「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

kyo2018

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ホーム > 翻訳記事

翻訳記事

インド南部で激しさを増す原発抗議運動 / ジャック・コーエン=ジョッパ

2012年9月16日

今週、インドのクダンクラム原子力発電所が始動することへの抗議運動が危機的状況に達し、数百人が逮捕され、数十人が拘留中、3人が死亡したと報道された。ロシア製原子炉2基のうちの1基に核燃料の装填を開始するとの政府発表は、インド南端タミル・ナードゥ州沿岸の村民による新たな集団抗議運動に火をつけた。
 

9月8~9日の週末に推定3万人の村民がイディンタカライ村で抗議デモを行った。原子炉の稼働を阻止しようとするデモを鎮圧するために、7千人の警察官が近隣の道路に配備された。S.P.ウダヤクマールが率いる「核エネルギー反対民衆運動(People's Movement Against Nuclear Energy: PMANE)」は、原発の影におびえて暮らし働く農民や漁民による断食と非暴力デモを一年にわたり続けてきた。昨冬、周辺の住民は数か月間道路を封鎖して建設労働者が原発に行くのを阻止した。警察は刑事訴追の前段階である供述調書を5万5千件提出し、厳しい批判を浴びている法律を根拠に、6918人が治安妨害罪の罰金を請求された。

福島の大災害を受けて、クダンクラム村民の原発抗議運動はさらにその輪を広げている。PMANEの活動家が遵守する非暴力の原則に必ずしも賛同していない人たちや反原発を掲げる政党も、抗議運動に加わっている。

日曜日には道路で監視する警察と鉢合わせないように、約8千人の人びとが海沿いにある原発に向けて約2マイルの道のりを、海岸沿いに行進した。子供や女性が先頭を歩いた。海上では自分たちの釣り船で発電所を包囲する人たちもいた。警察は人海戦術を想定していなかったので、原発の外壁からほんの数百メーターのところまで人の波はやってきた。警官隊は浜辺に移動したが、デモ隊は退却命令を拒否して、悪天候のなか、数千人が浜辺で寝た。

翌日、ほとんどの人たちが一旦家に帰ったが、その間、重装備の警官隊が海岸に押し寄せた。そこに残っていた数百人の抗議者は、棒や石を投げつけた。彼らを追い散らそうと、警察は催涙ガスを打ち込んだり、まるで軍事的な乱闘さながら6フィートの竹の棒やこん棒を振りあげて人々を殴打した。警官の列と海に挟まれた群衆は海に首まで浸かりながら逃げまどった。

警察はイディンタカライ村に戻り、ウダヤクマールをはじめとするPMANEのリーダーを見つけ出そうとして、嫌がらせや脅しを加えながら、しらみつぶしに住民の家を探し回った。原発抗議運動の多くを手掛けたルルド聖母教会では、抗議運動に反対の人たち----警察の援助を受けているとの噂もある----が反原発の横断幕を引きはがし、聖堂を破壊してまわり、聖母マリア像を叩き割り、その残骸に放尿した。抗議運動をする人たちのために女性たちが用意した食べ物に警官が泥と砂を投げ込んだと、司祭は報告している。
 

カトリック教会の関係者たちは、警察の「野蛮で不当な」対応を厳しく非難した。こうした冒涜は原発周辺の反原発運動の多数を占める少数派カトリック信者への意図的な暴行であるとの指摘もある。

さらに悲惨なことに、人びとの抗議や警察の暴力沙汰は、原発に近い一握りの村に限ったことではない。海岸沿いの隣接した地方の漁村では漁師たちが抗議デモを行った。クダンクラムから約50マイルのトゥーティコーリンでは、月曜日に数百人の群衆が鉄道の線路と高速道路を数時間にわたって封鎖した。近くの派出所が炎上し、デモ隊が駅に向かって行進を続けていたとき、警察が発砲し、48歳の漁師G.アントニー・ジョンが殺された。デモ隊が警察の攻撃を受けて退却し、殺到した際に6歳の少女が殺されたとの報告もある。
 

