「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

Firefox OS が IoT に対応 / NextCloud続報 ほか… | from Opensource.com / Scott Nesbitt

  今週のオープンソース・ニュースは…


 Firefox OSがIoT対応
 NextCloud続報
 サンフランシスコ市がオープン投票システムを開発開始
 EU 2020年までに全ての科学研究成果を公表開示へ


                  などをお伝えします。
 

  ウィークリー・ニュース 2016年 5月29日~6月4日


  IoTのバックボーンがオープンソース化しつつあるなか、Firefox OSがIoTに乗り出す

  昨今よくその名を聞くようになったInternet of Things (IoT)だが、運営管理側の方針で、そのバックボーンにオープンソース・ソフトウェアを採用する事例が相次いでいる。

  たとえば、Firefox OSもその一例である。同OSは、もともとスマートフォンやタブレット向けに開発されたものだが、新たにスマートテレビへの参入を決定した。
 Mozilla社はFirefox OSを IoTハブとしての開発に力を入れ、ゆくゆくはホームオートメーションIoTとしての地位を確立したい考えだ。
 Alexaと同様、パーソナル・アシスタント機能、音声認識、ウェブセンサーなどに対応し、「クラウドソース・データと照合すれば、ソフトウェアのあらゆる部分を開示し、アクセス可能にする」としている。

 

  OwnCloudのフォークソフト:NextCloud

  2016年4月、Frank Karlitschek氏は、OwnCloudの分社化を宣言して以来、彼は次の動きを静かに進めていたようだ。
 彼はようやく今週になって、OwnCloudのフォークを開始することを宣言した。すでにプロジェクト名も決定しており、それがこの度新生した「NextCloud」である。

  ソースコードは、2016年7月に配信された「OwnCloudバージョン9.0」を基にする予定で、次回のリリースは「セキュリティ性と安定性の向上に力を入れる」としている。
 CIO.comの報道によると、NextCloudはさらに質の高い組織を目指すということでKarlitschek氏は、テレビ会議システムのSpreed.ME創設者・Niels Mache氏とチームを組んで、新たな企業を創設することにしたという。

  ZDNetの記事によると、将来Spreed.MEをベースとしたテレビ会議システムを、NextCloudの機能として搭載する予定だという。
 新たに設立された組織は、企業などをターゲットとして活動を続けていく見通しだ。

※Frank Karlitschek(OwnCloudの中心創設者。同社はepynomousデータ・ストレージやsyncingソフトウェアなどに次いで有名だった。)

 

  サンフランシスコ市がオープン投票システムを開発開始

  GCN.comの報道によると、サンフランシスコ市は30万ドルを投じて「オープンソース投票システムの開発計画」を開始したという。

  システムをオープンソースにした経緯について、市のスーパーバイザーであるScott Wienerは地元公共放送でこう述べた。
「このシステムの開発はもちろん、信頼できる第三開発者に委託します。この技術も外注です。ですが、そのシステムがプロプライエタリで、内部が一切公開されないようでは、市民の信頼を得られません。」
 それに加えて、市は開発した投票システムのソースコードを、他の自治体とも共有する方針である。

  市が30万ドルを投入して開発する新たな投票システムの維持運営には、3年で約600万ドルがかかる見通しだが、これは4年で1300万8千ドル(2007年ドル換算)がかかっていた従来のシステムよりはるかに少ない数字と見込まれている。
 サンフランシスコ市選挙管理委員会は、この新しいシステムの導入を2020年6月に実施される選挙での運用をめどに、準備を進めていく予定だ。

 

  ヨーロッパ連合、2020年までに全ての科学研究結果を公表開示へ

  現在、全世界の学術界を大いに沸かせているこの話題だが、このヨーロッパ連合が打って出た行動に議論も巻き起こっている。
 この宣言は、EU圏で発表された全ての科学論文を2020年までに開示することを求める内容で、

  「EU加盟国はお互いのデータを共有し、最大限活用してほしい」というのが、EU議長国の主張だ。これにより、2020年までに「公的機関と公的民間資金の協力により、研究結果を記した科学出版物を誰にでも閲覧可能なものにする」という。そして、研究結果の開示に際しては、「知的財産権やセキュリティ、プライバシーを侵害しない限り、アクセス可能」としている。

 

  その他ニュース

 

   Opensource.comは、スタッフ一同で活動に取り組んでまいります。我々の予定はイベントカレンダーにて確認できます。ぜひチェックしてください。

 
 

[みんなの翻訳]
当サイトには、NextCloudに関する記事があります。

 

PDF
更新日:2017-07-31 14:33:04 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
公開ノート

「1300万8千ドル」とすべきところが、「13万8千ドル」とされていました。お詫び申し上げます。

[ 原文 ] https://opensource.com/life/16/6/weekly-news-june-4 Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

【GitLab 公式 を訳してみた】ランナーを登録する

GitLab Runner > ランナーを登録する  「ランナーの登録」とは、GitLabで実際に使っていくランナーをまとめあげる工程を指します。   前提条件   ラン…2017-11-24 21:17:38

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab Runnerをインストールする

GitLab Runner >Install GitLab Runner  GitLab Runnerは、GNU/Linux、 macOS、 FreeBSD、 Windowsでインストールと使用することが可能です。  インストールには3つの方法があり…2017-11-24 21:16:30

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CI~コードの質を「Code Climate CLI」に判定してもらう設定

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) > GitLab CI 設定サンプル集 >コードの質を「Code Climate CLI」に判定してもらう  開発しているアプリ…2017-11-24 19:27:43

【GitLab 公式 を訳してみた】 .gitlab-ci.yml 設定メニュー

 (訳者より:翻訳がもうだいぶ進んだところで、GitLab CIについてネットで検索をかけてみたところ、 Qiitaにてynott様が公開されたバージョン があることに気がつきました。  原…2017-11-24 19:21:10