「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

トヨタと CoderDojo がラズベリー・パイでコラボ。Linuxを本格的に自社製品に使用することに | from Opensouce.com / Scott Nesbitt

 2017年6月10日  Scott Nesbitt

 

  今週のオープンソース・ニュースの締めくくりに、「トヨタが新型カムリにLinuxを搭載決定」という話題を特集する。今回搭載されたプラットフォームは、Raspberry Pi(以下ラズパイ)。これはCoderDojo 財団との共同開発企画で、情報漏洩などあらゆるセキュリティ面を強化した、新たなオープンソース・ツールを目指す。
 
 

 

  Linuxで、これまでになかった車を創る

  まず初めに注意しておくが、ラズパイが搭載されるのは今のところ、「2018年に発売されるトヨタ・カムリ」のみだそうだ。
  注目すべき点は、日本の自動車メーカーが、Linuxをもとにした情報娯楽システムを、現在大ヒットを飛ばしている車種の次期最新版に搭載しようという部分である。

  カムリの情報娯楽システムは、Automotive Grade Linuxという、車のために作られたプラットフォームだ。これは現在 Linux Foundation が、100社を超える自動車メーカーと技術チームの支持を得て開発している。
  Motor Trendによると、「2018年度カムリに搭載されるプラットフォームのうち、約70パーセントがほとんど既存のプログラムで、残りの約30パーセントが独自のプログラムで構成される。」
  そして、今回カムリに搭載されるシステムは、あくまで試作品とされているものの、これを応用して「レクサスなど、他のモデルにも容易に移し替えて利用できる」としている。
  このシステムは間もなくフォード、メルセデス・ベンツ、マツダの車でも活用される模様だ。

 

  異色の2社によるコラボ

  Raspberry Pi Foundationは先日、CoderDojo財団とトヨタがコラボレーションしたという、すこし意外なニュースを報じた。
(CoderDojoは非営利団体で、普段は若者にプログラミングを教育している。)
  同団体は、トヨタという大企業の参加で、おそらくこのたびのコラボが「世界最大のコード宣伝機関」を作り上げるだろうとしたうえで、

「大規模な生産に関わること。ソフトウェアに関してもそれはおなじで、このチャリティーは『利益の倍掛け』になる」という見解を下した。
  CoderDojoの代表取締役であるGiustina Mizzoniは、「 教育者である我々と、日本の忍者とが出会って、最良の関係を築くことができた。これは世界一の教育材料をつくる原動力になるだろう。」と記した。

 

  データ漏えいに備えた新しいオープンソースツール

  情報漏洩といえば、日々我々がされされている問題だ。
  通常、大きな組織にはセキュリティ・チームというものが用意されていて、日夜問題に取り組むことができる。
  では、そのような対策が打てない小規模な組織の場合はどうするのだろうか。専用の人材を用意できない分、対策はとても難しいという印象が持たれる。
  しかし、デジタル活動家のMatt Mitchell氏は、「データを保有する方式を工夫し、トラブル時の行動計画を立てることで、どんな組織でもある程度の対策は可能になる」と語る。

  Mitchell氏のアイディアは、Protect Your Orgという活動につながっている。「漏洩対策を打つことは今や当たり前のこと。そのうえでフリーかつ、オープンソースなソフトウェアをすべての企業に使ってもらいたい」としている。この活動は、Mozilla社とフォード財団の支援をうけて成立している。
  Protect Your Orgは2か月後に、企業向けカスタムポリシー作成ソフトを発表する。「情報を取り扱う際のルールブック(カスタムポリシー)を定義することで、情報の所有権を明確にでき、同時にハッキング対策用チェックリストも作成できる」という。
  ただし、Mitchell氏はこう指摘する。「Protect Your Orgはあくまで簡易ツールキット。だが、会社組織に『攻撃に備える』具体的な考え方を与えるのは確かだ。」

 

  Triggertrap社製品 完全オープンソース化

  Triggertrapは、カメラ遠隔操作システムの人気メーカーであったが、2017年の初めごろに廃業した。廃業と同時に、Triggertrap社のオーナーは同社の全ハードウェアの権利を放棄することを宣言。これにより先月、Triggertrap社のハードウェアはすべてオープンソース化された。

  これに追い打ちをかけるように、同社のカメラをAndroidやiOSアプリから操作しようという、オープンソースならではの動きが始まっている。

  ソースコードはGitHubで公開されており、現在も「プログラミングに精通したユーザーによって」バグの修正やアプリのアップデートが行われている。(GitHubを見る・Android版iOS版
  このプロジェクトの元iOS版開発リーダーは、「ユーザー同士が協力して作り上げていくアプリです。コンピューターに明るくないユーザーでもダウンロードしやすいように、App Storeで公開しました。」という。
  現在、このプロジェクトはさらに多くの開発者、ならびにメンテナス担当者を募集しているとのことだ。

 

  Brave ブラウザの寄付状況

  元Mozilla社CEO・Brendan Eichが発起人として創立されたプロジェクト、Braveブラウザは、約35000米ドルの資金を獲得した。今回集められた資金はブラウザ開発に活用される。Techcrunchによると、Braveブラウザは「ページのロード時間を短縮したり、プライバシーの保護対策に努める」としたうえで、「広告プラットフォームの開発」にも取り組んでいくつもりだという。

  このようにしてBraveブラウザは寄付以外にも、2大技術団体と非営利法人による隙間産業で、さらなる資金獲得を狙う。広告によって30秒ごとに収益があがる仕組みだ。
  この企画は、Braveプロジェクトが自身の仮想通貨を売ることで成立した。この仮想通貨は、投資家などの知る人には「Basic Attention Token」と呼ばれている。ブラウザがそうであるように、このBasic Attention Tokenもオープンソースだ。
  仮想通貨は、その始めやすさと収益が早く上がることから、将来活躍の場を広げることが期待されている。

 

  関連ニュース

 

 Opensource.comは、スタッフ一同で活動に取り組んでいます。我々の予定はイベントカレンダーにて確認できます。ぜひチェックしてください。

 

PDF
更新日:2017-06-20 18:47:58 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] https://opensource.com/article/17/6/news-june-10 Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

僕がHugo静的サイト・ジェネレータをGitLabで使うときにしたCI設定 | from Leow Kah Man - Tech Blog

 週末にかけて、GitHubに構えていた私のブログをGitLabに移転しました。GitLabだとCIビルドが自動的にできるところが便利です。  僕はGitLabのレポジトリにNodeJS Dockerイメージを構…2017-11-18 13:00:02

【GitLab 公式 を訳してみた】Dockerイメージを使う

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) > Docker integration >Dockerイメージを使う  GitLab CIは、GitLab ランナーと連携して、Dockerエンジンを様…2017-11-18 00:10:16

【GitLab 公式 を訳してみた】 .gitlab-ci.yml 設定メニュー

 (訳者より:翻訳がもうだいぶ進んだところで、GitLab CIについてネットで検索をかけてみたところ、 Qiitaにてynott様が公開されたバージョン があることに気がつきました。  原…2017-11-17 23:50:27

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CI/CDで使える変数

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI/CDで使えるAPI変数  GitLab ランナーは、CIから送られてきたjobをもとに、ビルド環境を整えます。…2017-11-17 23:50:02