「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

【Linux向け】軽量 画像ビューア4選+ | from Opensource.com / Scott Nesbitt

  画像はあんまり加工しないな…という人のために、なるべく軽量な画像ビューアを紹介します。

  2017年7月11日 | Scott Nesbitt

 イメージ画像:Internet Archive Book Images. Opensource.comによる一部加工。 CC BY-SA 4.0

  大抵の人がそうであるように、あなたも写真や画像などをコンピューターに保管していることでしょう。そして、時折確認する程度で、素材として使うなんてことはそうないと思います。

   GIMPPintaなどの画像エディタは確かに素晴らしい。でも、私たちみたいな「写真は見るもの」という人たちにとっては、ちょっといらない機能だらけです。

  でも、Linuxデスクトップ環境にデフォルトで入っているイメージ・ビューアでは、不満足という人も多いはず。
 ここでは痒い所に手が届く機能と、軽量さを併せ持った、「Linux向けイメージ・ビューア」を紹介します。
 最初におすすめを4つ。おまけとして、4つには入らなかったけど、良作なビューアが出てきます。

 

  Feh

  自分が持っているコンピューターが古く、処理の遅いハードウェアになったときに、このソフトのとりこになりました。シンプルで、質素で、それでいてデザインはよくできている。

  Fehはコマンドラインで起動でき、画像や画像が入っているフォルダを指定するだけで表示してくれます。ロード時間はほとんどかかりません。複数の画像をマウスクリックやスクロール、あるいはキーボードの矢印キーの右左で切り替えられます。とても明快でしょう。

  軽量なだけではありません。オプションもいくつかついています。
 たとえば、Fehのウィンドウの端をクリックすると、画像のサイズを最小と最大とに切り替えられます。見たいフォルダーの画像のところでFehを呼び出すと、その画像が表示されます。

  [写真1] Fehの使用画面

 

  Ristretto

  私がXfceデスクトップ環境を使っていたときに、これのお世話になりました。軽量、シンプル、とても便利なビューアです。

  どのくらいシンプルなのか。画像フォルダを開いて、サムネイルを左クリックすると、画像が表示されます。複数の画像をウィンドウの上部にある矢印キーをクリックすることで切り替えられます。また、スライドショー機能もあって便利です。

  さらによいことに、現在みている画像を安全にコピーする機能もありまして、これを使ってデスクトップの壁紙のバリエーションを手軽に増やせます。他のアプリケーションで開かれている画像においても、必要とあらばその機能が使えるところがうれしい所です。

  [写真2] Ristretto使用画面

 

  Mirage

  イメージファイルを開いて、ウィンドウのサイズを調整し、キーボードで画像をスクロールする。スライドショー機能もある。ここまでだと一見何の特徴もなく、同じようなビューアならいくらでもあるように感じられます。

  ですが、基本的な機能に加え、画像をリサイズして、余計なところをトリミングしたり、スクリーンショットを撮影したり、画像の名前を変更したり、また、フォルダの中の画像を使って150ピクセル幅のサムネイルを生成したりできるんです。軽量な割に驚くほど機能的なんです。

  SVGファイルを表示できます。コマンドラインからの起動も可能です。

  [写真3] Mirage使用画面

 

  Nomacs

  この記事で紹介している中では最も重たいビューアです。しかし、一度使ってみれば、表示のスピードは申し分なく、使い方も簡単に覚えられます。

  画像を見るほかに、画像のメタデータを編集したり、画像にメモを付け加えられます。基本的な画像加工機能もついていて、トリミング、リサイズ、グレースケールの調整などができます。スクリーンショット撮影も可能です。

  注目すべきなのは、このソフトには変更を加えた画像を即座にデスクトップにも反映させる機能があるところです。Nomacsの説明書によると、この機能は変更の前と後とを比べるのに便利なのだそうです。私は使ったことがありませんが、ローカルネットワーク間で画像を同期させることもできるそうで、人によってはこの機能が便利かもしれません。

  [写真4] Nomacs使用画面

  (画像の右側にメタデータが表示されている)

 

  おまけ:

  ここまで4つのおすすめを紹介しましたが、どれも好みに合わなかった場合、ここに書かれているビューアがよいかとおもわれます。

  Viewnior
 「GNU/Linux用、高速・シンプルビューア」を銘打っている、丁寧なデザインのビューアです。きれいに整頓されたインターフェイスで、基本的な画像加工も行えます。

   ImageMagick  /  GraphicsMagick
 コマンドラインからの操作に重点を置きたい方には、この2つがおすすめです。どちらも、画像を見るためのオプションが充実しています。
 

  Geeqie
 これも軽量で動作が早いことは申し分ありません。ですが、シンプル(万人受け)かと言われたらどうでしょう。メタデータの編集ができ、特にカメラのRAW画像を閲覧できる機能は他にはありません。

  Shotwell
 GNOMEデスクトップ用のフォト・マネージャーです。画像を見ることに関してはとてもスピーディーで、写真以外の画像もスムーズに表示できます。

 

  みなさんもぜひお気に入りを見つけてくださいね!



[ みんなの翻訳内 ]
もっと「
おすすめ オープンソース・ソフトウェア」を見る

PDF
更新日:2017-08-09 12:58:41 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] https://opensource.com/article/17/7/4-lightweight-image-viewers-linux-desktop Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

僕がHugo静的サイト・ジェネレータをGitLabで使うときにしたCI設定 | from Leow Kah Man - Tech Blog

 週末にかけて、GitHubに構えていた私のブログをGitLabに移転しました。GitLabだとCIビルドが自動的にできるところが便利です。  僕はGitLabのレポジトリにNodeJS Dockerイメージを構…2017-11-18 13:00:02

【GitLab 公式 を訳してみた】Dockerイメージを使う

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) > Docker integration >Dockerイメージを使う  GitLab CIは、GitLab ランナーと連携して、Dockerエンジンを様…2017-11-18 00:10:16

【GitLab 公式 を訳してみた】 .gitlab-ci.yml 設定メニュー

 (訳者より:翻訳がもうだいぶ進んだところで、GitLab CIについてネットで検索をかけてみたところ、 Qiitaにてynott様が公開されたバージョン があることに気がつきました。  原…2017-11-17 23:50:27

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CI/CDで使える変数

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI/CDで使えるAPI変数  GitLab ランナーは、CIから送られてきたjobをもとに、ビルド環境を整えます。…2017-11-17 23:50:02