「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム新着翻訳記事一覧 > 新着翻訳記事

新着翻訳記事

システムとハードウェアの状態を確認するには | お役立ちコマンドを10個紹介 | from Tecmint.com

  Linuxシステムを運用している限り、ハードウェアやシステムの状態を確認できるに越したことはありません。

 たとえば、新しいパッケージが、果たして現在使っているシステムに適合するかどうかなどは、事前にわかったほうがよいでしょう。
 

  

  というわけで、ここではLinuxのシステムやハードウェアの状態を確認するのに役立つコマンドを10個紹介します。

 

 1. システムの情報を見る

  システムの名前を確認するコマンドに「uname」がありますが、このコマンドには他にも確認できる事項があります。

 たとえば、「uname -s」と入れてみましょう。現在使っているカーネルの名前が表示されるはずです。

tecmint@tecmint ~ $ uname 
Linux 


  ネットワークのホスト名は、「uname -n」で確認できます。

tecmint@tecmint ~ $ uname -n 
tecmint.com 


  カーネルのバージョン確認したくなったら、「uname -v」と入れてみましょう。

tecmint@tecmint ~ $ uname -v 
#64-Ubuntu SMP Mon Sep 22 21:28:38 UTC 2014  


  カーネルのリリースを確認するのなら、「-r」

tecmint@tecmint ~ $ uname -r 
3.13.0-37-generic 


  マシンのハードウェア形式を確認したくなったら、「-m」

tecmint@tecmint ~ $ uname -m 
x86_64  

  そして、unameで今まで表示した項目を羅列するなら、「uname -a」

tecmint@tecmint ~ $ uname -a  
Linux tecmint.com 3.13.0-37-generic #64-Ubuntu SMP Mon Sep 22 21:28:38 UTC 2014 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux 

 

 2. ハードウェアの情報を見る
 

  ここでは、「lshw」コマンドを紹介します。lshwは、cpu, disks, memory, usb controllersなどの、あらゆるハードウェアの情報を確認できるコマンドです。

 さまざまなハードウェアの/procファイルを参照してデータを表示してくれるのです。
 オプションはあまり多くなく、その代わりすぐに使いこなすことができます。

  注 )ただし、lshwコマンドはスーパー(root)ユーザー時か、sudoユーザーの時にしか使えません。

 

  システムが入っているハードウェアの情報を表示するのなら、lshwをオプションなしで入力してみましょう。

 tecmint@tecmint ~ $ sudo lshw 
 tecmint.com 
 description: Notebook product: 20354 (LENOVO_MT_20354_BU_idea_FM_Lenovo Z50-70) 
 vendor: LENOVO 
 version: Lenovo Z50-70 
 serial: 1037407803441 
 width: 64 bits  
 capabilities: smbios-2.7 dmi-2.7 vsyscall32 
 configuration: administrator_password=disabled boot=normal  chassis=notebook family=IDEAPAD frontpanel_password=disabled keyboard_password=disabled power-on_password=disabled  sku=LENOVO_MT_20354_BU_idea_FM_Lenovo Z50-70  uuid=E4B1D229-D237-E411-9F6E-28D244EBBD98 *-core 
 description: Motherboard 
 product: Lancer 5A5 
 vendor: LENOVO 
 physical id: 0 
 version: 31900059WIN 
 serial: YB06377069 
 slot: Type2 - Board Chassis Location 
  *-firmware 
 description: BIOS 
 vendor: LENOVO 
 physical id: 0 
 version: 9BCN26WW 
 date: 07/31/2014 
 size: 128KiB 
 capacity: 4032KiB 
 capabilities: pci upgrade shadowing cdboot bootselect edd int13floppynec int13floppytoshiba int13floppy360 int13floppy1200 int13floppy720 int13floppy2880 int9keyboard int10video acpi usb biosbootspecification uefi 
 ...... 

  ハードウェアの情報を主要な部分だけ表示するには「-short」オプションを使います。

 tecmint@tecmint ~ $ sudo lshw -short 
H/W path   Device   Class    Description  ===================================================== system 20354  (LENOVO_MT_20354_BU_idea_FM_Lenovo Z50-70) 
/0 bus Lancer 5A5 
/0/0 memory 128KiB BIOS 
/0/4 processor Intel(R) Core(TM) i5-4210U CPU @ 1.70GHz 
/0/4/b memory 32KiB L1 cache 
/0/4/c memory 256KiB L2 cache 
/0/4/d memory 3MiB L3 cache 
/0/a memory 32KiB L1 cache 
/0/12 memory 8GiB System Memory 
/0/12/0 memory DIMM [empty] 
/0/12/1 memory DIMM [empty] 
/0/12/2 memory 8GiB SODIMM DDR3 Synchronous 1600 MHz (0.6 ns) 
/0/12/3 memory DIMM [empty] 
/0/100 bridge Haswell-ULT DRAM Controller 
/0/100/2 display Haswell-ULT Integrated Graphics Controller 
/0/100/3 multimedia Haswell-ULT HD Audio Controller ... 


