「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

yasukazu

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

他ツールとの機能比較表

 ➡まとめページで見る

  Brunchは、LiveReloadとCodeKitの機能においてはGruntと同じであるものの、

 他の面には違いがあります。

  LiveReloadとCodeKitは、Brunchコンパイル・パイプラインと一部似ている部分があります。ファイルの監視とオートリロードの機能は同じですが、それらはモジュールによる機能追加には対応していないので、Bowerに対応したり、ソースマップを生成することはできません。

  GruntのタスクマネージャーのほうがBrunchよりも融通が利く面もありますが、その規則性のなさゆえにタスクが複雑になり困るという方には、Brunchがおすすめです。

 機能

 Brunch

 Grunt

 Rails

 解説
 

 ビルダー、リンター、連結、ファイル圧縮

 Brunch 

 Grunt  

 Rails  

  JS、CoffeeScript、Stylus、Sass (+ Compass)、LESS、Mustache、Handlebars、Jade、Ecoなどのファイルを連結や圧縮を加えてコンパイルするか否かの項目です。どの言語やフレームワークを使っているかは関係ありません。
 

 ファイル・ウォッチャー

 Brunch 

 Grunt  

 Rails  

  何か変更があった場合、すべての要素のリコンパイルと連結を自動的に行えるかどうかを表しています。Makefilesやwatchersのような複雑な操作をする必要はありません。
 

 オートリロード

 Brunch 

 Grunt  

 Rails  

  (オートリロード・プラグインの使用で)要素に変更があるたびに、ブラウザウィンドウをリロードする機能。
 

 フレームワークの自由さ

 Brunch 

 Grunt  

 Rails  

  要素を組み立てる方式が選べるかどうかを表しています。チェックがついているツールは、フロントエンドとバックエンドを別のプロジェクトとして扱えます。たとえば、バックエンドにnode.js や Rails、Liftなど、お好みの形式を選ぶことができます。
 

 モジュールの自動サポート

 Brunch 

 Grunt  

 Rails  

  スクリプトとテンプレートファイルがモジュール(CommonJS か AMD形式)にラップされるかどうかを表しています。これにより、一般の人によるアクセスを禁止したり、コードが混在することを防ぎます。Brunchの場合、r.js最適化プログラムが自動適用されます。
 

 スケルトン / ボイラープレート

 Brunch 

 Grunt  

 Rails  

  Brunchの場合、定義済みテンプレートからプロジェクトを生成できます。導入すればすぐさま使える、素晴らしいスケルトンを多数取り揃えております。
 

 リコンパイルの速さ

 Brunch 

 Grunt  

  Rails  

  スピードはアプリウォッチャーにおいて重要な側面です。Brunchの通常コンパイルは、ブラウザウィンドウでalt-tabキーを押すだけで、短時間で実行できます。変更部分のみをリコンパイルすることで、スピードが出るのです。
 

 シンプルさ

 Brunch 

 Grunt  

  Rails  

  Brunchは1つのコマンドで、いくつもの動作を自動で行います。sophisticated 300LOC build configsを記述する必要はありません。
 

 ヘッドレス Bowerインテグレーション

  Brunch 

  Grunt  

  Rails  

  Brunchは、Bowerパッケージマネージャーでのヘッドレス・インテグレーションに対応しています。Gruntと違って、使用するファイルをいちいち特定する必要はありません。おおよその場合Brunchの自動検知システムで、各ファイルを正しく連結させることが可能です。
 

 ヘッドレス・ソースマップの生成

 Brunch 

 Grunt  

 Rails  

  Brunchはすべてのファイルに対して、自動的にソースマップを作成します。ファイルの連結と圧縮の際に、デバッグがとてもシンプルになります。
 

 クロスプラットフォームでフリーウェアかどうか

 Brunch 

 Grunt  

 Rails  

  この項目を満たしていれば、さまざまな言語に対応し、どこでも動かすことができます。
 

 GitHubでこのページを編集する

 
PDF
更新日:2017-06-11 13:51:59 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://brunch.io/compare.html Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CI/CD の使い方

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI/CD の使い方 注: GitLab バージョン 8.0から、 GitLab 継続的インテグレーション (CI)機能が登…2018-02-20 23:48:22

【GitLab 公式 を訳してみた】 .gitlab-ci.yml 設定メニュー

 (訳者より: Qiitaにてynott様が公開されたバージョン もありますよ。向こうのほうが先輩です)  目次: > .gitlab-ci.yml とは  > image と services  > before_s…2018-02-20 23:43:13

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab Runner を設定する

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab Runnerを設定する  GitLab CIにおいて、Runner(ランナー)とは「 .gitlab-ci.yml 」で定義したjob…2018-02-20 23:28:10

【GitLab 公式 を訳してみた】job artifacts の概要

GitLab Documentation > User documentation > Projects > job artigacts の概要 注: この機能は、GitLab 8.2 並びに GitLab Runner 0.7.0以降から導入されたものです。G…2018-02-14 23:24:21