「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

マンディ・メイヤー&デニス・ワード(from UNISONIC)インタビュー/2012年ボーフムにて

fakeFCKRemove

"New Hardharderheavy "インタビューwithマンディ・メイヤー(G)&デニス・ワード(B)fromUNISONIC (ドイツ/ボーフムにて)
インタビュービデオはこちら:http://www.hardharderheavy.de/download/videos/interview/unisonic_121103_gross.wmv

南アメリカが初ライブの場所だったことについて:
デニス:たまたまそうなったんだよ。
マンディ:あのライブの様子を録ったいくつかの動画が、すぐにYouTubeでアップされた。俺はこの動画が好きだし、まだ俺たちの曲をよく知らない人たちにもいいと思うんだ。そして今、俺たちはドイツにいる。

記者:マイケル・キスクとカイ・ハンセンが共にいることは、彼らのいたHELLOWEEN時代の再来のようですね。

マンディ:キスクとハンセンの人気を利用することは悪くないけれど、大事なのは、GAMMA RAYやHELLOWEENから昔の曲をたくさん演ればいいんじゃなくて、昔の曲は同じものに絞って、それをいつでも良い状態でプレイすることだ。
デニス:俺たちはスピードメタルをやりたいわけじゃないからね。GAMMA RAYともHELLOWEENとも違う音を創りたい。

記者:UNISONICの1stアルバムは、かなりヘヴィな曲で始まりますが、後に続く曲はそれほどヘヴィではありませんね。

デニス:これからも、今以上にヘヴィになることはないよ。俺はそんなにヘヴィなものは望まない。もしマイケルやカイがメタルのアルバムを作りたいなら、俺たちは明らかに場違いだ。そういうのは、もっと相応しい人間と出来るだろう。俺たちはメタルをやる能力を持っていない。俺はHELLOWEENの曲を弾けるし、それは何の問題もないけれど、俺の本領ではない。もっと金を稼ぎたいってだけでヘヴィメタルを弾きたくはないし、今までだって金のために弾いたことなんてない。自分でもバカかもと思うけれど。俺はロックミュージックをやりたいんだ。

マンディ:もし俺がGAMMA RAYとUNISONICの2つのバンドをやったとしたら、それぞれに違う音楽性を求めるだろうな。

デニス:キスクは数年前、この種類の音楽は自分にはヘヴィ過ぎると言ってやりたがらなかった。今の彼はそれに対してだいぶ寛大になったけれど、俺たちはこれ以上ヘヴィな要素は求めていない。

デニス:(Ds.コスタについて)彼はスピードメタルのドラマーじゃない。今、俺たちは「March Of  Time」を演っていて、コスタも今は本当に楽しんでステージで叩いているよ、ああいう曲をやったことがなかったからね。でも彼の本領ではない。もしマイケルがこの種の音楽を本当にやりたいなら、もっと若くて適した人間とやるさ。

マンディ:(ACCEPTのDs.ステファン・シュヴァルツマンについて)彼はHELLOWEENにいたけれど、あの音楽は彼のジャンルじゃなかった。彼が叩くにはちょっと速すぎたんだ。

デニス:この種の音楽を否定するつもりはないし、むしろ俺はプロデュースもしているけれど、自分で弾きたいとは思わない。音楽の演奏は、自分のためにしたいんだ。

デニス:(今後について)最後の公演が終わったら、カイはGAMMA RAYでの長期のツアーに出る。その間、俺とマンディとマイケルは何曲か書いて準備をするつもりだ。次のアルバムを来年の秋に録る計画なんだ。これが、今ある俺たちの予定さ。

 
PDF
更新日:2012-12-05 22:59:59 yuki1812 (香月優希Yuki Kazuki) 3  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
[ 原文 ] http://unisonicfanclub.com/?p=3728 Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

yuki1812 さんの翻訳記事

Q&Aにマンディが参加しました

私たちのQ&Aセクションの初めての質問に、 マンディ・メイヤーが答えてくれました。 皆さんはおそらく、私たちが新たにQ&Aセクションを開設したことにお気づきでしょう、ファンはここでU…2013-05-02 09:07:57

新しいKROKUSのアルバムのサウンド

金曜日(2013年2月22日)に、KROKUSの「Dirty Dynamite」が点火する。Blick.chでは、このハードロッカーの新しいアルバムの曲を日々独占提供していく。 カウントダウン進行中! スイス…2013-03-01 11:44:51

デニス・ワードの最新インタビュー

PINK CREAM 69のニュー・アルバム"Ceremonial"について、またUNISONICやPLACE VENDOMEのニューアルバムについても語られている、Uber Rockによるこの、デニス・ワードの素晴らしいインタ…2013-02-26 22:30:38

キスクとのHELLOWEENリユニオン(再集合公演)について

スペインのウェブサイトRafabasa.comは、マイケル・ヴァイカート(HELLOWEEN/G)にインタビューを行い、マイケル・キスクについて、そしてカイ・ハンセンやマイケル・キスクとHELLOWEENをリ…2013-01-03 12:11:35