「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

幸福な人間は読書しコーヒーを飲む

法律: 文化 欧州

 アグネスマーティンルガンドはパリで小説を執筆して2013年12月に自己出版したのだが、その作品が人気を博し読者数を大幅に伸ばしており、作家キャリアでの飛躍を始めている。彼女の処女作 「幸福な人間は読書しコーヒーを飲む」は現在英語に翻訳されているところで、2016年春に出版される予定、The Weinstein Company (TWC)が一部改作してハリウッド映画にまでなる。

 フランス語での原作名は ”Les gens heureux lisent et boivent du cafe.”。ハリウッド情報サイト"The Wrap"によれば、マーティンルガンドの作品は「『フィフティシェイズオブグレイ』が好調に売れ2013年のフランスキンドルのベストセラー市場で1位になっていたフランスにおいて衝撃的な成功を収めた自己出版」と評されている。

 心理学を専攻する著者は文学を愛する少女としてフランス北部で育ち、わずか2年前に創造力が駆り立てるようにして作家に転向したばかりだ。

 ”Les gens heureux lisent et boivent du cafe”はダイアナという名前の主人公に寄り添ってストーリーが展開する。ダイアナは一年前にパリでの交通事故で夫と娘を亡くし、悲嘆にくれてアイルランドに行き、新たな発見をし、なんとまた人を愛するのだ!

 フランスの出版者ミシェルラフォンはマーティンルガンドの次作“Entre mes mains le bonheur se faufile”を今月末に発表することを計画しており、のちほどまた英語や他の15言語にも翻訳されるだろう。 マーティンルガンドはとっておきの作家となった。

 ここにおられるTeleRead読者が下のコメント欄に2作目の翻訳を書き残してくださることを期待している。なんだか “Between my hands, happiness sneaks up on me.”のようだ。

  自分の前にある未来に対して、マーティンルガンドが謙虚にも自己出版をしてきたのが成功をおさめさせたのだ。
PDF
更新日:2015-04-28 16:38:41 tsuga 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

tsuga さんの翻訳記事

幸福な人間は読書しコーヒーを飲む

アグネスマーティンルガンドはパリで小説を執筆して2013年12月に自己出版したのだが、その作品が人気を博し読者数を大幅に伸ばしており、作家キャリアでの飛躍を始めている。彼女の処女…2015-04-28 16:38:41