「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

shikimi

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

Linuxで使える オープンソース個人会計/家計簿ツール3選 | from opensouce.com / Jason Baker

 2016年 1月 07日 投稿 | Jason Baker (Red Hat)
 イメージ画像: opensource.com (cc-by-sa)

  新しい年度が始まりますね。
 新たに個人でお金の管理を始めたいという方も多いはず。

 予算を考え、それに伴い経費を計算したり、
 あるいは、単にお金の動きをわかりやすく把握したい方もいらっしゃることでしょう。
 ただし、これにおいては、ほとんどの方が銀行口座の収支データを参考にしています。
 

  しかし、場面によってはお金のことをちゃんと明示しておきたいこともあります。

 たとえば、ネット通販や、多額の支払いがあるとき、皆さんどうしてます?

 確定申告などに備えて、記録や伝票の整理を行っていますか?

 たとえそのビジネスが小さかったとしても、副業だとしても、経営者には、販売、顧客、従業員、必要経費の管理がつきまといます。

 もしかして、ビットコイン?などの仮想通貨を使用している方にも、関係のあるお話かもしれません。




 

  銀行口座は基本的に、1個人につき1つは持っているのに、同じように誰しも1つ個人会計ツールを持っているとは限りません。

 また、ツールによっては利用者との相性が気になるものもあります。

 持つなら、使い方が単純明快で、お金の管理をある程度は自動化してくれるツールが理想的といえるでしょう。

 なおかつ、オープンソースのものを選ぶのなら、きちんとしたコミュニティが存在し、サポート体制が整っているものがよいでしょう。

 そこで、この記事では、
 第4の手段として「スプレッドシートを使う」ことも視野に入れながら、
 オープンソースの会計ソフトを紹介していきます。
 
 Linuxで使えるものが主ですが、中には他のOSで動作するものもありますので、必見です。


 

  GnuCash

  まず最初に紹介するのはGnuCashです。
 GnuCashは、小規模ビジネスを運営するには十分な機能を持ち合わせたアプリケーションです。

 1998年のリリース以来、さまざまな主要Linuxディストリビューションのオプションとして搭載されてきました。
 今では対応OSをWindows、Macにまで広げています。

 機能は、帳簿付け全般、幅広いフォーマットでインポート可能、
 他通貨への換算、予算編成、プリントチェック、
 一覧表の作成、ネットバンクからのインポート、すばやい株価速報など。

 その多機能さから、少々型破りな使い道にも対応できます。

  さらに、GnuCashには専用のスマホアプリがあります。
これを使うことで、日々の支出を簡単にGnuCashに記録できるのが最大の強みともいえるでしょう。

 そして、その記録をインポートして、さらに詳しい管理は、PCで行う仕様です。

 しかし、残念ながら、このアプリは、PCと自動同期してくれるわけではありませんのでご注意を。
 

  GnuCashは主にC言語で記述されており、そのソースコードはGitHubで公開されています。98年から続く歴史の長さゆえに、コードはGPLをはじめとした、複数のライセンスのもとで書かれています。


 

  HomeBank

  個人会計ツールなら、Homebankもおすすめです。
 使い方は簡単で、図表機能と報告機能に長けています。

 たいていのLinuxレポジトリに入っているソフトなので、ぜひ見てください。

 Windowsユーザーにおいては、サイトから直接ダウンロードしなくてはなりません。なお、使えるかどうかの保証はありません。
 

  HomeBankにも他のソフトウェアと同じような機能が搭載されています。

 Quicken や Microsoft Money 、ほかにも主要なフォーマットに対応し、
 2重取り引きを検知するシステムや、多様な預金口座対応、
 分割トランザクション、予算編成、などの機能があります。

 なんと、このソフトは56もの言語に対応しているので、
 あなたが使っている言語が入っている可能性は十分にあるといえるでしょう。
 

  HomeBankのソースコードはLaunchpadで公開されています。
 ライセンスはGPL version 2です。


 

  KMyMoney

  最後に紹介する個人会計ツールは、KMyMoneyです。
 KDEアプリケーションです。
 主な機能は他のソフトとあまり差はありません。

 開発者たちは、機能面において、

 会計ツールに欠かせない「正確さ」、
 確実に使い続けられる「操作の簡便性」、
 他のソフトから移行ができるように、「機能の互換性」、

 この3つの方面に力を入れているそうです。
 

  その目標を達成するために、KMyMoneyは新たな会計システムへの対応を目指しています。

 団体やその会計処理、タグ管理、QIFインポート、
 照査事務、スケジュール作成、台帳管理、
 投資追跡とその予測、他通貨への対応などが、その機能の一例です。

 GnuCashなどの個人的な会計とは少し違う方向に、その手腕を伸ばしつつあるソフトですが、使うのはさほど難しくありません。

  KMyMoneyのコードベースはgitレポジトリに公開されています。ライセンスはGPL2です。

 Linuxむけにデザインされたものですが、WindowsとMac OS でも使えます。

 

