「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

Linuxってこんなに便利だったっけ!?おすすめGNOME3拡張機能9選 | from opensource.com

  Linuxは、デスクトップを改善すればもっと便利になる!
  そんなことを実感できるGNOME3拡張機能を紹介します。

 

 2017年2月9日 投稿

 Jason Baker (Red Hat)

 
 新しいコンピューターを手に入れたのなら、たいていの人が「あんな設定をしたい」「ここはこうカスタマイズするぞ」と何かしらの「やることリスト」を持っているはずです。
 


  それは、デスクトップ環境を選んだり、他のターミナル・シェルを入れたり、
  簡単なことなら、お気に入りのブラウザを入れたり、壁紙を変えたり、なんでも構いません。

  私が新しいLinuxマシンを入れたとき、とくに毎日使うGNOMEデスクトップにはこだわりましたよ。

 たった1つの拡張機能でも、ふとしたイライラを防止できたり、どんどん仕事がはかどったりするものです。

 そのことに気づくまで、私はGNOME3が本当に便利なものか疑ってすらいました。ですが、自分にあうカスタマイズをすればとても快適。GNOME Tweak Toolに出会ったことも大きかった。

 結果、もう3年ほど使っています。
 

  そこで、私が発見した拡張機能のなかでも、「これは外せない」というものを選んでみました。

  逆に、すごくマニアックな機能は出てきません。そのかわり、誰もが使えて、私は手放せなくなったものを紹介します。



  Applications Menu


  GNOME 2 を使っていた方には、もはやおなじみのアプリケーション・ランチャーです。こちらは、さまざまなLinuxディストリビューションに標準搭載されてきました。

 GNOME 3 ではそれがさらに見やすくなって、再登場。
 私は以前のランチャーが、ちょっと見づらくて嫌だったんですよね。だから、新たにこれに入れなおすことにしました。

 新しいランチャーは以前のものと比べて、
 アプリケーションの分類が直感的になったことと、
 アイコンが大きくなってアプリケーションを見つけやすくなったところがいいですね。
 なくてはならないツールです。
 



  Applications Overview Tooltip


  私はこれに出会うまで、「ツールチップ」なんて見向きもしませんでした。
  これをインストールすれば、自分の持っているアプリケーションが見つけやすく、
 なおかつ、簡単な説明も表示されるようになります。

 何年か前にインストールして、しばらく放っておいたミニゲームの存在を、これで思い出せたりしました。
 
 ただし、この拡張機能にはいくつかの欠点があります。

 まず注意が必要なのは、「Steam」を使ってインストールしたゲームです。
 この拡張機能では、それらのカスタムアイコンが表示されません。

 それから、名前が長すぎると見切れてしまいます。
 たとえば、「Awesome Game Pro Cool 1」「Awesome Game Pro Cool 2」などのゲーム名は本当に紛らわしいことになります。
 

  なので、私はゲームをインストールしたら、手動でツールチップを設定しています。
 長すぎる名前は「multiplayer real-time strategy」とか、「タワーディフェンス ゲーム」など、あとで見やすく、簡単なものに置き換えます。

 Applications Overview Tooltip は自分のアプリが何なのかを大まかに教えてくれるので、アイコンを見て、「このアプリなんだっけ?開かなくちゃ」という状況を防止してくれます。
 



  Clipboard Indicator



  コンピューターで何かを繰り返し書くことがあるのなら、欠かせない機能ですね。

  Linuxにもクリップボードがあるということを知らなかったなら、もったいない。タイピングや、確認作業に明け暮れてしまうかもしれない。

 もちろん、クリップボード機能を持ったアプリなら、ほかにもあります。
 ですが、それは毎度そのアプリを開かなくてはなりません。

 そこで、この拡張機能です。これなら、クリップボードの機能はそのままに、小さなアイコンで、スクリーンの上部にさりげなく常駐してくれます。
 



  Coverflow Alt-Tab


  私は、GNOME3デフォルトのAlt-Tab screenがそこまで好きではありません。
 ウェブブラウザを新しいタブで開くようにしている私にとっては、「タブをアプリケーションごとに分ける」機能がそんなに便利とは思えなかったのです。

  でも、この機能に出会ってからは、スクリーンのイメージが変わりました。

 スーパーキーを押すことで大きく表示され、ウィンドウのアプリの全貌が見渡せる。Alt+Tabの欠点を、大きなスナップショットで解消しています。

 この拡張機能が今までのAlt+Tabへの偏見を消してくれるはずです。
 

 

