「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

shikimi

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

ビヨンセのスーパーボウルタッチダウン 黒人の命も大切に / エイミー・グッドマンとデニス・モイニハン

 50回目のスーパーボウルはもしかすると、フットボールの歴史の中で最も政治的だったかもしれない。試合自体ではなく、むしろ音楽界のスーパースターであるビヨンセによる、力強いパフォーマンスが披露される、注目すべきハーフタイム・ショーのことである。他のどのショーよりも豪華で、アメリカ合衆国の商業化されたスポーツやセレブのトップであり、およそ1億1000万人ものファンが世界中に存在する。ビヨンセは試合を盛り上げる、政治的な曲やダンスの力を、試合を見に来ている大勢の観客にもたらした。彼女が披露したその曲は、新しい世代のための黒人至上主義運動の聖歌としての役割を担っている、「フォーメーション」という曲で、黒人の命も大切運動に疑問を抱いている若者に向けて強調したものである。

 ビヨンセは大スターではなかった。主役はイギリスのバンドであるコールドプレイで、彼らが歌った初期のポップ調の曲はビヨンセとは対照的で、甘いメロディーであった 。華々しい爆発音の最中、黒いミリタリージャケットと網タイツを身にまとったビヨンセが、似たような服装でベレー帽をかぶったアフリカ系アメリカ人の女性約25人のバックダンサーとともに、芝生のセンターに現れた。それは、1960年代のブラックパンサーの記憶を呼び起こすものであった。象徴主義を強く印象付ける、大文字のXを形づくる彼女のダンサーたちは、まるで、ブラックパワーの象徴、1965年に暗殺されたマルコムXをしのんでいるかのようである。

 スーパーボウルは2月7日に行われた。ビヨンセはその前日にビデオでこの曲をリリースした。2月5日はアフリカ系アメリカ人の高校生、トレイボン・マーティン君の21歳の誕生日であった。4年前、彼は白人の自警団員であるジョージ・ジマーマンによって殺されてしまったのである。ビヨンセの夫であるジェイZは、彼が所有するタイダルという音楽配信サービスが、黒人の命も大切運動に影響されたり、その運動の目的を支持するたくさんの社会的正義組織に、150万ドルを寄付することを発表した。

 スポーツ記者のデイブ・ザイリンは、「みんなビデオを見るべきだ。5分間のビデオの中には、私の記憶に残るハリウッド映画よりも、はるかに印象的な映像がたくさんある」と、「デモクラシー・ナウ」ニュースアワーで発言した。 「これは過激で、斬新だ。……このビデオは、南部の黒人の経験に基づいてつくられたものであり、黒人の命も大切運動についてだけではなく、子どもたちを守る母親やレズビアンの黒人女性たちが、『ここにいるよ。私たちも大切よ』と言えるようになるために数百年間、黒人女性たちが戦っていたことについて取り上げているビデオである」と彼は言った。

 「フォーメーション」のビデオには、ハリケーン・カトリーナの後のニューオリンズを思い出させるような、水浸しの街、そしてビヨンセが浸水したパトカーの上で歌う映像が含まれていた。「私達を撃たないで」と書かれた壁が映されている。ザイリンは、メンフィス大学の社会学の教授であるザンドリア・フェリーチェ・ロビンソンによるビデオでのイメージの説明を賛美した。 ザンドリアは「新しい南部黒人女性」という彼女のブログに書いた。「昔も今も厳格で陽気な、黒人のニューオリンズの風景の中に織り込まれ、あるいはそれを通して、ビデオの中の南部黒人の記号と心象はゆるぎない」。そして彼女は続けてこう綴った。「ビヨンセはどんな黒人女性にも、時間・階級・空間を超えて、無理なく乗り移ることができる」と。

 スーパーボウルは1966年に設立された。同年にブラック・パンサー党もつくられた。チャンピオンシップゲームは盛り上がり、ナショナル・フットボール・リーグの象徴的イベントになるまで成長している。そのリーグは、年間収益が70億ドルを超える。逆に、ブラック・パンサー党は対敵謀報活動プログラムを行う、アメリカ連邦捜査局(FBI)の標的であった。そのメンバーは圧迫され、逮捕され、投獄され、そして時には、殺されることもあった。この対敵謀報活動はアメリカ連邦捜査局(FBI)の「スパイ防止活動」であった。アメリカ連邦捜査局(FBI)の長官であるジョン・エドガー・フーヴァーの直接的な監督のもと、違法に行われた。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの不倫の証拠をつくって弱みを握り、彼を自殺に追い込もうとしたのもこのプログラムである。

  ビヨンセの卓越したパフォーマンスのあと、黒人の命も大切運動の活動家たちがダンサーたちに手作りのプラカードを手渡した。そこには「マリオ・ウッズに正義を」と書かれていた。ダンサーたちがプラカードを掲げ、こぶしを突き上げている動画や写真は口コミで広がった。マリオ・ウッズはサンフランシスコ在住のアフリカ系アメリカ人で、2015年12月2日に警官に射殺された。警察はウッズがナイフを持って突きつけたと主張しているが、この主張は目撃者が銃撃をスマホで撮影した動画によって否定されている。銃撃に関与した警官全員が無罪となったことで黒人社会の怒りが高まり、米司法省は「独立機関による徹底した見直し」を進めている。

  第50回スーパーボウルが華々しく、商業的に喧伝されるなか、力強い社会運動が生々しく、濃密にセンターフィールドで表現された。時代を超えて響き合うものが、アーティスティックに再生し、大統領選のこの年、黒人の命も大切であることをうたい上げた。

 
PDF
更新日:2017-01-30 16:09:52 tkkobe (SASAKI Yurie) 1  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.democracynow.org/2016/2/11/beyonce_s_super_bowl_touchdown_for Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

tkkobe さんの翻訳記事

警察権の拡大:トランプ大統領、公約実現に乗り出す

コラム(2017年4月13日付) シリアやイラク、イエメン、北朝鮮などの国々で行われている国家的暴力に世界が注目する中、アメリカにおいても、野放しの国家的暴力の基礎が築かれつつある…2017-06-24 10:43:18

オバマは広島の生存者を心に留めておくべきだ

オバマ大統領が広島(世界初の原子爆弾攻撃の場)を訪問するということを、今週、ホワイトハウスが発表した。彼はその場所を訪れる初の現職の大統領になるだろう。そして前大統領である…2017-01-30 16:15:08

ビヨンセのスーパーボウルタッチダウン 黒人の命も大切に

 50回目のスーパーボウルはもしかすると、フットボールの歴史の中で最も政治的だったかもしれない。試合自体ではなく、むしろ音楽界のスーパースターであるビヨンセによる、力強いパフォ…2017-01-30 16:09:52

暴力を受けた女性被害者の正当防衛は認められない?

被害者が自らの身を守ると二重の被害者となる危険性がある。―― 一度目は虐待、二度目は犯罪司法制度によって。 シェレル・ボールドウィンは、元交際相手に繰り返し暴力を受けてい…2017-01-30 12:33:25