「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

食料需給表作成の手引き / Ⅳ. 食料需給表データの応用と利用 / 国際連合食糧農業機関

Ⅳ. 食料需給表データの応用と利用

1. 食料需給表の標準化

 食料需給表を構築するのにまとめられた全情報の利用というのは、しばしば食料品目のかなり長い羅列に終わる。これは、確かに、一人当たりの食料供給をエネルギー、たんぱく質及び脂質の単位で表現するのに必要な適当な食品成分係数を選択するためにはとても有用である。一方で、この詳細な表現は、ある国の食料供給の全体像を示すのには役に立たない。このジレンマは詳細な食料需給表を標準化することによって解決することができる。標準化は、一次産品だけを示す、すなわち、加工品は元の一次産品相当量に変換することによって成される。加工品についての統計情報がもっぱら貿易に限られるため、品目リストは、砂糖、油脂類及びアルコール飲料を除いて、一次産品に限られる。出来る限り、加工品の貿易は原料品目相当量で表す。この手順は、関係情報の損失なしに、食料需給表の分析を大きく促進する。これは、食料・農業部門の開発計画の作成に関わる計画立案者及び経済学者が必要とする一種の道具である。

 次の節は、標準化過程におけるいくつかのステップを記述する。

 例Ⅰは、詳細な食料需給表における穀類と乳に関する情報を表す。

 例Ⅱは、加工品を元の原料品目に戻す、すなわち、粉を穀類に、脱脂乳を牛乳に戻すという第一のステップを表す。この目的のために、加工品のカロリー及び栄養素は一次産品のカロリー及び栄養素に単純に加算される。

 加工品への「入力」――硬質小麦(1064)、軟質小麦(708)、その他の穀類(1259)及び脱脂乳(150)――は、「食用加工」の欄の数量から控除される。これは後者のデータを削除するべきである。もし原料品目から複数の加工品が生じているときには、それぞれの入力が控除される。副産物の場合は、全ての加工用入力を取り消すのに、一つだけの控除が必要である。

 加工品に関する「食料」以外の入力データ(つまり、この例では、貿易、飼料、廃棄)は、歩留りの逆数を乗じた後に原料品目の等式に加算される。

 原料品目の「食料」のデータは、その等式の新しい値を使って再計算される。一次産品についての一つの等式がそれまでの二つの等式に置き換わる。上記の手順は、一つの減算、いくつかの乗算及び最後の加算を含む。

 例Ⅲでは、同じような栄養成分値の品目群、たとえば小麦とその他の穀物を穀類に、牛乳、やぎ乳及び羊乳を乳にと、等式を総合することによって、標準化過程におけるさらなる等式数の縮減が達せられる。この過程は、関係する品目の等式を単純に足し合わせればよく、非常に長い品目リストを、経済学モデルに入力して動かせるサイズに縮約する。

 例Ⅳ。個々の品目や類似した栄養成分値の品目群について等式を標準化するのは実質的に困難はないが(例Ⅱ及びⅢ)、食料需給表全体について総合した等式を計算しようとすると概念上の問題が現れる。総合というものは、いろんな分析にとって有用な道具である。それは、総供給に対する生産の比や総供給に対する輸入の比のような比の計算を可能にし、自給自足や輸入依存を評価するのに役立つ。総利用の中での異なる項目の割合の計算は、たとえば、国内利用と輸出の間の傾向の評価を可能にする。

 総合した等式を計算するときの最初の問題は、中間消費及び二重計上の排除に関することであり、特に、同じ親品目を原料とした加工品(たとえば、脱脂乳及びバター)であるものの、その性質により別々の食品群に属している場合である。たとえば、脱脂乳は「乳」の食品群に、バターは「油脂類」の食品群に属する。適切な手順は既に説明しており、ここで繰り返さない(例Ⅱを参照)。二つ目の問題は、さまざまな品目の項目を単一の値に変換するのに用いる単位の選択に関することである。これらは金額的な値と栄養的な値がなり得る。前者の場合、価格が変換係数として用いられ、後者は、重量当たり栄養成分が変換係数として用いられる。

 以下の例では、小麦、その他の穀物、牛乳及びやぎ・羊乳の標準化された等式を単一の値に変換するのにカロリー係数を用い、それら品目の総計を得るために足し合わせる。

 さまざまな品目の等式を標準化した後(例Ⅲを参照)、内生のカロリー変換係数に到達するために、新たに定義された品目のカロリーの数値は、新しい「食料」の数量によって除される。言うまでもなく、標準化されていない詳細な食料需給表(例Ⅰ)において、これらの係数は外生の食品成分表から来ている。等式の各項目はこれでカロリーに変換される。さまざまな品目についての計算が以下に例示されている。

