「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

緊急のお願い:コロンビアの人権活動家アルファミル・カスティーヨの命を守るために / War on Want

2012年10月10日、一人の男が人権活動家アルファミル・カスティーヨの胸に銃を突きつけ、カスティーヨとその弁護士には死が待っていると宣言しました。

アルファミル・カスティーヨの息子は、2008年2月8日、コロンビア軍に殺されました。当時23歳だった息子のダルベイは、友人アレックスとともに殺されたのです。この事件はコロンビアで「偽陽性超法規的処刑」として知られているもので、軍が民間人を殺してから、ゲリラ兵だったと嘘の主張をするものです。

昨年、7人の兵士が殺人罪で有罪になりました。2010年に裁判が始まって以来、アルファミルとその家族は、嫌がらせや攻撃、度重なる殺害脅迫を受けています。そのためアルファミルと家族はずっと恐怖を背負って暮らしています。

アルファミルを守るために誰もが今できることがあります。

War on Wantのパートナーで、人権擁護・コロンビアの人々が自らの権利を守ることができるようエンパワメントの支援をしてきたNomadescがアルファミルと家族への支援を行っています。Nomadescの代表、ベレニス・セレイタは次のように言っています:「軍の高官が関与していればしているほど、被害者への危険度は高くなります。コロンビアで不処罰が蔓延するメカニズムの一面はそこにあるるのです:証人の脅迫と殺害。」

War on Wantは、コロンビア政府に即時手立てを取り、アルファミルと家族の命を守るよう求めるキャンペーンを行っています。彼女のために、今日、行動を取ってくださるよう皆さんに呼びかけます。

アルファミルは次のように言っています。「家に帰るとき、自分と家族に何が起きるのか、とても不安です。コロンビアでは、不正義に反対して声をあげることは、死をもって処罰されるべき犯罪とでもみなされているかのようです。」

行動のお願い:英国コロンビア大使館に手紙を出してください。

======手紙=====

駐英コロンビア大使 ロドリゲス大使

大使

私は、女性サトウキビ収穫者委員会委員長アルファミル・カスティーヨ及び家族の安全に対する深い憂慮を表明したくこの手紙を書いています。状況は、War on Wantが報じている通りです。

アルファミルの息子ダルベイ・モスケラ・カスティーヨと友人のアレックス・エルナンデス・ラミレス・フルタドは、2008年2月8日、コロンビア軍に殺されました。マニサレス市近くで起きた「疑陽性」超法規的処刑でした。2012年5月、兵士7人が、この殺害に関与したとして有罪判決を受けました。他に二人の軍士官を対象に、裁判が続いており、また、このケースに関与したとされる軍司令官2名を起訴するための聴聞が進行中です。

裁判が始まって以来、度重なる殺害脅迫、嫌がらせ、攻撃がアルファミルと家族に加えられました。この状況で彼女たちはずっと恐怖を抱えて暮らしています。重大な出来事として、以下のようなものがありました:

2011年12月23日、アルファミルが隣人のバイクの後部座席に乗っていたとき、バイクに乗った男が彼女に銃を突きつけました。

2012年8月28日、アルファミル自宅近くの路上で彼女が歩いているとき、バイクの後部座席に乗ってやってきた男が空中に銃を二発発砲しました。

2012年10月10日、バスに乗っていたとき、一人の男が人権活動家アルファミル・カスティーヨの胸に銃を突きつけ、カスティーヨとその弁護士には死が待っていると宣言しました。

2013年2月18日、カリ市でアルファミルと娘がバスを待っていたとき、2人の男が四駆の自動車から降りてきて、アルファミルと娘を拉致しようとしました。一人は銃を振りかざしていました。二人は通りかかったバスに飛び乗って何とか逃げることができました。他にも、電話やメールで繰り返し殺害脅迫を受けています。

2012年10月17日、汎米人権委員会は、コロンビア政府に対し、アルファミルの命を守るため予防措置を取るよう求め(参照MC225/12)、コロンビア政府もアルファミルと家族を守るための対応を取ることに合意しました。

残念ながら、コロンビア政府はアルファミルと家族の安全を保証するための手立てをほとんどまったくといってよいほど取っていません。とりわけ、裁判が将軍たちを対象にし始めるにあたり、アルファミルと家族の安全を憂慮しています。

アルファミルと家族の命を守るために、合意を得て、直ちに予防的措置を取ることを求める私の請願を、はっきりと明確に強い言葉で貴政府に伝えてくださいますようお願い致します。

敬白

 

日本から駐英コロンビア大使館へというのも可能なようです。メールを出すには、こちらにアクセスして、名前、メールアドレス、国を指定すればOK。

PDF
更新日:2013-04-03 13:20:06 kmasuoka 3  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.waronwant.org/overseas-work/conflict-zones/17837-urgent-protect-colombian-human-rights-defender-alfamir-castillos-life Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

kmasuoka さんの翻訳記事

コロンビア北部で人道的避難所が設立される

コロンビア北部のエル・バグレ市で、小作農民たちが、引き続く準軍組織の暴力に対応するため、人道的避難所を作った。コロンビア市区のおよそ4分の1に及ぶ地域で活動している準軍組織グ…2016-07-06 15:53:31

停戦合意によりコロンビア内戦が終わりを告げる

本日、2016年6月23日木曜日、サントス大統領はハバナを訪れ、コロンビア政府とFARC-EPとの間の双方向の決定的な停戦を確実なものとする合意に署名する見通しである。1964年以…2016-07-06 15:50:49

メデジンで、人権活動家が殺された。

メデジンで、人権活動家が殺された。ラモン・エデュアルド・アセベド・ロハスは、6月6日、市の中心部で、暗殺者に射殺された。暗殺者は警察に逮捕された。 ラモンは、メデジン市の「平…2016-07-06 15:47:52

著名な野党指導者に対するさらなる暗殺未遂

2016年5月9日(月) コロンビア発ニュース 5月6日金曜日、左派政党「愛国同盟」の指導者の一人イメルダ・ダサの命が狙われた。カルタヘナで開催された会合で、イメルダ、およびセサル州…2016-05-17 13:28:44