「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

shikimi

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム新着翻訳記事一覧 > 新着翻訳記事

新着翻訳記事

ls コマンド基礎オプション15 | from Tecmint.com

  lsコマンドはLinuxコマンドの中でも最も頻繁に使うことがあるものだ。
 そして、Linuxでコマンドを学ぶものなら誰しも通過するlsには、
 

  様々な情報を提示するたくさんのオプションがついている。

 だが、「そのオプションのすべてを使うことなんてないぞ」、
 と感じた我々は議論の末に、
 「lsコマンドにおいては、15個のオプションで必要な情報が把握できる」
 という結論に至った。

 この記事ではその15個のオプションを紹介しよう。
 


 

 1 オプションなし

  lsコマンドをオプションなしで使うと、ファイルとディレクトリの一覧が表示される。
 ただし、ファイルの細かい情報は表示されない。
(タイプ、サイズ、データ変更とその時間、権限、リンクなど)
 

 2 オプション [ -l ] 

  ファイルやディレクトリの細かい情報を見たければ、オプション”エル”を使うといい。
 ファイルのサイズ、データ変更とその時間、ファイルとフォルダの名前、親ファイルとその権限が表示できる。
 

 3 オプション [ -a ]

  これは、隠しファイルを見るときにしか使わない。
  もともとは、すべて(all)のファイルを表すという意味なのだが、実際の使い道がそれくらい。

 

 4 オプション [ -lh ]

  ファイルサイズを表示する。
 

 5 オプション [ -F ]

  ファイル、ディレクトリ名の後ろに「/」の記号をつける。これによって、単なるプログラムなのか、ファイルなのかの見分けがつけやすくなる。

 

 6 オプション [ -r ]

  ファイルやディレクトリの順番を逆に並べて表示する。
 

 7 オプション [ -R ]

  ディレクトリツリーを長々と表示する。どんな状態になるかは、原文を確認してください。

 

 8 オプション [ -ltr ]

  ファイルやディレクトリの最終更新日時を表示する。
 

 9 オプション [ -IS ]

  ファイルサイズを表示して、サイズが大きい順に並べる。
 

10  オプション [ -i ]

 ファイル/ディレクトリのinodeナンバーを表示する。

 

11 オプション [ --version ]

  lsコマンドのバージョンを表示する。

 

12 オプション [ --help ]

  lsコマンドのヘルプページを表示する。

 

13 オプション [ -l ] [ -ld ]

  -lコマンドで/tmpディレクトリ内のファイルの詳細がわかる。
 -ldは/tmpディレクトリそのものの情報を表示する。

 

14 オプション [ -n ]

  ファイルやディレクトリのユーザーIDとグループIDを表示する。

 

15 alias(=変名) コマンドと一緒に使う

 これは、lsコマンドに限った話ではないけど、aliasコマンドを使うと、特定のオプションを自動的に使うことができる。
 たとえば、# alias ls="ls -l" と設定すれば、次は「ls」と入力しただけで、自動的に オプション[ -l ] が適用され、ファイルの詳細が表示されるようになる。


 

 このaliasコマンドは、長すぎるコマンドに短い名前をつけられる。
 そして# aliasをオプションなしで入力すれば、今までつけた名前が一覧表示される。

 

 alias設定を解除したくなった時には、「unalias」コマンドを使う。
 さっき設定した、# alias ls="ls -l" は、
 # unalias ls で、解除可能だ。


 

 これで、この記事での解説は終了だ。
 このlsコマンドのさらなる応用法や、その事例はまた別の記事で紹介しよう。
 この記事に何か不足があったときには、当サイトの質問コーナーでその補足をしていくつもりだから、それを参考にしてほしい。
 

 筆者:Ravi Saive
PDF
更新日:2017-08-02 17:11:33 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.tecmint.com/15-basic-ls-command-examples-in-linux/ Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

Brunch - プラグイン

プラグイン    ➡ まとめページで見る  新しくプラグインを導入したいときは、「npm install --save-dev プラグイン名」でインストールできます。インストールした.jsフ…2017-08-20 13:01:01

AsciiDocでブログを作るには | from Opensource.com

 AsciiDocマークアップ言語とHugoパブリッシング・プラットフォームを組み合わせると、動作が軽く、メンテナンスが簡単なウェブサイトやブログを作れるんです。 2017年8月11日 |  …2017-08-20 12:57:20

僕がHugo静的サイト・ジェネレータをGitLabで使うときにしたCl設定 | from Leow Kah Man - Tech Blog

 週末にかけて、GitHubに構えていた私のブログをGitLabに移転しました。GitLabだとClビルドが自動的にできるところが便利です。  僕はGitLabのレポジトリにNodeJS Dockerイメージを構…2017-08-19 13:12:29

Brunch - スケルトン

スケルトン     ➡ まとめページで見る  Brunchのスケルトンは基本的に、アプリケーションの定型文セットになっています。アプリケーションの開発がより一層捗ることで…2017-08-18 19:25:30