  ハードウェアの情報をhtmlファイルとして出力したいのなら、「-html」オプションを使いましょう。

tecmint@tecmint ~ $ sudo lshw -html > lshw.html 


 3. CPUの情報を見る
 

 CPUの情報を表示するには、「lscpu」コマンドを使います。
 lscpuは、CPUのアーキテクチャや、CPUコア数、ファミリーモデル、キャッシュ、スッレッドなどを表示します。これは、sysfsと /proc/cpuinfo/ ファイルから情報を抜き出すコマンドです。
 

 tecmint@tecmint ~ $ lscpu  
Architecture: x86_64 
CPU op-mode(s): 32-bit, 64-bit 
Byte Order: Little Endian 
CPU(s): 4 On-line 
CPU(s) list: 0-3 
Thread(s) per core: 2 
Core(s) per socket: 2 
Socket(s): 1 
NUMA node(s): 1 
Vendor ID: GenuineIntel 
CPU family: 6 
Model: 69 
Stepping: 1 
CPU MHz: 768.000 
BogoMIPS: 4788.72 
Virtualization: VT-x 
L1d cache: 32K 
L1i cache: 32K 
L2 cache: 256K 
L3 cache: 3072K 
NUMA node0 CPU(s): 0-3 4. 


  4. ブロックデバイスの情報を見る


 ブロックデバイスとは、ハードディスクやフラッシュメモリなどの、記憶媒体のことです。
 その記憶媒体の情報を見るためのコマンドが「lsblk」です。
 

 tecmint@tecmint ~ $ lsblk  
NAME   MAJ:MIN   RM   SIZE   RO   TYPE   MOUNTPOINT 
sda     8:0   0   931.5G   0 disk  
├─sda1   8:1   0   1000M     0 part  
├─sda2   8:2   0   260M    0 part /boot/efi  
├─sda3   8:3   0   1000M     0 part  
├─sda4   8:4   0   128M    0 part  
├─sda5   8:5   0   557.1G   0 part  
├─sda6   8:6   0   25G      0 part  
├─sda7   8:7   0   14.7G    0 part  
├─sda8   8:8   0   1M       0 part  
├─sda9   8:9   0   324.5G    0 part /  
└─sda10  8:10  0    7.9G    0 part [SWAP]  
  sr0     11:0  1   1024M   0 rom 


 システムにあるすべてのブロックデバイスの情報を確認するのなら、「-a」オプションを使いましょう。

 tecmint@tecmint ~ $ lsblk -a 
NAME  MAJ:MIN  RM  SIZE  RO  TYPE  MOUNTPOINT 
sda    8:0  0  931.5G  0  disk 
├─sda1  8:1  0  1000M  0  part  
├─sda2  8:2  0  260M   0  part /boot/efi 
├─sda3  8:3  0  1000M  0  part  
├─sda4  8:4  0  128M   0  part 
├─sda5  8:5  0  557.1G  0  part 
├─sda6  8:6  0  25G    0  part 
├─sda7  8:7  0  14.7G   0  part  
├─sda8  8:8  0  1M    0  part  
├─sda9  8:9  0  324.5G  0  part / 
└─sda10 8:10  0  7.9G   0  part [SWAP] 
sdb  8:16  1  0  disk  
sr0  11:0  1  1024M  0  rom 
ram0  1:0  0  64M  0  disk 
ram1  1:1  0  64M  0  disk 
ram2  1:2  0  64M  0  disk 
ram3  1:3  0  64M  0  disk 
ram4  1:4  0  64M  0  disk 
ram5  1:5  0  64M  0  disk 
ram6  1:6  0  64M  0  disk 
ram7  1:7  0  64M  0  disk 
ram8  1:8  0  64M  0  disk 
ram9  1:9  0  64M  0  disk 
loop0  7:0  0  0  loop 
loop1  7:1  0  0  loop 
loop2  7:2  0  0  loop 
loop3  7:3  0  0  loop 
loop4  7:4  0  0  loop 
loop5  7:5  0  0  loop 
loop6  7:6  0  0  loop 
loop7  7:7  0  0  loop 
ram10  1:10  0  64M  0  disk 
ram11  1:11  0  64M  0  disk 
ram12  1:12  0  64M  0  disk 
ram13  1:13  0  64M  0  disk 
ram14  1:14  0  64M  0  disk 
ram15  1:15  0  64M  0  disk 



