタリ・ソフトウェアの場合、複製、監査、改変を許可なく合法的に行えるのは、原作者のみとなっている。それ以外の人物がプロプライエタリ・ソフトウェアを使用する場合には、原作者の許可が必要である。この種類のソフトウェアは、初回利用時にライセンスが表示されることが多い。
 プロプライエタリ・ソフトウェアで有名なものに、「Microsoft Office」や「Adobe Photoshop」などが挙げられる。
 

  オープンソースソフトウェアの場合、作者がソースコードを公開しており、他の人物に対して、ソースコードの閲覧、複製、学習、改変、共有を許可している。
 オープンソースソフトウェアとして有名なものには、「LibreOffice」や「GNU Image Manipulation Program(GIMP)」などがある。

  それぞれのオープンソースソフトウェアにはライセンスが付与されており、ソフトウェアを利用する際にはそのライセンスの条件に従わなくてはならない。
 しかし、オープンソース・ライセンスとプロプライエタリ・ライセンスには、法的な面で決定的な違いがある。

  オープンソースライセンスは、利用者に対して使用、学習、修正、配布のルールを指定したもので、その条項さえ順守すれば、ユーザーがどのような目的でソフトウェアを使用しても、概して構わないとされている。

 ライセンスによって規定は様々である。
 たとえば、よく「コピーレフトな」ライセンスと呼ばれるものにおいては、ソースコードを変更することを誰にでも許可しており、ソースコードを世に広めるときには、プログラムのどこか見やすいところに、もとにしたり、参考にしたソースコードを明記することが求められている場合が多い。
 さらに厳密なライセンスになると、利用者によるプログラムの改変や共有、配布は自由だが、その際に金銭を要求することやライセンス料を徴収することを禁じているものもある。
 

  ユーザーに改変を許可しているオープンソースソフトウェア・ライセンスの特性上、コラボレーションや共有などをより素早く行える利点があり、あるオープンソースソフトウェアに少々手を加えたものを、自らのプロジェクトに導入するという使い方が目立つ。
 そのようにして作られたソフトウェアが、制作者の手によって、同じようにソースコードを開示されたうえで、修正、変更を許可される事例も多数あり、それらが今日のオープンソースソフトウェアの発展に寄与していることは言うまでもない。

 

  これからのコンピュータープログラム界の重要な役割を担うのは、オープンソースソフトウェアだけなのか

  そうと聞かれれば、いいえと答える。
 オープンソース技術は、オープンソースな考え方を支持するプログラマたちにとってのみ有益なのであり、そうでない人もきちんといるからだ。

  他にも、オープンソース技術が、ほとんどインターネットに依存して発達した面が強いことも理由に挙げられる。
 たとえば、Linuxオペレーションシステムや、Apache Web Server アプリケーションなどの技術は、インターネットの存在なしには広めることすらままならない。ほとんどのオープンソースソフトウェアも同様である。

  今日のコンピューターユーザーのほとんどは、コンピューターを使う時には常にウェブを利用している。ウェブページを閲覧したり、Emailをチェックしたり、誰かとチャットしたり、オンラインで音楽を楽しんでいたり、MMOゲームをしていたりするだろう。使用機器もコンピューターだけでなく、モバイルフォン、あるいはゲーム機がネットワークに接続していることも珍しくはなくなった。それらの大半が少なくとも、ネット上から「ローカル」デバイスにデータを送受信する時に、オープンソースソフトウェアを使っている。
 このときコンピュータは、ユーザーが実際に見に行けないくらい遠く隔たれた地区にあるサーバーを使って、主要な処理のほとんどを行っている。この状態にあるコンピューターのことを「リモートコンピューター」と呼ぶ。

  このインターネット依存状態が良いとは言えない場合がある。たとえば、ローカルデバイスのみでなんとか用事を足さなくてはならないときに、何もできない可能性が非常に高い。
 たとえば、ワードプロセッサーソフトも、Emailの管理も、画像処理ソフトも全てインターネット上に置いてあって、それぞれのコンピューターには1つもインストールされていなかったとする。それらはウェブブラウザからアクセスするだけで使えるが、インターネットにつながっていなければ使えない。
 ソフトウェアをインストールしないかぎりは、「リモートコンピューティング」の中から抜け出すことはできないのだ。
 

