「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホームWikipedia翻訳一覧 > Wikipedia翻訳

Wikipedia翻訳

Audacious (ソフトウェア) wikipedia翻訳

目次

0. 概略 1. 歴史 2. 機能 2.1 デフォルトで入っているコーデック 2.2 プラグイン 2.3 外観 2.4 クライアント 3. 関連項目 4. 参考資料 5. 更に詳しく 6. 外部リンク




 


0. 概略

  Audacious は無料でオープンソースのプレーヤー。少ないリソースでも、多様なファイルを高品質に再生することに力を入れている。 [4]
 POSIXに対応しているOS、主にLinuxと、限定的だがマイクロソフト・ウィンドウズで使える。 [5]
 Audacious は Lubuntu と Ubuntu Studio のデフォルトのプレーヤーである。



Audacious 

 

 [ 初版 ]

 2005年10月24日。11年前。

 [ 最新安定版 ]

 3.8.2 (2017年1月20日)

 [ プレヴュー版 ]

 3.4 (2013年6月28日)

 [ レポジトリ ]

  github.com/audacious-media-player

 [ 開発状況 ]

 活動中

 [ 使用言語 ]

 C++11 ( qt and GTK+ v2 [2])

 [ 対応OS ]

 Linux, Windows

 [ ソフトの分類 ]

 オーディオプレーヤー

 [ ライセンス ]

 2-clause BSD license [3]

 [ 公式サイト ]

  audacious-media-player.org

 
 



  1 歴史
 

  Audacious は Beep Media Player のフォークとして始まった。(さらにBeep〜はXMMSのフォークである。)
 Beep Media Player の開発チームは次なるBeep Media Player 略して、BMPxを作りだせるように開発の終了を宣言した。
 それを期に、William "nenolod" PitcockはBPMのフォークに乗り出すことを決心した。
 公式サイトよると、Pitcock とその仲間たちは「開発環境をどうするかも含め、新しいプレーヤーをどう作るーかにそれぞれに考えがあった」という。 [8]
 


  バージョン2.1 から、Audacious は それまでのバージョンでも採用していたWinamp系のインターフェースに加え、GTK+系のインターフェース、GTKUIを採用した。
 GTKUIはいくつかの点でFoobar2000と似ている。
 GTKUIはバージョン2.4 でデフォルトのインターフェースに採用された。

  バージョン3.0 以前は、GTK+ 2.x ツールキットを標準採用していたが、2.5から部分的にGTK+ 3.xツールキットへの対応を始めた。
 バージョン3.0 からGTK+ 3.xに完全対応した上に、デフォルトで採用しはじめた。 [10]
 だが、開発チームは、バージョン3.6 にて、GTK+ 3.xの開発には着手せず、ツールキットをGTK+ 2 に戻すことにした。
 彼らには、時間もかかるが計画的に開発言語をQtに移行していきたいという、という事情がある。

  

  2 機能

 
 Audaciousにはギャップレス再生機能がある。

 
 2.1 デフォルトで入っているコーデック

・Libmpg123を使用したMP3再生
・Advanced Audio Coding (AAC and AAC+)
・Vorbis
・FLAC
・Wavpack
・Shorten (SHN)
・Musepack
・TTA (codec)
・Windows Media Audio (WMA)
・アップル ロスレス (ALAC)
・150 以上のその他フォーマット 
・チップチューン: AY, GBS, GYM, HES, KSS, NSF, NSFE, SAP, SPC, VGM, VGZ, VTX
・PlayStation Audio: PSF1 、 PSF2
・任天堂 DS サウンドフォーマット: 2SF
・Ad-lib チップチューン (AdPlug library)
・WAV 用プラグイン (libsndfile plugin)
・MIDI via native OS synthesizer control or TiMidity.
・CD 音源プラグイン

 

