「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

技術を取り戻せ! の10年

法律: APC TBTT ICT

技術を取り戻せ! の10年

2016年11月16日

科学技術は女性に対する暴力を容易にするが、それはまた情報共有と能力構築、ネットワーク構築、代替メディアを促進もする----技術を取り戻せ! は、あらゆる形態のジェンダーに基づく暴力に反対する運動を展開するためにインターネットが利用できるという考えを現実化したものである。10年以上もの間、様々なキャンペーンが世界各地で様々な言語と表現で行われ、それは増大するオンラインの嫌がらせとオンラインのVAW(女性に対する暴力)を押し戻すだけでなく、女性やジェンダーの不適合な人々、またクィアやトランスジェンダーの人々のための空間やフォーラム、遊び場、希望としてのインターネットを積極的に要求することもした。

この号は、コンゴ民主共和国からカナダ、ボスニア・ヘルツェゴビナやインドまで、世界中に散らばった運動からの声を私たちに届ける。4年近く運動を率いてきたサラ・ベイカーが書いた編集者からの文章は、近年起こった転換について指摘し、最終的にオンラインのVAWが主流の報道で問題として認められるようになり、いくつかの国々の法律で犯罪として組み込まれるようになったことについて指摘している。オンラインのVAWやTRVAW(技術関連型の女性に対する暴力)は、それが女性と彼女たちの幸福に影響を与えることや、女性の声に対する父権的な頑固な抑圧であること、沈黙させることと検閲の文化に積極的に寄与していることから、深刻に受け取られている。これはまた、その理由がジェンダーや人種、カースト、性的指向、政治的・宗教的信条、民族性のいずれであろうと、オンラインで攻撃を受けやすいその他の社会的少数者や集団に広げられる。

[編集者から]10年間、技術を取り戻すこと

サラ・ベイカー

10年前、オンラインのジェンダーに基づく暴力について説明することは難しかったが、今ではオンライン空間で女性とジェンダー不適合の人々に対して存在する広範囲に及ぶ女嫌いと暴力に関していくらか認識されている。最終的に、技術関連型の暴力に注目を集めさせるには世界中の女性による10年もの困難でひたむきな取り組みを必要とした。この号は、全世界の様々な運動の中で技術を通して所有権を取り戻し、自らの力を祝ってきた女性たちへのインタビューを集めたものである。さあ、私たちとともに技術を取り戻しましょう!

最先端で:TBTT運動員であるコンゴ民主共和国のFrancoise Mukuku

Tarryn Booysen

コンゴ民主共和国でTBTTの運動が始まったとき、それを引き受ける人はほとんどいなかった。VAWと闘う女性の権利活動家たちは、ICTが暴力の伝播にも行動主義にも果たしうる役割について理解していなかった。今、技術関連型のVAWを取り巻く話を変え、コンゴ民主共和国で女性のための技術を取り戻している最先端の運動におけるその方法についてより詳しく知るために他のフランス語圏の国々はSJS に接触してきている。

V for Vale:TBTTの10年の道のり! ボスニア・ヘルツェゴビナでの運動

Lamia Kosovic

Vale Pellizzerはボスニア・ヘルツェゴビナでのTBTT運動の10年の道のりを回顧する。その運動はこの国の複雑な現実と社会的な力学において、様々な形をとってきた。その運動の鮮明で瑞々しい構想は女性とジェンダーに不適合な人々のためにあなたの働きを取り返す新たな希望を約束した。このインタビューの中でValeは世界規模の運動を地元の現実に変換する複雑さについて話している。

リンガフランカとしての科学技術:Caroline Tagnyへのインタビュー

Bianca Baldo

技術を取り戻せの一部である様々なキャンペーンについての活動家であり作家であるCaroline Tagnyとの詳細な対話。インタビュアーのBianca Baldoはこれらの様々なキャンペーンにおける言語の政治学と、人々と運動を結びつけ、一つにするための現地語でのコンテンツの重要性に焦点を合わせている。西部および中部アフリカの国々とカナダの一部において、植民地の圧制者の言語であり共通言語でもあるフランス語の役割は、これらのキャンペーンの中で特に使い尽くされてきた。

同盟国を探し求めて:インドのTBTT運動員とのインタビュー

Smita

この一通りのインタビューの中で、SmitaはFeminism in IndiaのJapleen PasrichaとWhyHateのDivya Rajgopalに話をした。別々のやり方で、そのどちらも、女性のために、そしてジェンダー不適合や性、カースト、宗教、階級のために社会的に排除されているその他の人々のためにも科学技術を取り返すための方法を見つけるという熱意のプロジェクトである。彼女たちは匿名性を賛否両様に議論し、オンラインのVAWに取り組む方法や困難で厄介な問題を提起する方法について議論している。

デジタルストーリーテリング:私たちの話は全て真実であり、私たちのものである!

Jennifer Radloff

話を語り、聞くことは神聖な行為である。私たちの話には、私たちの細胞や精神、心にあまりにも深く根付き、それらを語るための言葉を見つけるために、勇気ある行動を必要とするものもある。私たちはデジタルストーリーテリングを、話を語る人々の声と経験をストーリーテリングの過程における最重要のものとして前面に置く、記録と文書化の方法として概念化する。それは、科学技術を取り返し、私たち自身の話を語るための空間を切り開くための力を得る方法である。

この号を読み、全世界にわたるTBTTの10年からなる目覚ましいキャンペーンとポスター、構想を見てお楽しみください。

オリジナルイラスト:Vicky Monté

PDF
更新日:2016-11-27 20:03:16 shikimi 6  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.genderit.org/edition/10-years-take-back-tech Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

shikimi さんの翻訳記事

ダブル・ラチェット・アルゴリズム

ダブル・ラチェット・アルゴリズム 「ダブル・ラチェット」はこの項目へ転送されています。工具については レンチ を参照下さい。 暗号技術において、ダブル・ラチェット・アルゴリズ…2017-09-03 12:17:25

女性の権利はSDGsとインターネットにどのような関係があるか?

女性の権利はSDGsとインターネットにどのような関係があるか? 2017年8月2日、スリランカ 女性は均質な集団ではなく、科学技術へのアクセスもまた、数多くの他の要因、例えば年齢や階級…2017-08-20 18:48:26

性的権利とインターネット:第3回EROTICS国際調査、現在開始!

性的権利とインターネット:第3回EROTICS国際調査、現在開始! 2017年7月19日 EROTICS国際調査が戻ってきた! もしあなたが、インターネットを自らの主張を促進するために使用している…2017-08-13 11:09:21

フェミニストの自律的な基盤に関する継続中の会話:エリカ・スミスとKéfir

フェミニストの自律的な基盤に関する継続中の会話:エリカ・スミスとKéfir 2017年8月2日、メキシコ 2017年7月に始動した小さな資金調達として、あるいはフェミニストの自由な技術共同体…2017-08-13 10:58:57