 それぞれの欄(生産、貿易、飼料、加工、減耗及び食料)の合計は、例Ⅰに示されたすべての品目のそれぞれの項目のカロリー値(kcal/(人・日))を表す。

2. 輸入依存率(Import Dependency Ratio; IDR)

 ある国の食料事情を分析する中で大切なのは、国内食料の供給可能量のどれだけが輸入されどれだけがその国の生産由来であるかということである。IDRはこの質問に答える。それは・・・のように定義される。

 100に対するこの比率の補数は、その国で生産されている国内食料供給分を表している。しかしながら、この比率は輸入が主に国内利用に使われ再輸出されない場合にのみ有効であるということに注意する必要がある。

 上記の例Ⅲに含まれる数値に基づき、小麦、その他の穀物、牛乳、穀類合計及び乳合計の輸入依存率が次のように計算される。

 これらの計算に基づき、小麦の国内供給の約80%、その他の穀物の98%、牛乳の97%、穀類合計の89%、乳合計の97%が国内生産由来であると結論づけられる。

 例Ⅳに示された数字を用い、穀類及び乳並びにそれら由来の加工品を総合した輸入依存率は、

 この総合の国内供給の約90%はその国で生産されていることを示している。

3. 自給率(Self-Sufficiency Ratio; SSR)

 自給率は、国内利用に対する生産の規模を表す。それは・・・として定義される。

 輸入依存率の場合と同様、自給率についても、個別の品目、類似した栄養成分値の品目群、そして、品目の等式の適切な変換の後に全品目を総合したものについて計算される。

 例Ⅲ及びⅣに示される数値を用いて、自給率は次のように定義される。

 例Ⅳに示される数値に基づき、穀類及び乳並びにそれら由来の加工品を総合した自給率は、

 穀類及び乳の国内供給の約90%はその国の生産由来であることを示している。

 食料安全保障の文脈で、自給率はしばしば、ある国が自国の生産資源に頼っている度合いを示している、すなわち、自給率が高いほど自給自足的であると捉えられている。自給率は、個別の品目についての供給状況を評価するには適切な道具であるが、総合的な食料の状況を見るときには一定の注意が顧みられなければならない。ある国の単一の品目、例えばその他の穀物の生産の大部分が輸出されている場合には、自給率は非常に高いものの、その国は、その人口を養うのに食料品の輸入に大きく依存しなければならない。これは例Ⅰにおいてその他の穀物の生産及び輸出の数値を1000トンずつ増やすことで容易にデモンストレーションできる。例Ⅳにおける「穀類及び乳の合計」の等式において生産及び輸出の項目は、それぞれ2869.2及び569.2に変化する。すると自給率及び輸入依存率は次のように変化する。

 とても高い自給率にもかかわらず、その国は「穀類及び乳」の総合供給の約11%を輸入し、国内供給の約90%だけしかその国の生産からもたらされていないということになる。

 これは、自給率(上記の定義による)は100に対する輸入依存率の補数にならず、その逆も然りであることからも説明される。

4. 一人当たり食料供給様式の分析

 食料需給表は、ある国の食料供給状況を分析するのに有用な基礎情報を備えている。以下の節は、世界の一人当たり食料供給様式の分析に関していくつかの例を提供する。

 表1は、1961年から1995年までの30年間の一人一日当たり食料供給を、産品グループごとに、カロリー、たんぱく質及び脂質の単位で示している。表2の数値は表1に基づいており、一人一日当たり食料供給に占める様々な産品グループの構成比を示している。表3は一人当たり食料供給の様式変化の傾向を示している。表4は様々な産品グループの一人一年当たり供給をkg単位で、指数とともに示している。

 表を見てみると、30年間にわたり一人当たり食料供給が徐々に増加してきたことが明らかになる。1990年代半ばまでに、1960年代に比べて、エネルギー供給が約20%、たんぱく質供給が16%増えた。この期間に食生活における脂質はおよそ50%増えた。

 総食料供給中の植物性産品と動物性産品の割合を調べると、その寄与は結構安定していることがわかる:エネルギーは5:1の比で、たんぱく質は2:1の比である。しかしながら、脂質の場合は、観察期間内で顕著な変化が見られる。総脂質供給中の植物性脂質の割合は徐々に増加している一方、動物性脂質の寄与は下がった。