5.USBコントローラーの情報を見る

  USBコントローラ-の情報や、USBで接続されているデバイスの情報を得たいときには、「lsusb」コマンドを使います。

 

tecmint@tecmint ~ $ lsusb 
Bus 001 Device 002: ID 8087:8000 Intel Corp. 
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub 
Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub 
Bus 002 Device 005: ID 0bda:b728 Realtek  Semiconductor Corp. 
Bus 002 Device 004: ID 5986:0249 Acer, Inc 
Bus 002 Device 003: ID 0bda:0129 Realtek  Semiconductor Corp. RTS5129 Card Reader Controller  
Bus 002 Device 002: ID 045e:00cb Microsoft Corp.  Basic Optical Mouse v2.0 
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub 


 USBデバイスの情報をさらに詳しく確認したいときには、「-v」オプションを使いましょう。

tecmint@tecmint ~ $ lsusb -v 


6.PCIデバイスの情報を見る

  PCIデバイスとは、USBポート、グラフィックカード、ネットワークアダプターなどの機器の総称です。

 そのPCIデバイスに関する情報を得るためのコマンドが、「lspci」なのですが、
 このコマンドは、PCIデバイスの情報だけでなく、PCIデバイスに接続されてる機器の情報も表示してくれます。
 

  

tecmint@tecmint ~ $ lspci 
00:00.0 Host bridge: Intel Corporation Haswell-ULT DRAM Controller (rev 0b) 
00:02.0 VGA compatible controller: Intel Corporation Haswell-ULT Integrated Graphics Controller (rev 0b) 
00:03.0 Audio device: Intel Corporation Haswell-ULT HD Audio Controller (rev 0b)  
00:14.0 USB controller: Intel Corporation Lynx Point-LP USB xHCI HC (rev 04) 
00:16.0 Communication controller: Intel Corporation Lynx Point-LP HECI #0 (rev 04) 
00:1b.0 Audio device: Intel Corporation Lynx Point-LP HD Audio Controller (rev 04) 
00:1c.0 PCI bridge: Intel Corporation Lynx Point-LP PCI Express Root Port 3 (rev e4) 
00:1c.3 PCI bridge: Intel Corporation Lynx Point-LP PCI Express Root Port 4 (rev e4) 
00:1c.4 PCI bridge: Intel Corporation Lynx Point-LP PCI Express Root Port 5 (rev e4) 
00:1d.0 USB controller: Intel Corporation Lynx Point-LP USB EHCI #1 (rev 04) 
00:1f.0 ISA bridge: Intel Corporation Lynx Point-LP LPC Controller (rev 04) 
00:1f.2 SATA controller: Intel Corporation Lynx Point-LP SATA Controller 1 [AHCI mode] (rev 04) 
00:1f.3 SMBus: Intel Corporation Lynx Point-LP SMBus Controller (rev 04) 
01:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd.  RTL8111/8168/8411 PCI Express Gigabit Ethernet Controller (rev 10)
02:00.0 Network controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd.  RTL8723BE PCIe Wireless Network Adapter 
03:00.0 3D controller: NVIDIA Corporation GM108M [GeForce 840M] (rev a2) 

 

  PCIデバイスの様子を樹状図として表したいのなら「-t」オプションを使いましょう。

tecmint@tecmint ~ $ lspci -t 
-[0000:00]-+-00.0  
+-02.0  
+-03.0  
+-14.0  
+-16.0  
+-1b.0  
+-1c.0-[01]----00.0  
+-1c.3-[02]----00.0  
+-1c.4-[03]----00.0  
+-1d.0  
+-1f.0   
+-1f.2   
/-1f.3    

 

  接続しているデバイスそれぞれの詳しいデータを見たいのなら、「-v」オプションを使います。

tecmint@tecmint ~ $ lspci -v  
00:00.0 Host bridge: Intel Corporation Haswell-ULT DRAM Controller (rev 0b) 
Subsystem: Lenovo Device 3978 
Flags: bus master, fast devsel, latency 0 
Capabilities:  
00:02.0 VGA compatible controller: Intel Corporation Haswell-ULT Integrated Graphics Controller (rev 0b) (prog-if 00 [VGA controller])  
Subsystem: Lenovo Device 380d   
Flags: bus master, fast devsel, latency 0, IRQ 62 
Memory at c3000000 (64-bit, non-prefetchable) [size=4M]  
Memory at d0000000 (64-bit, prefetchable) [size=256M]  
I/O ports at 6000 [size=64]  
Expansion ROM at [disabled] 
Capabilities:  
Kernel driver in use: i915 
.....  


