「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

東電福島第一原発事故後の川内村における野生キノコの放射性セシウム濃縮 / Kanami Nakashima et al.

抄録

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故以後の経験から、野生のキノコに放射性セシウムが濃縮される傾向があることはよく知られている。本研究で、我々は、東電福島第一原発から30キロ圏内にある福島県川内村で野生キノコを収集し、放射性セシウム濃縮度を測定して、地元住民の内部放射線被曝リスク推定を試みた。154のキノコのうち125個で、100Bq/kgを超える放射性セシウムが検出された。日本の市民の平均消費量である年間6278グラム(20歳以上で、1日17.2グラム)を基準に預託実効線量を算出したところ、0.11-1.60mSvとなった。汚染された食料を数回食べたとしても預託実効線量は限定的であるが、東電福島第一原発事故後の福島県の復興のためには、食料、水、土壌の放射性セシウムの測定結果に基づく包括的なリスクコミュニケーションが必要であると考える。

本文表1を見ると、コウタケ、クリタケなど22種類のキノコ。特に高いのは、ムラサキアブラシメジモドキ、アミタケ、コムラサキシメジ、ムラサキシメジ、サクラシメジなど、地上性のもの。といっても、他のものも高いもの多いです。最後のところ「リスクコミュニケーション」の意味を取り違えています。】

  
PDF
更新日:2015-12-01 08:55:19 eengine 1  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] https://peerj.com/articles/1427/ 抄録のみ。フェアユースの範囲内。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

eengine さんの翻訳記事

農民組織メンバーへの暗殺未遂

2016年10月26日(水) 全国農業労働者組合FENSUAGROに参加している地元農民組合員のエスネイデル・ゴンサレスは、7度の銃撃を生き延びた。 数日にわたって、エスネイデルがパートナー及…2016-10-30 07:51:22

コロンビア南西部でコミュニティ指導者が殺害された

2016年10月26日(水) 都市部・農村部の開発を目指すコロンビアの組織ORDEUCAは、カウカで、10月16日、同組織指導者の一人が暗殺されたと報じた。暗殺されたのはイメル・チャベス・リヴ…2016-10-30 07:32:48

科学論文中に遺伝子名の誤りが数多く見られる

抄録 Microsoft Excelという表計算ソフトをデフォルト設定で使うと、遺伝子名が日付や浮動小数点数に変換されてしまうことが知られている。遺伝子関係の一流誌をプログラムによりチェッ…2016-08-27 14:37:03

日本には思った以上に貧しい子どもたちが多い(日本における子どもの貧困)

日本を訪問する人々が、経済的な困苦を示す典型的な状況を眼にすることは少ない。都市部のホームレスは、公園や川岸に作られた一時しのぎのテントにいて、目につかない。日本の人々は自分…2016-06-22 12:32:15