 2.2 プラグイン

  Audacious は他にもプラグインがあり、それでコーデックを更に増やすこともできる。拡張機能はサードパーティプラグインとして導入される。

 
 これまでのバージョンのAudaciousプラグインは以下のとおりである。中には、バグ修正用のパッチだったり、ユーザーにはあまり目立たないものある。

・Decoder plugins - デコーディングに有用なコーデックが入っている。
・Transport plugins - 仮想ファイルシステム(VFS)を用いて、足りない部分を補うプラグイン。
・General plugins - 外部サービスをプレーヤーでも使えるようにするためのプラグイン。
           (例:AudioScrobblerに収めている曲を再生するなど)    
・Output plugins - プレーヤーのバックエンドのプラグイン。
・Visualization plugins  - 音声データを高速フーリエ転換で視覚化する。
・Effect plugins - オーディオをデコードする際に様々なエフェクトを追加する。
・Container plugins - プレイリストを作成し、その通りに再生するためのプラグイン。
・ Lowlevel plugins - その他未分類のパッチなどを含んだプラングイン。
・Output plugins
  ・PulseAudio
  ・OSS4
  ・ALSA
  ・Sndio output SDL
  ・FileWriter - これは音声再生ではなく、音声ファイルをWAV、mp3、 Ogg Vorbis、FLACに変換して書き出したり、CDに焼いたりするためのプラグイン。
  ・JACK


 2.3 外観

 AudaciousはWinamp 2の外観に完全対応している。バージョン1.2から、スキンの変更が利くようになった。
 スキンファイルは、Winamp.wsz形式のzipファイルで配布される。
 各自のディレクトリに入れて使えるものから、ディレクトリに入れずとも使えるものがある。使える画像は、Winapのアーカイブの関係上Windows Bitmap (.bmp)画像だが、LinuxではPortable Network Graphics (.png)画像として表示される。Audacious 1.xではスキンにRGB color balanceを使って色の調節ができる。
 

 
 2.4 クライアント

  Audaciousはあくまでメディアプレーヤーであって、XMMS2のようにサウンドサーバーの機能はない。しかし、Conkyなどのクライアントソフトウェアに接続することができる。

  Audaciousへのリモートコントロールは、D-Busからの接続で可能になる。それには、MPRIS対応のクライアントか、公式の専用Audtoolユーティリティの使用が必要である。



  3 関連項目

 ウィキペディア・コモンズには Audacious (software)についての項目があります。

 ・Free software portal

 ・Software audio players (free and open-source)


 4 参考資料

 ^ Lindgren, John (20 January 2017). "audacious-3.8.2" . Retrieved 22 January 2017. ^ http://audacious-media-player.org/news/32-audacious-3-6-released ^ https://github.com/audacious-media-player/audacious/blob/master/COPYING ^ "Linux manual page for Audacious". Archived from the original on 2011-08-17. ^ "Audacious 2.5-alpha1 release announcement". Archived from the original on 2011-07-24. ^ "lubuntu 11.04 released". ^ "UbuntuStudio/PackageList – Ubuntu Wiki". ^ "Audacious – Frequently Asked Questions". Archived from the original on 2010-05-06. ^ "Audacious 2.5 release announcement". Archived from the original on 2011-06-22. ^ "Audacious 3.0-alpha1 release announcement". Archived from the original on 2011-07-24. ^ "GTK2 port".

 5 更に詳しく  

 McFarland, Patrick (2006年12月5日). "From XMMS to Audacious: The history of a Winamp clone". Free Software Magazine . (2013年5月再掲載)


 6 外部リンク

・公式サイト
Git Hub Audacious
Git Hub Audacious プラグイン
Bug tracker
 

 

PDF
更新日:2017-02-12 12:04:00 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] https://en.wikipedia.org/wiki/Audacious_(software) Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

【GitLab Pages 公式 を訳してみた】GitLab Pages 説明書 

GitLab Documentation > User documentation > Projects >GitLab Pages 説明書  GitLabには「GitLab Pages」という機能があります。  GitLab…2017-10-15 12:39:59

【GitLab Pages 公式 を訳してみた】GitLab Pages サーバー管理者向け説明書

  はじめに GitLab Pages機能 は、GitLab EE 8.3以降から使えるようになりました。 カスタムCNAMEにTLS証明書が使えるようになった のは、GitLab EE 8.5以降です。 コミュニ…2017-10-15 12:39:13

GitLab PagesでのTLS設定方法と、Let's Encryptについて | from: about gitlab.com

 GitLab Pagesで作られたサイトを、 Let's Encrypt でHTTPS化する方法をお教えします。   どうしてTLS/SSLが必要か  HTTPSについて話し合ったときなどに、よく「静的サイト…2017-10-10 21:24:06

【GitLab Pages 公式 を訳してみた】GitLab Pages のこと全部教えます!③

GitLab Documentation > User documentation > Projects > GitLab Pages 説明書 >GitLab Pages のこと全部教えます!③ 記事の 種類 : 取扱説明書 || 対象 : 初心者 || …2017-10-09 23:13:04