「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

K0hei22

English⇒Japanese

mayuko

English⇒Japanese

ホームWikipedia翻訳一覧 > Wikipedia翻訳

Wikipedia翻訳

バト wikipedia翻訳

  これではない場合はBat(あいまい回避)をご覧ください。

  バトはエジプト神話の女神。人の顔に牛の耳と角をつけている。エジプト王朝中期ごろに、女神ハトホルと同一視された。[1]

 目次

 1 信仰 1.1 名前 2 古代エジプト文化における描写 2.1 ハトホルとの関係 3 参考文献 4 外部リンク


 1 信仰

  バトは早い時代から信仰されており、旧石器時代の終わりごろにはすでにその源流があったと考えられる。上エジプトの第7州、セシェシュ(フーあるいはディオスポリス・パルヴァ)では位の高い女神であった。

 (写真1) 『ナルメル王のパレット』の上部両側に描かれている顔がバト。

 (写真2)冠からして、向かって左側にハトホル、右側にバト、中央に第4王メカウラの3人が表された像。女神をそばに描くことで、王の権威を表した。バトの頭にある棒飾りはシストルムである。シストルムは、動物の角と耳とがはえた人形と、マアトの羽で飾られている。(エジプト考古学博物館)

 1.1 名前

  名前の由来は、おそらく「バー(ba)」という言葉と、女性を表す「ト(t)」という言葉を組み合わせたものと思われる。バーは大まかに「魂」を表すと考えられており、よくそう訳される。

 2 古代エジプト文化における描写

  バトは位の高い女神とされたにもかかわらず、それが描かれた像や出土品はあまり見当たらない。有名なものでナルメル王のパレットに描かれたものくらいである。バトは、周りにたくさんの星が描かれ、さながら牛の天女のように表現されることもあれば、普通の人のように表されることもある。だが、たいてい人の顔に、内巻きの牛の角と牛の耳をつけた姿で描かれる。ここから、エジプト王朝初期に飼われていた牛の品種は角が内巻きだったと考えられている。

  バトは別名「シストルムの主」と記されるほどシストルムと関係があるようだ。 [2] シストルムはアンクのような形をした楽器で、古代エジプトでは神器としてよく使われていた。他の楽器が、バトの頭から首にかけて、あるいは耳や台座に描かれていることもある。そして、角の間にヘビが巻き付いていることもある。そして、パレットに描かれていたように、彼女には二つの顔があることが、ピラミッドに記されていた文章からわかっている。

  我は、神聖にして、偉大なる、二つ顔のバトである。神の加護を一身に受け、自らも全ての禍と戦い己を守ってきた。 [4]

 


 2.1 ハトホルとの関係

  バトとハトホルは牛の女神である点が共通している。ハトホルは主に下エジプトで信仰された、バトと同じような役割の女神である。また、2つの女神のイメージにはあまり大きな差がなく、逆に明確な違いを探せと言われた方が難しい。
 だが、1つ注目すべき違いを挙げるとするならば、それは角の曲がり方だ。バトは角が内側に曲がっており、それに対してハトホルはわずかに外側を向いている。ここから、古代エジプトでも、時代によって飼われていた牛の品種は異なっていることが推察される。

  ハトホルは上エジプトの第6州を中心地として信仰されていたが、その隣の第7州ではバトが信仰されていた。このことから、おそらくエジプトに王朝ができる以前はどちらも同じ女神だった可能性がある。王朝中期、ハトホル信仰はバト信仰を吸収してさらにその信仰を広めたように見えるが、結局は昔に戻っただけのことかもしれない。


3 参考資料

 ^ Wilkinson, Richard H. The Complete Gods and Goddesses of Ancient Egypt, p.172 Thames & Hudson. 2003. ISBN 0-500-05120-8 ^ Hart, George. The Routledge Dictionary of Egyptian Gods and Goddesses, p. 47 2nd Edition Routledge. 2005. ISBN 0-415-34495-6 ^ Wilkinson, Richard. H. Reading Egyptian Artp. 213 Thames and Hudson 1992. ISBN 0-500-27751-6 ^ R. O. Faulkner, The Ancient Egyptian Pyramid Texts, Oxford 1969, p. 181, Utterance 506

 
4 外部リンク

The goddess Bat - discussion on Philae
The goddess Bat - discussion on Egyptian Myths

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
PDF
更新日:2017-03-09 19:01:33 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] https://en.wikipedia.org/wiki/Bat_(goddess) Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

食べ物解説 - スヴァネティ・ソルト

Bassa's Blog | 2013/09/05投稿  スヴァネティ・ソルト(Svanetian salt/სვანური მარილი)とは、グルジア(ジョージア)北西部にある山がちな地方スヴァネティにおいて食される調…2017-05-27 22:18:55

チーズがとろける焼きマッシュ (グルジア/ジョージア料理)

グルジアン・レシピ | 2013/03/29投稿  スルグニ・チーズ(Sulguni cheese/სოკო კეცზე)とマッシュルームを使った料理を紹介しましょう。焼くときにジョージア伝統の素焼き皿“kets…2017-05-27 15:03:06

トマトとスパイスの豆料理 (グルジア/ジョージア料理)

グルジアン・レシピ | 2013/08/02投稿  グルジア語では、豆のことをロビオ(Lobio/ლობიო)といいます。ジョージアにはたくさんの豆料理があります。   ここではその中でも、トマト…2017-05-27 14:21:33

グリーントマト、ニンジン、玉ねぎで作る フリード (グルジア/ジョージア料理)

グルジアン・レシピ |  2013/10/22投稿  グリーントマトはグルジア料理ではよく使われる具材です。特に、マリネやナッツが入ったレシピではよく使われています。ここではそのグリ…2017-05-27 13:28:04