「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

yoko

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

kyo2018

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

マイケル・キスクのファンクラブミニインタビュー

UNISONICとマイケル・キスクのファンクラブ は、マイケルのソロ活動とUNISONICの活動について、いくつかの質問をして、答えてもらいました。(thanks to Basti):

ファンクラブ:あなたのソロアルバムについての進行状況を教えて頂けますか?もうサンドロとその制作を始めていますかか ?レコーディングはいつ頃始まるのでしょうか?

マイケル:ボーカル録りは今週に始めるよ、だからアルバム制作が終わるのはもうすぐだ。ソロ・アルバムってほどソロじゃないな、サンドロと俺の新作さ、俺たち2人で、全部をやったからね。サンドロのプロデュースの出来栄えの良さには驚いたよ… 

ファンクラブ:ツアー(南米、アジアとスペイン、ドイツ、フェスティバル)について少し話して下さい。一番素晴らしい思い出と、一番嫌な思い出は?面白い経験もあったのではないですか?ハンブルクで歌えなかった時、どのように感じましたか?

マイケル:世界のどこの国の反応にいついても、文句のつけようがないな。GOTTHARDがヘッドラインを務めた場所でさえ、会場中が俺たちの歌を熱唱してくれた。実際には、ドイツ人はもっと"静かなる美食家"タイプだったな…悪くなかったよ、どこでも全部がものすごく盛り上がったってわけじゃないけれど。ほとんどがGOTTHARD目当てで来ていた一方で、他の国では本当にたくさんのファンが俺たちのために来てくれた。俺の故郷のドイツ中に、俺たちがいまだに多くの活動をしていることがわかってもらえただろうって、思うんだ。…とりわけ俺にとっては、おおむね良い一年だった。ようやく俺は、再び全部が完全な状態に戻ったし、今はもっと多くのことをやる準備も出来ている。バンドも自分たちの活動についていい感触を得たし、俺たちは希望を持って、もっといいアルバムを携えてここから進んで行けるよ。
声が出なくなったハンブルクの公演の時は、俺はライブ前からすでに気分が滅入っていたんだ、体調がかなり悪いことを自分でわかっていたからね。ちょっとした風邪ではないだろうって、もう自覚していたんだ。さらに本番前の声のウォーミングアップでいくつかエルヴィスの節を歌って、自分の中ではもう声が死んでいたから、今回は無理だってわかった。ステージ上で、これは最悪な状況だと痛感した。じゃあ俺に何が出来る?かかった風邪の状況は深刻で、本当にどうしようもなかった、だからステージ外の状況をよくするように努めた。3曲目で声が完全に出なくなって、俺はステージを降りて、カイが何曲か歌っている間、観客に混じり、彼らと写真を撮ったり、直筆のサインをしたりした。翌日、40度の熱が出て、今も、6週間が経ったけれど、まだ気管支に症状が少し残っているんだ。こういうことが自分のホームタウンで起こるなんて最低最悪だ、でも時に、ライブはとかく厄介なものだ…この出来事で、それをあらためて肝に銘じておかなきゃって実感したよ。

ファンクラブ:あなたはUNISONICがいくつかの夏のフェスティバルに参加すると思いますか?あるいは、あなたは他の活動でとても忙しくなるのではないでしょうか?
 マイケル:どっちもさ。俺たちは最近は少し控えめになっているけれど、次のアルバムを作るのにまた忙しくなるからね。

素晴らしい!マイケル

 
PDF
更新日:2012-12-11 22:10:56 yuki1812 (香月優希Yuki Kazuki) 4  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://unisonicfanclub.com/?p=3780 Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

yuki1812 さんの翻訳記事

Q&Aにマンディが参加しました

私たちのQ&Aセクションの初めての質問に、 マンディ・メイヤーが答えてくれました。 皆さんはおそらく、私たちが新たにQ&Aセクションを開設したことにお気づきでしょう、ファンはここでU…2013-05-02 09:07:57

新しいKROKUSのアルバムのサウンド

金曜日(2013年2月22日)に、KROKUSの「Dirty Dynamite」が点火する。Blick.chでは、このハードロッカーの新しいアルバムの曲を日々独占提供していく。 カウントダウン進行中! スイス…2013-03-01 11:44:51

デニス・ワードの最新インタビュー

PINK CREAM 69のニュー・アルバム"Ceremonial"について、またUNISONICやPLACE VENDOMEのニューアルバムについても語られている、Uber Rockによるこの、デニス・ワードの素晴らしいインタ…2013-02-26 22:30:38

キスクとのHELLOWEENリユニオン(再集合公演)について

スペインのウェブサイトRafabasa.comは、マイケル・ヴァイカート(HELLOWEEN/G)にインタビューを行い、マイケル・キスクについて、そしてカイ・ハンセンやマイケル・キスクとHELLOWEENをリ…2013-01-03 12:11:35