「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

kyo2018

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

イラク戦争が残した癌(1) / ダール・ジャマイル

イラク・ファルージャ。イラク全土で先天性欠損症や癌をはじめとする様々な病気が増えているのは、劣化ウラン(DU)兵器をはじめとする戦争関連の汚染によるものではないかとの疑いがもたれている。

腎臓や肺、肝臓の病気や免疫系の全面的な不全といった、これまでイラクでは見られなかった病気が最近になって現れていることも、DUによる汚染が関係しているのではないかと考える著名な医師や科学者も多い。DU汚染は、さらに、イラクの多くの州で報じられている、とりわけ子どもの白血病や腎臓病、貧血にも関連しているかもしれない。

さらに、イラク人女性の流産や早産も劇的に増えている。とりわけ、ファルージャのような、米軍の大規模な作戦が行われた地区でこの傾向は顕著である。

イラク政府の公式統計によると、1991年の第一次イラク戦争前は、イラクにおける発癌率は10万人あたり40人であった。1995年には10万人あたり800人に増加し、2005年にはさらにその二倍、10万人あたり少なくとも1600人となっている。現在の推定は、増加傾向が続いていることを示している。

この数値自体、衝撃的であるが、記録や調査が不十分で報告されていないケースがあることもあり、癌をはじめとする疾病の実際の発症率はこの数値よりはるかに高い可能性がある。

「イラクでは、公立の医療組織は半分程度なので、癌の統計を集めるのは難しいのです。」 イラク健康管理推進協会のサラー・ハダッド博士は、アルジャジーラに対し、このように語る。「残りの半分は民間が提供しており、統計の報告が十分ではありません。ですから、イラクの統計は2倍する必要があります。公式の統計数値は実際の数の半分である可能性が高いのです。」

  
PDF
更新日:2013-04-02 09:07:46 kmasuoka 1  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.zcommunications.org/iraq-wars-legacy-of-cancer-by-dahr-jamail CC=NDだが翻訳可であることを原著者に確認。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

kmasuoka さんの翻訳記事

コロンビア北部で人道的避難所が設立される

コロンビア北部のエル・バグレ市で、小作農民たちが、引き続く準軍組織の暴力に対応するため、人道的避難所を作った。コロンビア市区のおよそ4分の1に及ぶ地域で活動している準軍組織グ…2016-07-06 15:53:31

停戦合意によりコロンビア内戦が終わりを告げる

本日、2016年6月23日木曜日、サントス大統領はハバナを訪れ、コロンビア政府とFARC-EPとの間の双方向の決定的な停戦を確実なものとする合意に署名する見通しである。1964年以…2016-07-06 15:50:49

メデジンで、人権活動家が殺された。

メデジンで、人権活動家が殺された。ラモン・エデュアルド・アセベド・ロハスは、6月6日、市の中心部で、暗殺者に射殺された。暗殺者は警察に逮捕された。 ラモンは、メデジン市の「平…2016-07-06 15:47:52

著名な野党指導者に対するさらなる暗殺未遂

2016年5月9日(月) コロンビア発ニュース 5月6日金曜日、左派政党「愛国同盟」の指導者の一人イメルダ・ダサの命が狙われた。カルタヘナで開催された会合で、イメルダ、およびセサル州…2016-05-17 13:28:44