「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

低線量放射線の影響:ソ連の科学、原子力業界、そして独立した科学? / Anders Pape Møller & Timothy A. Mousseau

チェルノブイリ原発事故と東電福島第一原発事故をきっかけに、いわゆる低線量放射線の影響に対する関心が世界的に広まった。しかしながら、当惑せざるを得ないことだが、これまでの研究は、ソ連の科学研究と原子力産業が後押しした研究が中心で、それに独立した科学者が一部貢献しているという状況にある。Anders Pape MøllerとTimothy A. Mousseauが、低線量放射線が動植物や人間に与える影響をめぐる研究について案内する。

・・・・・・

メンフクロウやラット、人間、ムラサキツユクサやタマネギに関する研究は、いずれも、放射線の負の影響を有意に示している。

・・・・・・

IAEAが後押しするチェルノブイリフォーラムが、発癌率の予測を高汚染地域に限定した理由の一つは、チェルノブイリ事故のフォールアウトがあった中欧と西欧のはるかに大きな人口を考慮すると、人間の健康リスクに関して劇的に高い推定が与えられる点にある。実質上、チェルノブイリフォーラムは、相対的に低頻度であるためにリスクが計測できないならば、リスクを推定すべきでもないとの立場を取っているかのようである。しかしながら、独立した研究者が繰り返し指摘してきたように[11]、健康被害(例えば癌など)の発生確率が放射線量に比例し、それ以下では影響がないと言えるような閾値が存在しないと仮定するならば、対人口リスクは、影響確率に被曝を乗じたものとなる。言い換えると、個々人における健康被害の確率が小さくても、多数の人が被曝した場合、それに応じて多数の個人が健康被害を生ずる可能性がある。閾値と影響の線形性をめぐる激しい議論の背後には、この問題が横たわっている。その線量以下では被曝の影響はないという閾値など存在しないことを認めるならば、チェルノブイリ事故が引き起こした汚染が広い地域に及ぶ規模のものであり、ほとんど大陸規模であったことを考えると、健康に相当の影響が起きることを認めざるを得なくなる。さらにまた、閾値がなければ、低線量被曝に対する反応は----一部の研究者が示唆するように反応が超線形であるならばとりわけ[12]----人口全体のリスクに反映することになる。低線量被曝のハザードがわずかに多かっただけという場合でも、チェルノブイリ事故の場合のように被曝人口が膨大である場合には対人口リスクは大きく上昇する。独立した科学者が合意し、また我々が行ってきた調査すべてが示唆する知見は、閾値ありモデルを支持しておらず、現在のところ、線形反応モデルに近いものともっとも整合的である。ただし、観察された用量反応関係の具体的な形は、異なる観察点や異なる種で大きなばらつきがあることを考えると、もっとも重要な点というわけではない。

[11] Wakeford, R. (2002) Evaluation of the linear-nonthreshold dose-response model for ionizing radiation (NCRP Report No. 136) .  Journal of Radiological Protection, 22(3), 331.

[12] Sawant, S. G., Randers-Pehrson, G., Geard, C. R., Brenner, D. J. and Hall, E. J. (2001) The bystander effect in radiation oncogenesis: I. Transformation in C3H 10T1/2 cells in vitro can be initiated in the unirradiated neighbors of irradiated cells . Radiation Research, 155, 397–401.

Significance

2(15), 2013- From issue: Volume 10 Issue 1 (February 2013)

Doi : 10.1111/ j.1740-9713.2013.00630.x

 

 

  
PDF
更新日:2013-02-24 20:36:18 eengine 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1740-9713.2013.00630.x/pdf 引用の範囲内での部分翻訳。
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

eengine さんの翻訳記事

農民組織メンバーへの暗殺未遂

2016年10月26日(水) 全国農業労働者組合FENSUAGROに参加している地元農民組合員のエスネイデル・ゴンサレスは、7度の銃撃を生き延びた。 数日にわたって、エスネイデルがパートナー及…2016-10-30 07:51:22

コロンビア南西部でコミュニティ指導者が殺害された

2016年10月26日(水) 都市部・農村部の開発を目指すコロンビアの組織ORDEUCAは、カウカで、10月16日、同組織指導者の一人が暗殺されたと報じた。暗殺されたのはイメル・チャベス・リヴ…2016-10-30 07:32:48

科学論文中に遺伝子名の誤りが数多く見られる

抄録 Microsoft Excelという表計算ソフトをデフォルト設定で使うと、遺伝子名が日付や浮動小数点数に変換されてしまうことが知られている。遺伝子関係の一流誌をプログラムによりチェッ…2016-08-27 14:37:03

日本には思った以上に貧しい子どもたちが多い(日本における子どもの貧困)

日本を訪問する人々が、経済的な困苦を示す典型的な状況を眼にすることは少ない。都市部のホームレスは、公園や川岸に作られた一時しのぎのテントにいて、目につかない。日本の人々は自分…2016-06-22 12:32:15