「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

核医療従事者における慢性低線量電離放射線被曝の遺伝毒性効果 / Sahin A. et al.

:核医療従事者は職業上、慢性的に電離放射線に被曝していう。電離放射線は染色体を損傷することが知られている。本研究では、核医療従事者に対する電離放射線の遺伝毒性効果を調査した。遺伝毒性の指標として、姉妹染色分体交換(SCE)と小核(MN)の二つを用いた。

方法:21人(女性11人・男性10人)の核医療従事者を対象とし、通常の勤務状態のときと1カ月の休暇後という二つの時期に調査を行った。線量は、1.20mSvから48.56mSvで、二つの休暇に挟まれた勤務期間中に累積した量である。末梢血の標本を各研究協力者から得て各期間において、二種類のリンパ球培養(SCEおよびMN)に用いた。

結果:研究協力者のほぼ全員において、SCE値は休暇後と比べて被曝期間中に有意に上昇していた(P<.05)。同様に、小核頻度も休暇後と比べて被曝期間中に有意に上昇していた(P<.05)。

結論:本研究では、ほとんどの研究協力者において、SCE値と昇格頻度がともに、1カ月の休暇後よりも電離放射線に被曝している期間の方が有意に高いことが明らかになった。しかしながら、この遺伝毒性効果はほとんどの研究協力者でもとの状態に戻りうるものであった。

Sahin A [1], Tatar A, Oztas S, Seven B, Varoglu E, Yesilyurt A, Ayan AK.

[1] Department of Nuclear Medicine, Ataturk University, Erzurum, Turkey. alibabam2001@yahoo.com

  
PDF
更新日:2014-04-26 08:25:24 eengine 7  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19520299 抄録のみ。フェアユース。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

eengine さんの翻訳記事

農民組織メンバーへの暗殺未遂

2016年10月26日(水) 全国農業労働者組合FENSUAGROに参加している地元農民組合員のエスネイデル・ゴンサレスは、7度の銃撃を生き延びた。 数日にわたって、エスネイデルがパートナー及…2016-10-30 07:51:22

コロンビア南西部でコミュニティ指導者が殺害された

2016年10月26日(水) 都市部・農村部の開発を目指すコロンビアの組織ORDEUCAは、カウカで、10月16日、同組織指導者の一人が暗殺されたと報じた。暗殺されたのはイメル・チャベス・リヴ…2016-10-30 07:32:48

科学論文中に遺伝子名の誤りが数多く見られる

抄録 Microsoft Excelという表計算ソフトをデフォルト設定で使うと、遺伝子名が日付や浮動小数点数に変換されてしまうことが知られている。遺伝子関係の一流誌をプログラムによりチェッ…2016-08-27 14:37:03

日本には思った以上に貧しい子どもたちが多い(日本における子どもの貧困)

日本を訪問する人々が、経済的な困苦を示す典型的な状況を眼にすることは少ない。都市部のホームレスは、公園や川岸に作られた一時しのぎのテントにいて、目につかない。日本の人々は自分…2016-06-22 12:32:15