「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

shikimi

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホームWikipedia翻訳一覧 > Wikipedia翻訳

Wikipedia翻訳

Eko Eko Azarak (呪文) wikipedia翻訳

 この記事はウィッカの呪文である、「Eko Eko Azarak」の意味や由来について解説する記事です。
 漫画作品、アニメーション、テレビシリーズ、映画の「エコエコアザラク」についてはこちらをご覧ください。



 目次
 0 概略 1由来 2解釈 3ポップカルチャーとして 4参考文献 5原文サイト/拍手(末尾へ移動)
 





 0 概略

 Eko Eko Azarak とは、ウィッカ典礼にある始まりのうたい文句。「ウィッカの文句」とも、「Eko Eko chant」ともいわれる。
 ウィッカの事実上の創始者、ジェラルド・ガードナーが使っていることで有名。

 
「Eko Eko chant」はノーヴェンバー・イブや、サムハイン祭(諸聖徒日)の式典の際に使われる。以下はその呪文。


 Eko, eko, Azarak Eko, eko, Zomelak Bazabi lacha bachabe Lamac cahi achababe Karrellyos Lamac lamac Bachalyas Cabahagy sabalyos Baryolos Lagoz atha cabyolas Samahac atha famolas Hurrahya! [1]

 ガードナーは自分なりにアレンジしたこの文句を、自身の著書「High Magic's Aid」にて1954年に出版した。



 「Eko Eko chant」には他にも言い回しがあるものの、たいていは4行詩で、内容はケルヌンノス(Cernunnos)やアラディア(Aradia)など、ウィッカの神々へのあいさつのことばである。

 この2柱のほかにも、カーナイナ(Karnayna)とアラディア、ヘーン(Hern)とヘカテー(Hecate)、オシリス(Osiris)とイシス(Isis)、ケルヌンノス(Kernunnos)とアリダ(Arida)という組み合わせもある。
 


 80年代中頃、ウィッカによっていくつもの「Eko Eko chant」が作られた。それでもなおアザラク(Azarak)とゾメラク(Zomelak)の記された呪文は割と登場した。

 




1 由来
 

 ガードナーはこの呪文を創る際に2つの資料を参考にした。

 最初の、Eko Ekoと繰り返す部分は1921年出版の雑誌「The Black Arts」のJ. F. C.フラーによる記事より。
 これはのちに「The Occult review」1926年4月号にて再掲載されている。同誌は1923年にこの記事を誤って引用している。
 それによるとフラーの呪文は以下の通り。

 
 Eko! Eko! Azarak! Eko! Eko! Zomelak! Zod-ru-koz e Zod-ru-koo Zod-ru-goz e Goo-ru-moo! Eko! Eko! Hoo...Hoo...Hoo! [6]
 
フラーはこの呪文の出典を明示していない。 



 よく似たものとして、1981年出版の「Eight Sabbats for Witches」に、ジャネットとステュアート・ファーラーが記載した呪文がある。
 彼らはドリーン・ヴァリアンテの呪文を写したとしている。


 Eko Eko Azarak Eko Eko Zomelak Zod ru koz e zod ru koo Zod ru goz e goo ru moo Eeo Eeo hoo hoo hoo!

 ヴァリアンテとファーラー夫妻には個人的な付き合いがあり、その中で夫妻は、ヴァリアンテがかつてガードナーから譲りうけたという呪文を教わったという。



 2つ目の資料は、13世紀フランスのリュトブーフ作の宗教劇「Le Miracle de Théophile」である。
 
 この中のサラティン(サラディンとも)という登場人物がこの呪文を悪魔召喚の時に使っている。


 (Ci conjure Salatins le deable.) Bagahi laca bachahé, Lamac cahi achabahé, Karrelyos. Lamac lamec bachalyos, Cabahagi sabalyos, Baryolas. Lagozatha cabyolas, Samahac et famyolas, Harrahya. [4] [7]



2 解釈
 

 この呪文の意味するところはあまりはっきりとはわからない。

 ペネトーネ・ヒューズが1952年にウィッチクラフトの論文で述べたところによると、「Le Miracle de Théophile」内のこの文章はもともとはバスク語の詩を作者がいいかげんに歪曲したものではないかという。 [8]

 ミカエル・ハリソンは著書「The Roots of Witchcraft」で、バスク語の呪文の使い方や解釈を述べた。その中には、空を飛ぶ呪文や、生贄の作り方、宴会の規則、そして皿の洗い方などが記されている。 [9]

