「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

UNISONICの新着インタビュー

マイケル・キスクはブラジルのfacebookグループ「Faces In The Night」のインタビューで、UNISONICと、その他のことについて話しました。そこからの抜粋です。

バンドの中で、UNISONICのスタイルについて、様々な違う意見があることについて:
それは当たり前さ、いつだって、どのバンドでもそうだろう。 デニス、コスタとマンディはもう少しロック寄りにしたいと言っているし、カイはメタルの方向性で考えていて、俺はとてもオープンで、悪魔とか陰湿なものでなければいい。俺の音楽性は、メタルからポップ、ロック、そしてクラシックからアイリッシュ・フォーク、時にはカントリーや他の音楽、なんでもありだ。IRON MAIDENを聴くのと同じように、ELVISやCARA DILLONのCDを楽しんで聴けるからね。どの音楽にも魂と心と誠実さがあって、興味をそそられるんだ。俺たちはみんな、それぞれ違った音楽性を持っているけれど、そういう全部をまとめることにおいても、充分に成熟しているからさ。だから、次のアルバムをどうやって進展させるかについても、本当に何の制約もない。漠然と計画して、それに合わせて曲を書くなんてことは現実的じゃないよね、もっと"アイデアを集める段階"と曲が生まれる過程で、バンドは最善を尽くして取り組むべきなんだ。時々、ある曲が、速く荒々しく演奏されるだけだったり、あるいは逆もある。録音はいつも、単にたまたま録れたものにすぎない。だけど俺たちは、バンドのみんなが全然違う個性を持っているからこそ、そのスタイルが再び1つの融合体になるんだと思う。もしカイがメタルの曲を出して来たら、それをうまく活かして、俺たちは曲を作る。他の要素の曲についても、もちろん同じさ。

ライブDVDを録ることについて:
可能性は大いにある。南アメリカで演るのは、いつも楽しいよ。 だけどスペインと日本、他の場所の公演でも、本当に驚いたんだよ。ある種、狂気じみていたと言える。でも、一部だけだよ!

また、デニス・ワードも、スペインのサイト「Mariskarock.com」で、興味深いインタビューをしました。そこからの抜粋です。

どうやってUNISONICは創作されたか:
カイはマイケル(キスク)と何かしたいと思ってUNISONICに加入し、マイケルは俺たちと何かしたいと思ったんだ。語るほどの歴史もない、いたって簡単な話さ。かつて俺はマイケルと、これは面白くなるだろうと話したんだ、それが、俺たちが今やっているようなことだ。

UNISONICの次のアルバムについて:
すでにアイデアはあるけれど、まだ新曲は作り始めていない。来年、カイがツアーで忙しい間に、俺も仕事をするよ。今年(2012年)が終わる前に、いくつかのことはやろうと思っているけれど、おそらくは来年に活動を始めて、UNISONICの新曲を書く。1月に曲を書き始めて…カイがツアーを終えたら、みんなでまた集まって、もっと多くの曲を書き、リハーサルをするつもりだ。それが秋ごろにやる計画で、2014年の初めにニューアルバムを出せるように、努力するよ。

 
PDF
更新日:2012-12-21 20:50:52 yuki1812 (香月優希Yuki Kazuki) 4  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://unisonicfanclub.com/?p=3849 Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

yuki1812 さんの翻訳記事

Q&Aにマンディが参加しました

私たちのQ&Aセクションの初めての質問に、 マンディ・メイヤーが答えてくれました。 皆さんはおそらく、私たちが新たにQ&Aセクションを開設したことにお気づきでしょう、ファンはここでU…2013-05-02 09:07:57

新しいKROKUSのアルバムのサウンド

金曜日(2013年2月22日)に、KROKUSの「Dirty Dynamite」が点火する。Blick.chでは、このハードロッカーの新しいアルバムの曲を日々独占提供していく。 カウントダウン進行中! スイス…2013-03-01 11:44:51

デニス・ワードの最新インタビュー

PINK CREAM 69のニュー・アルバム"Ceremonial"について、またUNISONICやPLACE VENDOMEのニューアルバムについても語られている、Uber Rockによるこの、デニス・ワードの素晴らしいインタ…2013-02-26 22:30:38

キスクとのHELLOWEENリユニオン(再集合公演)について

スペインのウェブサイトRafabasa.comは、マイケル・ヴァイカート(HELLOWEEN/G)にインタビューを行い、マイケル・キスクについて、そしてカイ・ハンセンやマイケル・キスクとHELLOWEENをリ…2013-01-03 12:11:35