  リモートコンピューティングのことを「クラウドコンピューティング」と呼ぶ場合もある。ただし、クラウドコンピューティングには、ローカルデバイスだけでは限界がある業務(ファイルや写真の共有、ビデオ・音楽の閲覧など)を、リモートコンピューターを大量に集めて構成したグローバルネットワークの能力を駆使して処理していく意味合いが強い。

  インターネットに接続した機器が普及するたびに、クラウドコンピューティングが日常生活に与える影響力も増大してきている。もちろん、すべてのクラウドコンピューティング・アプリケーションがオープンソースなわけではなく、たとえば、Google Appsはプロプライエタリなアプリである。(同じようなアプリケーションでオープンソースなものには、 ownCloudNextcloudなどがある。)

  クラウドコンピューティング・アプリケーションの良さとして、まず目につくのが、処理を素早く効率の良く行える点である。
 それらの処理は、ユーザーが「知りようもない」部分で行われているとよく言われるが、コンピューターに携わっている者の間では、その部分を「プラットフォーム」と呼ぶ。
 プラットフォームにも、オープンソースのものあれば、クローズドソースのものもある。
 OpenStackはオープンソースなクラウドプラットフォームの一例である。

 

  オープンソース・ソフトウェアを使うことのメリット

  人々が一般にプロプライエタリではなく、オープンソースソフトウェアを使う理由はいくつも存在するが、大まかには次のような理由だ。

  操作可能だから。
 
オープンソースソフトウェアが根強い人気を誇る理由に、「ソフトウェアに変更が利くこと」が、他には見られない要素であるからだと考えられる。
 コードを加工することができれば、ユーザーが気に入らない機能を消去したり、不満がある部分は修正することができる。
 たとえ、ユーザーがプログラマでなかったとしても、ライセンスの中には、どのような目的に使用しても構わないという条件があり、その部分で十分に恩恵を受ける人物もいるからだ。
 

  教材として使えるから。
 どんなプログラマにも学習が必要で、その過程で既存のコードを参考にすることも多い。ソフトウェアのコードを閲覧することを公的に許可しているオープンソースソフトウェアなら、合法的な学習材料になる。
 1つの作品について評価したり、他の人と議論したりするだけでも、十分に開発スキルの向上につながる。さらに、プログラムのソースコードに明らかな間違いを発見した場合には、それを他の人と共有して一緒に解決の道を探すこともできる。同じ間違いが他のソフトウェアでも発生していないかを確認するだけでも、十分なアクションだ。
 

  セキュリティ対策がとれるから。
 ものによってはプロプライエタリソフトウェアよりも、オープンソースソフトウェアほうが安定性が高く、セキュリティ対策も取られていると考えて、オープンソースソフトウェアを使っている人もいる。
 たくさんの人にエラーや手抜かりを確認・修正してもらえる環境が、もとのコード作者にはなかった視点を与え、ソフトウェアをより完全なものに近づける場合がある。
 原作者に許諾がなくてもソフトウェアを修正、アップデート、アップグレードできることから、たくさんのプログラマが抵抗なく開発に参加できる。それらの条件を存分に発揮すれば、プロプライエタリソフトウェアよりも迅速なセキュリティ対策がとれるのだ。
 

  開発が終わらない可能性が高いから。
 これも、プロプライエタリよりオープンソースソフトウェアの方が信用される理由になっている。
 ソースコードが公開されていて、誰でも変更を加えられるのなら、そのソフトウェアに需要がある限り、開発元を変更してでも開発が続けられる可能性がある。たとえ当初の開発者が活動を停止したとしても、その時は他の人が改良を続けていくだけなので、開発そのものが完全停止する確率はいくぶんか下がるのだ。

 

  「オープンソース」であれば、無料なのか

  そうとは限らない。
 このことはよく誤解されがちなのだが、「オープンソース」であることと、お金を稼ぐことは両立可能だ。

  まず、オープンソースソフトウェアの制作者は、自らが作ったソフトに対して寄付を求めるなどの方法で、お金をもらうことが認可されている。
 ライセンスによっては、そのソースコードを使ったソフトウェアを販売する時に、元作者に謝礼金の支払いを求めている場合もある。