 盲目の詩人にしてFeri Traditionの創始者であるビクター・アンダーソンは、バスク語の「Eko」とは英語の"here is" 日本語の「ここに・・・」を意味すると主張した。 [10]

 レイブン・グリマシーによると、ウィッカの中にはこの呪文を4代元素の力を喚び出すためのものと考えているものもいるという。 [11]




3 ポップカルチャーとして
 

 「Eko Eko chant」はたとえウィッカでなくとも知っている人は多い。
 「エコエコアザラク」という題名の漫画があって、テレビシリーズ化されたり、映画化されているからだ。この漫画は「Wizard of Darkness」という題名でも知られている。

 また、イギリスのメタルロックバンド「Electric Wizard」による2004年のアルバム「We Live」に収録された曲名にも「Eko Eko Azarak」というものがある。

 1971年のドクター・フーにも「Eko Eko Azarak」が登場する。

 1978年のテレビ映画「The Initiation of Sarah」ではシェリー・ウィンタース扮するミセス・エリカ・ハンターが儀式の際に「Eko Eko Azarak」を使っていた。

 1985年の映画「Howling II: Your Sister Is A Werewolf」にもこの呪文が登場する。

 ブリティッシュバンド「Cloven Hoof」は自身のバンド名にもなっている楽曲”Cloven Hoof”の歌詞で「Eko Eko Azarak」のフレーズを使用している。




4 参考資料 [編集]

 
 Wicca portal

 ^ a b Gerald Gardner, The Gardnerian Book of Shadows, 1949 redaction ^ a b c Myth Woodling (April 2012) [December 2006]. "EKO EKO Chant". Yet Another Wicca Website . Retrieved April 14, 2012. ^ " Lady Sheba", The Book of Shadows (Llewellyn, 1971; repr. 2002. ISBN 0-87542-075-3) ^ a b c d Janet and Stewart Farrar (1981). Eight Sabbats for Witches. ^ Form was an art magazine edited by Austin Osman Spare. ^ James W. Baker, "White Witches", in Magical Religion Then and Now, James R. Lewis, ed. (SUNY, 1996; ISBN 0-7914-2890-7) ^ Le Miracle de Théophile, online text at Indiana University, accessed Jan. 15, 2008. ^ Pennethorne Hughes, Witchraft (1952; repr. 1969, Pelican) ^ Michael Harrison, "The Language of Witchcraft", in The Roots of Witchcraft (Citadel, 1974). ^ Inni Baruch (2001). "Speaking with Victor Anderson". This particular interview by Inni Baruch first appeared in PagaNet News(PNN), in the Imbolg 2001 Victor Anderson issue (Volume VIII, Issue I). It was later reprinted in the Winter 2001 issue of Connections Journal, a magazine published by Covenant of Unitarian Universalist Pagans ( CUUPS) ^ Raven Grimassi, "Eko Eko Azarak", in Encyclopedia of Wicca and Witchcraft (Llewellyn, 2001; ISBN 1-56718-257-7).

 5 原文サイト / 拍手   

PDF
更新日:2017-02-07 19:58:12 Hnoss 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
公開ノート

文章を見やすくするため、原文には存在しない 目次 「0 概略」「5 原文サイト / 拍手」を設けました。

[ 原文 ] https://en.wikipedia.org/wiki/Eko_Eko_Azarak Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

Hnoss さんの翻訳記事

Brunch - プラグイン

プラグイン    ➡ まとめページで見る  新しくプラグインを導入したいときは、「npm install --save-dev プラグイン名」でインストールできます。インストールした.jsフ…2017-08-20 13:01:01

AsciiDocでブログを作るには | from Opensource.com

 AsciiDocマークアップ言語とHugoパブリッシング・プラットフォームを組み合わせると、動作が軽く、メンテナンスが簡単なウェブサイトやブログを作れるんです。 2017年8月11日 |  …2017-08-20 12:57:20

僕がHugo静的サイト・ジェネレータをGitLabで使うときにしたCl設定 | from Leow Kah Man - Tech Blog

 週末にかけて、GitHubに構えていた私のブログをGitLabに移転しました。GitLabだとClビルドが自動的にできるところが便利です。  僕はGitLabのレポジトリにNodeJS Dockerイメージを構…2017-08-19 13:12:29

Brunch - スケルトン

スケルトン     ➡ まとめページで見る  Brunchのスケルトンは基本的に、アプリケーションの定型文セットになっています。アプリケーションの開発がより一層捗ることで…2017-08-18 19:25:30