  スプレッドシート

  以上3つの素晴らしい会計ソフトを紹介しました。
 いずれも、サポートとアップデートが安定して行われています。

 ですが、私はスプレッドシートを使うことも大いに1つの選択肢であると考えています。

 スプレッドシートには、専用ツールほどの多機能さはありません。
 なので、投資や資産の増産などにはあまり向いていませんが、
 お金の流れを整理することは十分に可能です。

 まさしく、シンプルがベストという場面もあります。

 「スプレッドシート」はあくまでただの「記録」です。

 すぐにバックアップをとることができますし、
 他の機械への引き継ぎ、共有も簡単です。

 とくにこれといったアカウント情報が記載されていない限り、
 いったい何の情報なのかもわかりづらく、
 個人情報もれの心配も少なくなります。
 
 

  ごく普通の表計算ソフトでも、その単純さゆえに、様々な場面で活用でき、ソフトそのものも安定して動作してくれます。
 表やグラフもたやすく作成してくれるので、お金の動向をすぐさま確認できますね。

 その表計算ソフトにもオープンソースのものがあります。
 LibreOffice CalcGnumetric あたりが代表的です。
 もちろん、両方とも実用的ですし、あなたのお金を管理する手助けになることでしょう。


 

  実は、筆者は、会計ツールと表計算ソフトの両方を使っています。

 個人会計ツールは、データを分析したり、自分のアカウントにアクセスするだけで、必要な情報が一覧できるところが便利です。

 しかし、ひとたび会計ツールでは対応しづらい問題になると、
 一番の頼みの綱はスプレッドシートだったりするのです。

 たとえば、誰に、何を、どうやって支払ったかなどを、比較したいときなどは、スプレッドシートを使った方が容易です。

 私は自分の車にGPSレコーダーを積んでいて、
 そのデータとガソリン代をスプレッドシートで照らし合わせれば、
 1マイルごとの移動に、どれだけのガソリン代を費やしたかを測れます。

 レストランでの出費と私の健康診断の結果を照らし合わせれば、
 外食にともなう自分の体重変化との相関関係をみいだせます。
 この用途にもスプレッドシートが便利です。






 

  さて、あなたに合いそうな方法は見つかりましたか。
 3つの会計ツールは、どれも機能はおおよそ同じです。

 ただし、皆さんそれぞれ好みがあるでしょうから、そこでどのソフトを使うかが決まるでしょう。
 
 一番の方法は、一度ソフトを入れて実際に使ってみることです。それで自分に合わないようであれば、あなたのアカウントを次のソフトに移植すればよいのです。

 そして、これらのツールを使ってみて、さらなるビジネスの手がかりや、強力な分析ツールがほしくなったら、「会計ツール」というより、「ERP システムツール」のほうが適当でしょう。
 もちろんこれにもオープンソースのものがありますので、ぜひ調べてみてください。 
 

  あなたにピッタリなオープンソース・ツールを使って、
 お金の面でも素敵な1年にしてみませんか?

 

 [ みんなの翻訳内 ]
もっと「
おすすめ オープンソース・ソフトウェア」を見る

 
PDF
更新日:2017-07-29 14:23:17 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] https://opensource.com/life/16/1/3-open-source-personal-finance-tools-linux Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

Brunch - プラグイン

プラグイン    ➡ まとめページで見る  新しくプラグインを導入したいときは、「npm install --save-dev プラグイン名」でインストールできます。インストールした.jsフ…2017-08-20 13:01:01

AsciiDocでブログを作るには | from Opensource.com

 AsciiDocマークアップ言語とHugoパブリッシング・プラットフォームを組み合わせると、動作が軽く、メンテナンスが簡単なウェブサイトやブログを作れるんです。 2017年8月11日 |  …2017-08-20 12:57:20

僕がHugo静的サイト・ジェネレータをGitLabで使うときにしたCl設定 | from Leow Kah Man - Tech Blog

 週末にかけて、GitHubに構えていた私のブログをGitLabに移転しました。GitLabだとClビルドが自動的にできるところが便利です。  僕はGitLabのレポジトリにNodeJS Dockerイメージを構…2017-08-19 13:12:29

Brunch - スケルトン

スケルトン     ➡ まとめページで見る  Brunchのスケルトンは基本的に、アプリケーションの定型文セットになっています。アプリケーションの開発がより一層捗ることで…2017-08-18 19:25:30