 集金の方法は様々で、プログラマによっては、自身が制作したソフトウェアを使ったサービスを展開していて、そこで集金をしている事例がある。また、ソフトウェアのインストール自体は無料でも、サポート(インストールの方法、使い方、トラブルシューティングを質問するなど)を受けるには課金を必要としている事例もあり、いずれもオープンソース・ソフトウェアの利用範疇である。
 

  もちろん、課金要素のないオープンソースソフトウェアもある。これは、制作者が単なる実験台や練習台として作ったソフトウェアなどに多く見受けられる。
 しかし、それが全くお金につながらないというのも誤りで、過去には、そのようにして作られたソフトウェアから十分な腕前が認められて、どこかの企業に雇われるという事例もあった。
 逆にいえば、企業が次に雇うプログラマの候補を探すために、オープンソースソフトウェアを見ている場合も存在するということだ。

 

  結局オープンソースとは

  「オープンソースな姿勢」に共通しているのは、たくさんの人のやる気をいかに早く集め、実行に移すかということを、大切にしている部分だ。
 ほかの人たちとの共同作業を効率よく、透明性の高い方法で推し進めるさまは、まだ開発に参加していない人たちにも安心感を与え、さらに多くの人を集める要因にもなっている。
 少々の失敗があったとしても、それは成長の糧になり、ソフトウェアがさらなる成長をとげれば、ソフトに関心を持ってくれた全ての人にとっての利益になるのだ。

  ソフトウェアはインターネットを介して、世界中に公開されている。些細な成長でも、全世界の成長につながっていく可能性は十分高い。

  公開されたソースコードは、使う人によって、青写真や、レシピ指南書など、様々なものに変化する。
 我々はユーザーが「見えづらい」コードこそ、誰しもが確認できるオープンソースにすべきと考えている。より多くの人に手を加えてもらえば、それだけより良いものができる可能性だってある。

  オープンソースが活用された分野は多岐にわたっており、たとえば、科学教育政治生産、健康、法律、組織管理など、我々の生活にも関わっている。

 

  関連記事

   まず、当サイト Opensource.comは、いかに人々にオープンソースに向いている分野や、オープンソースにした方が良い部分を紹介し、たくさんの人と共有することを主な役割として活動を続けている。

 テーマの1つとして、オープンソースな価値観や主張を持っている世界中の組織や、オープンソースな開発の方法、それに役立つライセンスなどの紹介もしている。
 当サイトでさらにオープンソースについて詳しく知りたい方は、手始めに、オープンソースを様々な面から解説したこちらのページを参考にしてほしい。

PDF
更新日:2017-08-11 14:15:16 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] https://opensource.com/resources/what-open-source Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

【GitLab Pages 公式 を訳してみた】GitLab Pages 説明書 

GitLab Documentation > User documentation > Projects >GitLab Pages 説明書  GitLabには「GitLab Pages」という機能があります。  GitLab…2017-10-15 12:39:59

【GitLab Pages 公式 を訳してみた】GitLab Pages サーバー管理者向け説明書

  はじめに GitLab Pages機能 は、GitLab EE 8.3以降から使えるようになりました。 カスタムCNAMEにTLS証明書が使えるようになった のは、GitLab EE 8.5以降です。 コミュニ…2017-10-15 12:39:13

GitLab PagesでのTLS設定方法と、Let's Encryptについて | from: about gitlab.com

 GitLab Pagesで作られたサイトを、 Let's Encrypt でHTTPS化する方法をお教えします。   どうしてTLS/SSLが必要か  HTTPSについて話し合ったときなどに、よく「静的サイト…2017-10-10 21:24:06

【GitLab Pages 公式 を訳してみた】GitLab Pages のこと全部教えます!③

GitLab Documentation > User documentation > Projects > GitLab Pages 説明書 >GitLab Pages のこと全部教えます!③ 記事の 種類 : 取扱説明書 || 対象 : 初心者 || …2017-10-09 23:13:04