「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

中国の一人っ子政策:「小さな皇帝」の呪い

中国は巨大な国である。そして、そのような世界的な大国にふさわしくいくつかの巨大な失敗をしてきた。例えば、1979年の施行以来非難を受け続けてきた、悪名高い一人っ子政策(OCP)がある。Scienceに発表された最新の研究は、まさにその考えがいかに誤りであったかを明らかにしている。 

最初は、その政策は客観的で理解できるように思われた。すなわち、中国の人口成長は1949年から1976年までに75%近く跳ね上がって抑制が効かなくなり、一方一人当たりの収入は約300元、つまりわずか48ドル程度で、複数の子供を持つ家庭にとって養育に十分な金額には程遠かった。その途方もない出生数を完全に取り締まることで、両方の問題を一挙に解決してはどうだろうか? 

34年後、一人っ子政策の計画者たちはおおざっぱな勝利はできたと言える。中国経済は急成長して、13億4千万という人口は一人っ子政策を実施しなかった場合よりも約15%少ないと推定されている。しかし、それは2億5千万人の生まれていたはずの赤ん坊が生まれなかったことを意味する。性別検査後の中絶実施が禁止された2004年まで、数えきれない女児が、男児を望む中国の伝統を満たすために間引きされた。そして、British Medical Journalによると、その性差別の結果、中国では現在、婚姻年齢の男性が女性よりも3千2百万人多い。 

 

上記の痛ましい統計の中に埋もれているのは、一人っ子の男性たち自身がどうなったのかということだ。1975年に生まれた子供たちの内、一人っ子は27%のみだった。しかし1983年では91%に増加した。あなたが遺伝的遺産として、両親にとって一度だけのチャンスだった時、少なくとも兄弟がいる家庭と比較した場合、あなたは一番良い学校へ通い、一番上等の衣服を着て、一番良い食べ物を食べるかも知れない。しかしあなたはまた結果として、自身の重要性について傲慢な感覚を持つことになる。もう何年もの間、中国の親および教師はxiao huangdi(小さな皇帝)として知られるものを嘆いてきた。自分たちが社会空間の中心に位置していると信じる、甘やかされた特別な子供たちのことである。なぜなら彼らはまさにそのように扱われてきたからだ。 

2004年にFortune誌がこの問題について教師と雇用主に聞き取り調査を行った時、彼らはOCPの子供たちはどうやって「苦さを噛みしめる」か、言い換えれば、人生のより良い準備のために失望や落胆に対処する方法を決して学ばないと不満を口にした。ある幼稚園の園長はこう話した: 

近頃の子供はひどく甘やかされています。彼らは何の社会的技能も持っていません。すぐに得られる喜びを期待します。過保護な両親がかいがいしく世話をし過ぎるあまり、もしもその子供がつまずくようなことがあれば、家族みんなで地面を呪うのです。 

今日の中国では、雇用主の中には求人条件に「一人っ子ではないこと」と明記するところさえある。2010年に、政府の一部門である中国人民政治協商会議が党執行部に一人っ子政策を廃止するよう呼びかけたが、これは極めてトップダウンの国において官僚が自己主張をしたという非常に驚くべきことである。 

 

 しかし、その小さな皇帝というレッテルはフェアなのだろうか?筆者が自著のThe Sibling Effectで述べたように、ほとんどの研究では、米国における一人っ子は自分の状況に悩んでいないだけでなく、語彙力、学力、ユーモアセンス、仕事への集中力、そして固定観念に反して、他者との付き合いも含めた様々な分野で典型的に他の子供たちを能力で上回る結果となっている。しかしそれは様々な家族タイプがある文化の中で育つ子供であり、そのような子供たちは自分が親から受ける特別な保護は、それが何であれすべての子供たちが得ているものではなく、自分たちは誰と比べても決して特権を持っているのではないことを学んでいる。一人っ子の温床である中国においては、Science誌が明らかにしているように事情が非常に異なる。

その研究は、オーストラリアの複数の大学からの研究者チームにより実施されて、中国の若年成人421人を二グループに分けて比較した。すなわち、OCP前に生まれた人々とOCP後に生まれた人々に分けられた。サンプル集団の中で最も高齢のメンバーは37歳で、最も若年のメンバーは29歳だった。 