 

 7.SCSIデバイスの情報を見る

  すべてのscsi/sataデバイスの情報を見るには、「lsscsi」コマンドを使います。
 お使いのシステムにlsscsiツールがインストールされていない場合は、次のコマンドでインストールしてください。

$ sudo apt-get install lsscsi  [デビアン系システム] 
# yum install lsscsi  [レッドハット系] 
# dnf install lsscsi   [Fedora21以上] 

 

  インストールが終わったら、さっそく使ってみましょう。
 

tecmint@tecmint ~ $ lsscsi  
[0:0:0:0] disk ATA ST1000LM024 HN-M 2BA3 /dev/sda 
[1:0:0:0] cd/dvd PLDS DVD-RW DA8A5SH RL61 /dev/sr0 
[4:0:0:0] disk Generic- xD/SD/M.S. 1.00 /dev/sdb  

 

  デバイスのサイズを見るには「-s」オプションを使います。
 

tecmint@tecmint ~ $ lsscsi -s 
[0:0:0:0] disk ATA ST1000LM024 HN-M 2BA3 /dev/sda 1.00TB  
[1:0:0:0] cd/dvd PLDS DVD-RW DA8A5SH RL61 /dev/sr0 -  
[4:0:0:0] disk Generic- xD/SD/M.S. 1.00 /dev/sdb - 


 

8.SATAデバイスの情報を見る

 SATAデバイスの情報は「hdparm」ユーティリティを使えば見ることができますよ。ここでは筆者の使っているシステムのハードディスク・「 /dev/sda1 」の情報を表示しました。
 

tecmint@tecmint ~ $ sudo hdparm /dev/sda1  
/dev/sda1:  
multcount = 0 (off)  
IO_support = 1 (32-bit)  
readonly = 0 (off)  
readahead = 256 (on)  
geometry = 56065/255/63, sectors = 2048000, start = 2048 

 

 「-g」オプションを使えば、そのデバイスのジオメトリをシリンダー、ヘッド、セクター、サイズ、開始時オフセットの項目に分けて表示します。

tecmint@tecmint ~ $ sudo hdparm -g /dev/sda1 
/dev/sda1:  
geometry = 56065/255/63, sectors = 2048000, start = 2048 9. 

 

 9.ファイルシステムの情報を見る

  ファイルシステムのパーティションの情報を見るには、「fdisk」コマンドを使います。「fdisk」の主な機能は、ファイルシステムのパーティションを変更することですが、ファイルシステムの情報を得るのにも使えます。

 注)このコマンドはスーパーユーザーでないと使えません。

tecmint@tecmint ~ $ sudo fdisk -l 
WARNING: GPT (GUID Partition Table) detected on '/dev/sda'! The util fdisk doesn't support GPT. Use GNU Parted.  
Disk /dev/sda: 1000.2 GB, 1000204886016 bytes  
255 heads, 63 sectors/track, 121601 cylinders, total 1953525168 sectors  
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes  
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 4096 bytes 
I/O size (minimum/optimal): 4096 bytes / 4096 bytes  
Disk identifier: 0xcee8ad92  
Device Boot Start End Blocks Id System  
/dev/sda1 1 1953525167 976762583+ ee GPT  
Partition 1 does not start on physical sector boundary. 


 

10.ハードウェアのコンポーネントの情報を見る

 これには「demidecode」ユーティリティを使います。これは、DMIテーブルのデータを表示するコマンドです。

 注)このコマンドはスーパーユーザーでないと使えません。


 まず、メモリーの情報を見るには、「demidecode -t memory」と入力します。

tecmint@tecmint ~ $ sudo dmidecode -t memory 
# dmidecode 2.12  
# SMBIOS entry point at 0xaaebef98 
SMBIOS 2.7 present.  
Handle 0x0005, DMI type 5, 24 bytes 
Memory Controller Information  
Error Detecting Method: None  
Error Correcting Capabilities:  
None  
Supported Interleave: One-way Interleave  
Current Interleave: One-way Interleave  
Maximum Memory Module Size: 8192 MB  
Maximum Total Memory Size: 32768 MB  
Supported Speeds:   
Other Supported Memory Types: Other  
Memory Module Voltage: Unknown  
Associated Memory Slots: 4  
0x0006  
0x0007  
0x0008  
0x0009  
Enabled Error Correcting Capabilities:  
None 
... 