トゥーティコーリンでは他のデモ隊が4人の警官を力ずくで日中に監禁し、その日の夕方解放した。

暴力行為に対して約50名のPMANEの活動家がイディンタカライの教会で48時間ハンストを開始した。その周辺の道路を警察が封鎖しているので、数万人のデモ参加者は乏しい食料と水で耐え忍んだ。漁師たちは非暴力を原則としたうえで、若者たちと連携する委員会を立ち上げた。ある青年は、『ザ・タイムズ・オブ・インディア紙』に、「暴力的な手段に頼ることなく抗議を続けることを私たちは決意した。私たちはイディンタカライに留まる。警官個人に抗議したり襲ったりしない。」と語った。

9月11日火曜日に500マイル離れたチェンナイで、クダンクラム原発抗議を支援する大規模なデモが行われ、1時間以上にわたり交通を妨害した。少なくとも150人が逮捕された。その地域全体では反原発のデモ群衆1050人が逮捕され、その中には、タミル・ナードゥ州の政党ドラーヴィダ復興進歩党の活動家750人が含まれている、と警察は発表した。

イディンタカライでは、PNAMEのリーダー、ウダヤクマールとM.プシュパラヤン、そしてM.P.ジェスラジ神父が、前日の暴動を扇動したとの罪状を受けて夕方に出頭することを発表した。しかし、支持者たちはその意向に反対し、噂では、漁師の一団が仕組んで彼らを小船に乗せ、秘密の安全なところへ連れて行ったとのことだ。
 

水曜日、チェンナイでは抗議運動が続き、さらに逮捕者が出た。イディンタカライでは、木曜日の終日抗議のために、陸路で原発に近づくことを避け、海に向かうとデモ隊は伝えた。

9月13日木曜日、裁判所の指示による安全措置がまだとられていないとして、核燃料の装填を撤回せよ、との駆け込みの請願書を、最高裁判所ははねつけた。土壇場での法的な敗北に屈することなく、ジェスラジ神父はルルド聖母教会から1500人を率いて海へ向かった。終日、海中から原発に向かって「ジャル・サティヤーグラハ(非暴力不服従運動)」の行動を叫んだ。PMAMEは次の4つの要求を繰り返した。核燃料装填の中止。反核運動のリーダーたちの逮捕計画の撤回。原発による損害に苦しむ人びとへの公正な補償。7名の女性を含む約80名の拘留中の人びとの釈放。

非暴力不服従運動に対抗して、警察は沿岸警備を強化した。監視用の飛行機が繰り返しデモ隊の上を低空飛行した。イディンタカライの「Mr.サハヤム」は抗議中にびっくりして橋から落ちて亡くなった。

夜が来ると、今週起きた悲劇によって、クダンクラムの抗議者は一段と決意を固くした。翌日、抗議者たちは潜伏しているリーダーたちと共に彼らの「非暴力不服従運動」を再び始めることを誓い、原子炉の稼働を阻止する戦いを続けることにした。この原子炉は、燃料が装填されればほんの2か月で稼働が可能だからだ。

PDF
更新日:2012-10-30 19:37:22 ozawa 5  del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
翻訳者ページをみる

この記事の翻訳者

ozawa さんの翻訳記事

「環太平洋経済連携協定」対「平等と民主主義」

2015年3月27日 オバマ大統領や有力な共和党議員までもが、不平等がことによると行き過ぎで、手を打たねばならないと認めたことは興味深い。大統領は、富裕層には控えめな増税を、教育や…2015-12-07 16:15:23

私はシャルリーではない

2015年1月14日 恣意的な同情と評価尺度 フランスの風刺週間誌『シャルリー・エブド』 の風刺漫画家5名を含む17名のフランス市民がパリで殺害された事件は許しがたい犯罪である。言う…2015-04-23 17:58:53

キューバと米国の国交正常化交渉

2015年1月4日 2014年12月17日、バラク・オバマ米大統領とキューバ国家評議会議長ラウル・カストロは、国交正常化交渉を開始することを同時に発表した。1961年1月、ドワイト・D・アイゼン…2015-02-11 14:59:37

抑圧を輸出するエルビット:パレスチナからラテンアメリカまで

2014年8月24日 偵察。それは今や報道やちょっとした会話で頻繁に登場するテーマである。技術が新たなかたちの接続に可能性を開くと、新たな手段で人びとが監視される。監視はいたるとこ…2014-12-18 11:00:17