「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

東電福島第一原発と海洋放射能 / Ken O. Buesseler

抄録

2011年3月11日に起きた三重の災害、すなわち地震・津波そして東電福島第一原発からの放射性物質の放出は、海洋と社会にとって前例のない出来事であった。本論文では、とりわけセシウム137及びセシウム134に注目して、東電事故による放射能放出を自然放射能およびこれまでの人工放射能と比較する。東電福島第一原発から放出されたこれら放射性核種の総量は詳しくはわかっておらず、大気中のフォールアウトと海洋への直接放出からの推定は4ペタベクレル(PBq)から90ペタベクレルと幅があるが、恐らくは15PBqから30PBqの範囲であろうと思われる。これは、1960年代の世界及び北太平洋でのフォールアウトにより北太平洋に残るセシウム137より少ない。セラフィールド再処理施設からアイリッシュ海に放出されたセシウム137の量と規模としては近く、1986年に起きたウクライナのチェルノブイリ原発事故の海洋へのフォールアウトよりも規模は大きい。セシウムがどのように移動するかは主としてセシウムが海水に溶ける性質であることにより決まるが、セシウムは砕屑粒子と結合したり生物により摂取され沈殿することから堆積物への沈殿も起きる。河川からのセシウム流入と現在も続く東電福島第一原発からの漏出のマスバランスを考えると、海底堆積物は今後数十年にわたって汚染された状態であり続けるであろう。底魚のセシウム堆積が予想を越えて多いままで、福島周辺で漁業が停止状態であり人々の心配を引き起こしている理由の一つはこの点にあるかもしれない。

Ken O. Buesseler | Marine Chemistry & Geochemistry Department, Woods Hole Oceanographic Institution, Woods Hole, MA, USA

Oceanography 27(1), http://dx.doi.org/10.5670/oceanog.2014.02.

  
PDF
更新日:2014-01-13 15:13:02 eengine 1  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.tos.org/oceanography/archive/27-1_buesseler.html 抄録のみ。フェアユース。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

eengine さんの翻訳記事

農民組織メンバーへの暗殺未遂

2016年10月26日(水) 全国農業労働者組合FENSUAGROに参加している地元農民組合員のエスネイデル・ゴンサレスは、7度の銃撃を生き延びた。 数日にわたって、エスネイデルがパートナー及…2016-10-30 07:51:22

コロンビア南西部でコミュニティ指導者が殺害された

2016年10月26日(水) 都市部・農村部の開発を目指すコロンビアの組織ORDEUCAは、カウカで、10月16日、同組織指導者の一人が暗殺されたと報じた。暗殺されたのはイメル・チャベス・リヴ…2016-10-30 07:32:48

科学論文中に遺伝子名の誤りが数多く見られる

抄録 Microsoft Excelという表計算ソフトをデフォルト設定で使うと、遺伝子名が日付や浮動小数点数に変換されてしまうことが知られている。遺伝子関係の一流誌をプログラムによりチェッ…2016-08-27 14:37:03

日本には思った以上に貧しい子どもたちが多い(日本における子どもの貧困)

日本を訪問する人々が、経済的な困苦を示す典型的な状況を眼にすることは少ない。都市部のホームレスは、公園や川岸に作られた一時しのぎのテントにいて、目につかない。日本の人々は自分…2016-06-22 12:32:15