調査員は被験者たちに、独裁者ゲーム、信頼ゲーム、リスクゲーム、競争ゲームとして知られる4つの社会実験ゲームをしてもらった。独裁者ゲームでは、参加者は匿名のパートナーとペアを組み、一方は30ドル相当を与えられて、そのうちゼロを含む任意の金額をパートナーに与えて、残りは自分が保持する。その後、新しい匿名のパートナーとペアを組んで役割を変える。信頼ゲームは独裁者ゲームと似ているが、お金を与える方はゼロを含む任意の金額を相手と分けて、相手は受け取った金額から任意の金額を与えた方に返すことができる。リスクゲームでは、参加者一人一人がある程度の金額を与えられて、その範囲内で好きな金額を、賭け額が三倍になるかすべて失うか確率50/50のコイントスに賭けることができる。最後に、競争ゲームでは数学の問題を被験者に解いてもらう。すなわち、無作為に生成された数字を合計して、速度と正確性を評価される。被験者は一問正解ごとに少額を受け取るか、室内の他の被験者と競争して勝利した場合に10倍の金額を受け取れるかの選択をすることができる。負けた場合は支払われない。 

 4つのゲームの内2つにおいて、一人っ子の被験者はまさに特権的自己愛を持つ出生集団のように振る舞った。彼らは独裁者ゲームにおいては厳しく振る舞い、40.1%の金額を渡していた。一人っ子政策前に生まれた被験者は43.4%の金額を渡していた。信頼ゲームにおいては、一人っ子政策後の被験者は政策前の被験者と比べて、パートナーにより少ない金額を渡し(46.1%対50.6%)、同様により少ない金額(30.4%対35.4%)を返還した。すなわち、一人っ子政策後の被験者には利他的な振る舞いは曲がりなりにも報われるだろうという真実が欠けていることを示唆する数字だった。

 

その他の二結果はやや分析が難しい。すなわち、一人っ子政策後の被験者は政策前の被験者よりも競争的ではなく、政策前の被験者の51.8%と比べて、44.2%だけが数学問題で競争することを選択した。一人っ子はまた、リスクゲームにおけるスコアも低く、兄弟のいる被験者の66.4%と比較して、58.1%だけがコイントスによる三倍かゼロかの賭けを行った。しかしいずれのケースにおいても、研究者たちが発見したのは、それら一人っ子の選択は健全な謙虚さでも用心深い知恵でもないということであった。むしろ、それらは単純に厭世観やそれ以下のことを示すものであった。 

ゲームの後で実施された性格検査では、一人っ子の被験者は0から100までの段階で、明日はよい一日になると信じているか評価するように尋ねられた時に、はるかに低い数字を出した。44問の性格調査の中で、彼らはまた同調性、寛容性、外向性、神経症的傾向、そして厭世観を含む測定範囲全体においてより低い点数を記録した。これはすべて、「良好な兄弟関係はストレスのある生活上の出来事と内面に閉じ込めようとする振る舞いの間の関係を緩和するという調査結果と整合する」と研究者は結論付けた。 

 一人っ子政策下の子供の親にとって厳しい皮肉は、その子供自身は言うまでもなく、調査の中で一人っ子たちが示した一連の全体的に適応性が低いという特徴は、一人っ子たちの人生の展望を改善しないどころか、実際に減少させるということだ。それらの属性の一つ一つが、教育的および職業的達成、個人的な健康と結婚における安定においてより貧しい結果に直接的に結びついている。研究者たちが「人口増加を制限する最も急進的なアプローチ」と呼ぶ一人っ子政策は、あらゆる点で、単純な出生率という以外には、意図しない結果の集合体となっている。

 現在のところ、一人っ子政策はまだ実施されているが、社会工学におけるいかなるそのような無分別な実験のように、特に北京や上海のような主要都市の郊外ではますます軽視されてきている。共産党高官さえもその規則は早くて2015年に廃止される可能性があると示唆している。それは喜ばしい、そして遅すぎる変更によって、為政者が単純に踏みにじってはいけない場所があることをまた一つの政権が再度学んだということである。

 

 

 

 

 

 

 
PDF
更新日:2013-01-14 01:50:19 sixpence 0  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://healthland.time.com/2013/01/10/little-emperors/ Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

sixpence さんの翻訳記事

中国の一人っ子政策:「小さな皇帝」の呪い

中国は巨大な国である。そして、そのような世界的な大国にふさわしくいくつかの巨大な失敗をしてきた。例えば、1979年の施行以来非難を受け続けてきた、悪名高い一人っ子政策(OCP)がある…2013-01-14 01:50:19

イスラエルロビーとヘーゲル

ジェフ・ゴールドバーグが、アメリカ・イスラエル公共問題委員会(AIPAC)はチャック・ヘーゲルへの大規模ロビーキャンペーン開始を躊躇しているのではとの興味深い寄稿をしている。 彼の…2013-01-14 01:30:09