 システムの情報を見るには「-t system」

tecmint@tecmint ~ $ sudo dmidecode -t system
# dmidecode 2.12  
# SMBIOS entry point at 0xaaebef98  
SMBIOS 2.7 present.  
Handle 0x0001, DMI type 1, 27 bytes  
System Information  
Manufacturer: LENOVO  
Product Name: 20354  
Version: Lenovo Z50-70  
Serial Number: 1037407803441  
UUID: 29D2B1E4-37D2-11E4-9F6E-28D244EBBD98  
Wake-up Type: Power Switch  
SKU Number: LENOVO_MT_20354_BU_idea_FM_Lenovo Z50-70  
Family: IDEAPAD 
... 


 

 BIOSの情報を見るには「-t bios」

tecmint@tecmint ~ $ sudo dmidecode -t bios  
# dmidecode 2.12  
# SMBIOS entry point at 0xaaebef98  
SMBIOS 2.7 present.  
Handle 0x0000, DMI type 0, 24 bytes  
BIOS Information  
Vendor: LENOVO  
Version: 9BCN26WW  
Release Date: 07/31/2014  
Address: 0xE0000  
Runtime Size: 128 kB  
ROM Size: 4096 kB  
Characteristics: PCI is supported  
BIOS is upgradeable  
BIOS shadowing is allowed Boot from CD is supported  
Selectable boot is supported  
EDD is supported   
Japanese floppy for NEC 9800 1.2 MB is supported (int 13h)  
Japanese floppy for Toshiba 1.2 MB is supported (int 13h)  
5.25"/360 kB floppy services are supported (int 13h) 
5.25"/1.2 MB floppy services are supported (int 13h)  
3.5"/720 kB floppy services are supported (int 13h) 
3.5"/2.88 MB floppy services are supported (int 13h)  
8042 keyboard services are supported (int 9h) 
CGA/mono video services are supported (int 10h)  
ACPI is supported USB legacy is supported  
BIOS boot specification is supported  
Targeted content distribution is supported  
UEFI is supported  
BIOS Revision: 0.26 
Firmware Revision: 0.26  
... 


 

   プロセッサの情報を見るには、「-t processor」

tecmint@tecmint ~ $ sudo dmidecode -t processor 
# dmidecode 2.12  
# SMBIOS entry point at 0xaaebef98  
SMBIOS 2.7 present.  
Handle 0x0004, DMI type 4, 42 bytes  
Processor Information  
Socket Designation: U3E1  
Type: Central Processor  
Family: Core i5  
Manufacturer: Intel(R) Corporation  
ID: 51 06 04 00 FF FB EB BF  
Signature: Type 0, Family 6, Model 69, Stepping 1  
Flags: 
... 



 

 おわりに

  システムの情報を得る方法は他にもたくさんありますが、この記事では「/proc ディレクトリ」内の情報を得るコマンドを主に紹介しました。

  ここで紹介した方法が、皆さんの「ちょっと困った」を解決してくれれば幸いです。
 また何かコマンドのことでお困りでしたら、いつでもTecmintにお越しください。
 

 筆者:Aaron Kili
PDF
更新日:2017-04-17 17:41:34 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.tecmint.com/commands-to-collect-system-and-hardware-information-in-linux/ Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

【GitLab Pages 公式 を訳してみた】GitLab Pages 説明書 

GitLab Documentation > User documentation > Projects >GitLab Pages 説明書  GitLabには「GitLab Pages」という機能があります。  GitLab…2017-10-15 12:39:59

【GitLab Pages 公式 を訳してみた】GitLab Pages サーバー管理者向け説明書

  はじめに GitLab Pages機能 は、GitLab EE 8.3以降から使えるようになりました。 カスタムCNAMEにTLS証明書が使えるようになった のは、GitLab EE 8.5以降です。 コミュニ…2017-10-15 12:39:13

GitLab PagesでのTLS設定方法と、Let's Encryptについて | from: about gitlab.com

 GitLab Pagesで作られたサイトを、 Let's Encrypt でHTTPS化する方法をお教えします。   どうしてTLS/SSLが必要か  HTTPSについて話し合ったときなどに、よく「静的サイト…2017-10-10 21:24:06

【GitLab Pages 公式 を訳してみた】GitLab Pages のこと全部教えます!③

GitLab Documentation > User documentation > Projects > GitLab Pages 説明書 >GitLab Pages のこと全部教えます!③ 記事の 種類 : 取扱説明書 || 対象 : 初心者 || …2017-10-09 23:13:04