「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

恐怖感が広まる社会で人権を擁護する / ジュリアン・バーンサイド

法律: 法律 人権

社会に恐怖感が広まっているとき、人権を擁護することは極めて困難になる。民主主義の多数決原理と、無力で周縁化された人々を擁護するという人道的原則との対立が前景化するからである。このような状況においてこそ、人権の擁護が何よりも問われることになる。

市民的自由は、政府の権限と自制との間にある微妙なバランスのもとで維持されている。このバランスは、以下の3つの条件のうちいずれかが成り立つとき、危機に陥る。第一は、政府に反対する政治的勢力/政党が弱体であるか存在しないときである。第二は、メディアが弱体だったり、従順だったりするときである。第三は、社会的騒乱や(現実のであれ想像上のであれ)外部からの脅威により、国民生活が危機に晒されるときである。オーストラリアでは、この10年来、最初の二つの条件が存在した。そして、2001年9月11日に、第三の条件が成立した。

Julian Burnside (2008) Watching Brief: Reflections on Human Rights, Law, and Justice. Melbourne: Scribe.第12章冒頭の2段落の抜粋。

現在の日本の状況に照らして、示唆的で参考になります。

 
PDF
更新日:2013-09-20 13:55:14 kyo 1  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] 抜粋の訳。引用の範囲。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

kyo
kyo さんの翻訳記事

「君のお母さんは知っているの?」 ムンバイの若い女性のオンライン生活における作用と危険と道徳

2010年3月30日火曜日、 Manjima Bhattacharjya と Maya Ganesh [APC女性のネットワーキング・サポート・プログラム] APCのEroTICsプロジェクトのインドでの協力者であるManjima Bhatt…2016-06-22 13:30:52

恐怖感が広まる社会で人権を擁護する

社会に恐怖感が広まっているとき、人権を擁護することは極めて困難になる。民主主義の多数決原理と、無力で周縁化された人々を擁護するという人道的原則との対立が前景化するからである。…2013-09-20 13:55:14

Ubuntu 13.04: GNOME vs Unityユーザインタフェースアップデート

来週デビュー予定のUbuntu 13.04ではGNOME版が公式提供される予定。ほとんどの人はこのニュースに気づかなかったようであるが、CanonicalのUnityインタフェースを好まないLinuxデスクトッ…2013-04-21 12:31:44

南ア主教、党の指導者たちを激しく批判

2012年10月15日 南アフリカ東ケープ州で指導的な立場にあるアベール・ムナバ主教が、政党と結びついた伝統的指導者たちは、コミュニティを団結させるのではなく、政党の方針によって分断…2012-12-08 10:06:38