「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

『幸せな人は本を読みコーヒーを飲む』ーフランス人女性による著書 / ダン ブルーム

2015年4月18日

アグネス・マーティン−ルーガンはパリにて小説を書き上げ、2013年12月に自費出版した。その小説が広く読者の支持を得て以降、彼女の作家としてのキャリアがスタートした。現在、彼女のデビュー作『幸せな人は本を読みコーヒーを飲む(英題:"Happy People Read and Drink Coffee")』は英訳され、ワインスタイン・カンパニー(TWC)から2016年春に出版予定である。同社はハリウッドでの映画化に向け、この著書の脚色も行っている。

フランス語のタイトルは "Les gens heureux lisent et boivent du cafe" 。ハリウッドの情報サイト「ザ・ラップ」は、本著が「フランスにおける自費出版書としては大成功を納め、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』を抜いて、フランスでの2013年Kindleベストセラーリストのトップに輝いた」と報じた。

心理学を専攻した著者マーティン−ルーガンは、文学を愛し、フランス北部で育った。彼女はほんの2年前に、創作心のはけ口として執筆活動を始めたばかりである。

小説の主人公は、1年前にパリの交通事故で夫と娘を亡くした、ディアンヌという女性である。彼女は悲しみを抱えてアイルランドへ行き、なんと再び愛を見つけるのだ。

続編 "Entre mes mains le bonheur se faufile" は、今月末、フランスの出版者ミシェル・ラフォンにより刊行予定であり、英語、その他15の言語への翻訳も順次、確実に行われるだろう。この著者が番人なのだ。

このTeleReadの読者諸君が、コメント欄に続編のタイトル翻訳(例えば、『私の手の間から、幸せがすり抜ける』)を書き込んでくれることを、筆者は大いに期待する。S'il vous plait.(フランス語で「お願いします」)。

大きな可能性を前にして、アグネス・マーティン−ルーガンは、ささやかな自費出版から、大やまを当てたのである。

【The original articles are copyrighted in the United States of America by North American Publishing Company. They are used with permission from the Company.英語原文はアメリカ合衆国においてNorth American Publishing Companyが版権を保有している。本翻訳はNorth American Publishing Companyの許可を得て翻訳公開するものである。】
PDF
更新日:2015-04-28 15:50:51 yuritom 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.teleread.com/self-publishing/french-woman-says-happy-people-read-and-drink-coffee/ Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

yuritom さんの翻訳記事

『幸せな人は本を読みコーヒーを飲む』ーフランス人女性による著書

2015年4月18日 アグネス・マーティン−ルーガンはパリにて小説を書き上げ、2013年12月に自費出版した。その小説が広く読者の支持を得て以降、彼女の作家としてのキャリアがスタートした。…2015-04-28 15:50:51