「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム注目翻訳記事一覧 > 注目翻訳記事

注目翻訳記事

神戸女学院翻訳チーム

SNS上でのプライバシーの保護方法

   誰かが自分のフェイスブックやオーカットを利用してプライベートなメッセージやプライベートなグループで共有している情報を見ているような気がする……そんなとき、プライベートな会話の管理をどう改善すればいいのでしょうか?

あなたも誰かにフェイスブックやオーカット、他のSNSでプライベートなやりとりを見られていると感じていませんか?誰かがあなたの名前で更新し、他の人と交流しているかもしれません。

注記:以下のガイドラインはフェイスブック用に書かれていますが、オーカットやあなたが利用しているかもしれない他のSNSにも同様にあてはまります。

何をするべきか?

 あなたのアカウントにアクセスしている人がいないか痕跡を探してみて、あった場合はパスワードを変えましょう。

 アカウントにログインしましょう。ログインすると、いつ、どのコンピューター(IPアドレス、つまりコンピューターのそれぞれの番号)から最後にアクセスされたかを表示してくれます。また選択すると情報を追跡してくれるものもあります。も しそれが利用できるのであれば、あなたのアカウントにアクセスしている人を見つけることができるように、すべての情報を書き留めておきましょう。またアカ ウント上で最後の活動の概要を調べることが大事です。なぜならこれらの改善をしている間に侵入者があなたのアカウントにログインしているかもしれないからです。フェイスブックは利用中の関連先をすべて表示するので、あなたと同時にアカウントにアクセスしている第三者をログアウトさせることができます。また 他のSNSのほとんどでも同じような機能性を提供しています。

 あなたのアカウントに同時に誰も接続していないことを確認したら、パスワードを変えましょう!誰も推測が不可能なセキュリティーの高いパスワードを選びます。理想をいえば数字や小文字、大文字、そして記号を混ぜて作ると良いでしょう。アカウントの設定でパスワードを変えることができるでしょう。

 次のステップとして、侵入者が引き起こしたかもしれない被害を緩和するためにあなたのプロフィールを一掃しなければなりません。

過去に投稿したものすべてを見直して、あなたのプロフィールを使って作られた疑わしい投稿を探してください。何か見つけた場合は内容を書き留め削除しましょ う。内容によって、プロフィールで投稿したいくつかは、偽の投稿であったということを友達、仲間、つながりのある人たちに通知した方がいいかもしれません。

またプライベートなメッセージのリストを見直して、あなたが書いたものではない疑わしいメッセージを探しましょう。この場合も、実際にあなたが書いていない怪しいメッセージの受信者にも注意を喚起してください。

たとえどんな怪しいコミュニケーションが見つからないとしても、アカウントが危険にさらされたという可能性が高いです。誰かがあなたのアカウントを一時的に 管理したという事実をつながっているすべての人に注意を喚起した方がいいかもしれません。メッセージや他の投稿はフェイスブックの履歴から削除することができるので、たとえ疑わしいものが見つからなくても送られていたのかもしれません。

そして仲間、友達、連絡をとっている人たちのリストをもう一度注意深く見て、友達になっていない人(つまりあなたの連絡先として受け入れなかった人)を探してください。知らないSNS上の”お友達”は親しい人たちの中だけでやり取りされているコミュニケーションをこっそりと調べることができます。もしそのような人を発見したら、とにかく削除してしまいましょう。

もし可能であれば、コンピューターの専門家に他のコンピューターからあなたのアカウントにアクセスされたという情報を 伝えてください。そして仲間、友達リストの中で知らない連絡先を見つけたら、同様にその情報を専門家に伝えてください。専門家たちはアカウントを使用した人に関する何らかの情報を見つけ出すのに役立つかもしれません。必ず名前が分かるとは限らないでしょうが、少なくともあなたのアカウントがアクセスされた 地域や機関などに関するいくつかのヒントが得られるかもしれません。

再発を防ぐためには?

 SNSのアカウントが侵入され、乗っ取られて勝手にコントロールされることは極めてよくあることです。そのリスクを最小限にすることができるいくつかの方法があります。

ウイルス対策ソフトをアップデートし最新のものにしましょう。

ブラウザー上のパスワード管理でフェイスブックやオーカット、その他のアカウントのパスワードを保存しないでおきましょう。パスワードは覚えるか、それを保存するためのスタンドアロンアプリケーションのパスワード管理を使用します。詳しくは安全なパスワードの項を見てみましょう。

安全な通信ルート(https)で接続されている方法でアカウントを設定しましょう。

フェイスブックに接続する際は、公衆無線LANは使用しないようにしましょう。

 も し携帯から接続しているのなら、スタンドアロンアプリケーション(例えばフェイスブックのアプリ)の使用を避けるようにしましょう。そして、携帯のブラウ ザを通してSNSにつなげましょう。その理由は、スタンドアロンアプリケーションはたいていしっかりとした(暗号化された)接続を通してフェイスブックのサーバーにつながっていないからです。

また誰かがあなたのメールにアクセスし、フェイスブックの「パスワードお忘れですか」という機能を通してパスワードを検索してあなたのパスワードにアクセス したかもしれません。もし少しでもそのような疑いを持っているのなら、フェイスブックのアカウントのメールアドレスを変えましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
PDF
更新日:2013-07-23 17:40:56 e11151ky 10  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.apc.org/en/irhr/digital-security-first-aid-kit-5 Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

e11151ky さんの翻訳記事

SNS上でのプライバシーの保護方法

  誰かが自分のフェイスブックやオーカットを利用してプライベートなメッセージやプライベートなグループで共有している情報を見ているような気がする ……そんなとき、プライベートな…2013-07-23 17:40:56