 穀類は明らかに主要なエネルギー源、たんぱく源である。穀類だけで、エネルギー、たんぱく質ともに供給の約半分を占める。1960年代初め以来、一人一日当たりの供給エネルギーは約20%増加し、供給たんぱく質は約15%増加した。穀物が食生活における脂質源として重要な役割を持っていることは、あまり認識されていないことであり、興味深い。一人当たり供給脂質のおよそ10%は穀類由来である。

 いも類は世界の食生活における役割は小さめで、供給エネルギーの約5%、供給たんぱく質の約3%を占める。いも類の消費は、観察期間中に4分の1以上減少した。

 砂糖、シロップ及びはちみつは、主にエネルギー源であり、最近は総供給カロリーの約9%を供給している。これら製品の消費は、1960年代前半から徐々に増加し、1995年には、観察期間の最初に比べて量にして4分の1増加している。

 豆類、樹実類及び油糧種子は重要なたんぱく源である。最近は、総供給たんぱく質の9%、総供給脂質の7%及び総供給エネルギーの5%未満を占めている。しかしながら、消費様式に関して大きな変化が起こった。量にして、豆類の一人当たり食料供給が3分の1減少した一方、樹実類及び油糧種子の供給は4分の1以上増加した。

 植物油脂及び動物油脂は主要な脂質源である。ところが、一人当たり総供給脂質の半分未満しか占めておらず、食生活における他の産品グループ由来の目に見えない脂質が相当量あることを示唆している。動物油脂から植物油脂へ大きな変化がこの数十年で起こったことは注目すべきである。

 野菜及び果実はたいていミネラル源及びビタミン源として考えられている。しかしながら、エネルギー、たんぱく質及びわずかな脂質を供給していることも見過ごしてはならない。カロリー及びたんぱく質の約5%がこれら産品グループ由来である。世界レベルでは、卵類及び魚介類を合わせたカロリーの2倍を占めている。供給たんぱく質の寄与は、魚介類と同等、卵類の2倍であり、供給脂質の寄与は、魚介類と同等である。

 肉類の消費は観察期間で大きく増加し、1995年には1960年代前半より60%増加している。最近は、肉類は、カロリーの7%、たんぱく質の17%、脂質の22%を占めている。

 卵類は主に重要なたんぱく源及び脂質源である。総たんぱく質の約3%、供給脂質は約3%を占めている。一人一年当たり供給は観察期間で徐々に増加し、1995年には観察期間の初めより60%増加している。

 乳は、肉類に次いで、約10%と、2番目に大きな動物性たんぱく源である。脂質及びカロリーにおいても重要であり、脂質の約10%、カロリーの約4%は乳由来である。

 魚介類は主に重要なたんぱく源である。総供給たんぱく質のおよそ6%を占めている一方、供給カロリーのたった1%が魚介類由来である。しかしながら、その消費は1960年代前半から量にしておよそ2倍になったことは注目に値する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  
PDF
更新日:2013-01-04 10:03:20 kanjist 2  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://www.fao.org/docrep/003/X9892E/X9892e04.htm#P3307_98073 Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

kanjist さんの翻訳記事

食料需給表作成の手引き / 附録Ⅱ 概念、定義及び分類

附録Ⅱ 概念、定義及び分類 農作物統計 Ⅰ. はじめに 1. FAOは、「栄養、食料及び農業に関する情報の収集、分析、解釈及び発信」という権能を与えられている機関である。この任務の重…2013-02-27 21:42:40

食料需給表作成の手引き / Ⅳ. 食料需給表データの応用と利用

Ⅳ. 食料需給表データの応用と利用 1. 食料需給表の標準化  食料需給表を構築するのにまとめられた全情報の利用というのは、しばしば食料品目のかなり長い羅列に終わる。これは、確か…2013-01-04 10:03:20

食料需給表作成の手引き / Ⅲ. 食料需給表作成の手順

Ⅲ. 食料需給表作成の手順 1. はじめに  次の節では、農作物、畜産物及び水産物の品目についてどのように需給表を作成するか、また、需給表作成における国内生産量、外国貿易及び利用…2013-01-03 11:25:47

食料需給表作成の手引き / Ⅱ. 食料需給表で使われる概念及び定義

Ⅱ. 食料需給表で使われる概念及び定義 1. 対象品目  既に述べたように、原則として、すべての潜在的に摂食可能な品目は、それが実際に食べられているか非食用で使われているかを問わ…2012-11-17 07:44:28