  GNOME Shell Audio Output Switcher



  再生スピーカーを切り替えることってありますか。

 私は、とくにラップトップでそうしています。

 ヘッドフォン、スピーカー、ブルートゥース・デバイスなど、コンピューターを使っていたら、時と場合に応じて再生機器も変わります。

 その切り替えをワンタッチでできる拡張機能を探していたところ、見つけたのがこれです。

 接続可能な再生機器をメニューとして出してくれる、シンプルな拡張機能で、これもシステムメニューにこっそりと常駐します。
 



 GNOME Pomodoro



  この拡張機能については、私が以前執筆した記事でも紹介したことがありますが、ここでも紹介しましょう。そのくらいお勧めです。

 何の機能かと申しますと、これは「タイマー」です。これもまたスクリーンの端にいてくれます。

 タスクに制限時間を設けたいときなど、時間ごとに作業を切り替えたいときに便利です。
 これのおかげで、生産力が上がった作業も確実にあります。 


  ぜひ、プロジェクトのサイトか、ディストロのレポジトリから新しいバージョンをインストールしてください。

  リンクをあえて、GNOME shell extensions websiteに張らなかったのは、アップデートが遅れているからです。
 



  Multi Monitors Add-On



  モニターの切り替えを使用している方におすすめの拡張機能です。

 GNOMEはデフォルトでもモニターの切り替えは可能ですが、モニターの切り替えがしやすいとは言えません。

 また、モニターを切り替えたときに、他モニターの様子はパネルの上部に簡単に表示されるものの、その内容まではわかりづらい。

  この拡張機能はそこを解決してくれます。
  画面のなかに、他画面のサムネイルを表示。切り替えも簡単。

 そして、アプリケーションメニュー。
 これのおかげで、他のモニターで起動しているアプリを使うがために、モニターを行き来する手間が省けました。
 



  Redshift



  これは、本当に単純な拡張機能で、時間に応じてブルーライト量を調節してくれます。

 長時間に及ぶパソコン作業による眼精疲労が気になる方におすすめ。

 同じようなソフトに f.lux があり、こちらのほうが人気もありますが、Linux用のインターフェースがあまりよくなかった。

 というのも、私の使っているFedora 25では、デフォルトのcompositorであるWaylandで安定的に動かなかったのです。

 調べてみたところ、Waylandで安定動作したのがこの拡張機能だったので、おすすめしています。(ついでに、それについての記事はこちらです)
 

  Redshiftは色の調整も可能ですし、必要な時に止めることもできます。
 なので、画像を見るときなど、色が大切な場合でも安心ですね。
 



 TopIcons Plus


 

  個人的な話ですが、私はGNOMEのアイコンの並べ方が好きではありません。

 画面の左下にアイコンがごちゃごちゃと集まりますし、使っているアプリケーションによっては誤ってクリックしやすいからです。

 TopIcons Plusはアイコンをスクリーンの右上に移して、きちんと分類して並べてくれます。これで、スクリーンがさらにすっきりします。

 ですが、私としてはトップバーに並ぶアイコンが、白と黒でシックにまとまるところが気に入っています。
 


 

  さて、以上でおすすめの紹介終わりです。
 まだ、自分としては好きなものとかいっぱいあるんですけど。それでは膨大すぎるので。

 いくつか、よくおすすめ記事に取り上げられる拡張機能もありますが、

 Drop Down Terminal(私はGuake派。)
 OpenWeather(デスクトップにお天気…いる?)
 Media player indicator(いつも使っているブラウザベースのプレイヤーに互換してない。)
 Dash to Dock(ものすごい数のカスタマイズ・オプションがあるけど、ここまでは使わないな)

 という個人的な観点で、あまりおすすめしませんでした。
 

  ともあれ、あなたのGNOMEデスクトップをさらに便利にする一助になれば幸いです。

 

 
PDF
更新日:2017-03-20 19:47:39 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] https://opensource.com/article/17/2/top-gnome-shell-extensions Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

Linux人気デスクトップ環境10選 | from TechMint.com

 Linuxには Windowsや Mac OS X には見られない面白さがある。その一つが、デスクトップ環境が変えられることだ。  デスクトップを選ぶ理由は、ユーザーの使い道に合っているから、コン…2017-03-26 18:37:59

AtoM: オープンソース文書記述ソフトウェア

 AtoMは、初版2007年  以来、Access to Memoryシステムの開発を続けてきました。  ウェブベースで、オープンソース。  多言語対応、マルチ・レポジトリ環境を提供する、  スタンダ…2017-03-25 14:50:23

Linuxで使える オープンソース個人会計/家計簿ツール3選 | from opensouce.com

 2016年 1月 07日 投稿 |  Jason Baker (Red Hat)  新しい年度が始まりますね。  新たに個人でお金の管理を始めたいという方も多いはず。  予算を考え、それに伴い経費を計…2017-03-25 00:10:52

オープンソースERPシステム 4選 | from opensource.com

  会社組織のビジネスは、商品価格、生産計画、財務の管理、賃金台帳の管理、取引目録の作成など、様々な事項をバランスよく管理する必要があります。  普通のPCによくあるような、ワ…2017-03-25 00:04:46